【犬猫の食】いつもの缶詰にトッピングするだけで栄養価がアップ!おすすめワンポイント食材の紹介!

Pocket

_1461695595.81599_970ssこんにちは、管理人です。

今回は、犬や猫の手作り食になかなか手を出せない人向けに、いつもの缶詰にちょっとしたトッピングで栄養価がアップできる「おすすめワンポイント食材」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

にゃこちゃんセーラー口開き笑いssaおお!それはかなり興味あるにゃあ!
それは、誰でも簡単に用意できる食材なのかにゃ?

_1461695595.81599_970ssああ、ボクが普段から仲良くさせてもらっている、ペットの栄養学に詳しい獣医師の先生から教えてもらった情報をまとめてみたので、是非とも参考してもらえたらうれしいなあと思うよ。

ボクもこの内容でエレナにご飯をあげているし、そのお陰か、最近持病(低悪性リンパ腫orIBD)の症状も収まってとっても調子がいいし、簡単に用意できる食材ばかりを集めたから、みんなも気軽に試してみてね。
(もちろん手作り食を実践している飼い主さんも、これらの食材をトッピングすることでよりパワーアップしたご飯に変身すると思うので、是非とも参考にしてほしいです。)

 

おすすめワンポイント食材その1:キャベツ

引用:千葉県

_1461695595.81599_970ssキャベツは腎臓に良いと言われている上に、食物繊維が含まれていて、腸内環境を整えて、便秘などに良いとされている。
ボクの場合、先生からアドバイスを受けて、細かく刻んだものを時々少量ご飯にふりかけて与えているよ。
そのお陰か、ちょっと便秘気味だったお通じも最近改善されて、とってもお腹の調子も良くなっている。

ただし、食物繊維の消化が犬や猫は苦手なので、細かく刻むなどするのと、メインの肉類に軽く付け合せる程度で、大量にあげすぎないよう注意するようにしよう。
ちなみに、キャベツ以外にも、同じような要領で白菜やブロッコリーなどをあげるのもOKだ。

 

おすすめワンポイント食材その2:ゆで卵

引用:cookpad

_1461695595.81599_970ssゆで卵はたんぱく質を補給するのにとても有用な食材だ。
しっかりと加熱したゆで卵を細かく刻んで、白身と黄身をまんべんなく少量トッピングするのがポイント。
犬も猫もたんぱく質を充分に補給することが大事になるので、エネルギー源の栄養補給の食材として適宜利用するのにおススメだね。

ちなみに、うちのエレナには2・3日に一回程度ゆで卵をトッピングしたご飯を与えているよ。

スポンサーリンク

おすすめワンポイント食材その3:亜麻仁油(フラックスシードオイル)

引用:NIPPN

_1461695595.81599_970ssαリノレン酸が主成分の亜麻仁油は体内でEPAやDHAに変換される。

その中でも注目なのが、EPA(エイコサペンタエン酸)で、身体の中でほとんど作ることが出来ない必須脂肪酸の一つで、主にいわしやまぐろなどの青魚に多く含まれている成分だ。
血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中など血液関連の病気予防に効果があることが分かってきている。

DHAも同じく青魚に含まれている成分で、こちらは脳や神経系に有用な効果があるということだ。

このように、亜麻仁油はリスクの少ない優秀な栄養源となるので、是非ともトッピングの候補にしたいところだ。

ポイントは、出来上がったご飯(缶詰)にそのまま少量ふりかけること。
加熱してしまうと油が酸化してしまうので、くれぐれも加熱してしまわないように気をつけよう。
ちなみに、亜麻仁油以外にも、しそ油、えごま油なども同じような効果を期待できるということだ。

 

おすすめワンポイント食材その4:ウコン(ターメリック)

引用:トキネット

_1461695595.81599_970ss近年、人間用のサプリメントや健康飲料でも定番になってきたウコンだけど、犬や猫にもいいことを先生から教えてもらって、スーパーで調味料として売っているウコンのパウダーを毎日エレナに少量与えているよ。

ウコンは肝臓のケアに効果があったり、抗炎症作用が知られていて、病気の予防や免疫力を上げるために優れた植物であることが分かっている。
量を入れすぎると食べないので、一日一回ごく少量、出来上がったご飯にふりかけてエレナに与えているよ。

 

まとめ

_1461695595.81599_970ss現在闘病中のエレナにボクが与えている、ワンポイントトッピングの食材を紹介したけど、どうだったかな?

気をつける点は、あくまでトッピングなので量を増やしすぎないこと。何事も「程々が大切」と言うけれど、犬や猫の主食はあくまで肉や魚なので、そうした主食の付け合わせ程度にあげるようにしよう。
それから、腎不全の症状が出ている犬猫や、その他の病気に罹っている場合は、必ずしもこのような食事が良いとは限らない場合があるので、かかりつけの獣医師のアドバイスに従うようにしよう。

にゃこちゃんセーラー口開き笑いssaホントにどれも手軽に用意できる食材ばかりだにゃあ!これなら、明日から手軽に試すことが出来るにゃ!

管理人さん、今日も参考になる情報をありがとうにゃ!

_1461695595.81599_970ss5ヶ月前に「悪性リンパ腫の疑い」の診断を下されてしまったエレナだけど、ステロイド治療に加えて始めた、こんな食生活の改善とサプリメントによって、今は驚くほどに慢性下痢も嘔吐も収まって、ずっと減少し続けていた体重も、順調に増加中だ。

↓一時期は数週間以内の命かと思われたものの、驚くほどの回復を遂げたエレナ。現在ステロイドも3日に半錠までに減らし、一時期はかなり酷かった慢性下痢も当時から信じられないほどに快便に。

こんなエレナのようなケースが実際にあることを知ってもらった上で、犬猫の病気予防や免疫機能の向上のための参考になればとってもうれしいです。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA