週刊文春が、野田聖子総務相の夫・文信氏が指定暴力団の元団員と報道!ネットでは「安倍総理による”政敵潰し”では?」との声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月21日に発売された週刊文春が、安倍政権で総務相を務める野田聖子議員の夫(野田文信氏)が、京都を拠点とする指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」の団員だったと報道

・文信氏は、すでに組を抜けていた後の99年と05年に逮捕された経歴もあり、こうした文春の報道に対して、ネットでは様々な声が上がっている。

スポンサーリンク

野田聖子の夫は「元暴力団員」報道 ネットでは賛否両論

野田聖子総務相の夫・野田文信氏(旧姓・木村)が「元暴力団組員」だと週刊文春が報じた。

ここ最近スキャンダルが報じられた議員は、離党や辞職など何らかの「けじめ」をつけるケースが多い。野田氏にも「辞職論」が出ている。一方で「『元』だからどうでもいいだろ」として問題視しない声もあがる。

「浮気よりあかん奴じゃん」
週刊文春2017年9月21日発売号(28日号)によると、文信氏はかつて、京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に幹事として所属していた。昌山組は、組長が2000年2月に殺害事件で実刑判決を受け、同年3月に解散。文信氏は事件以前に組を抜けていたが、99年と05年に逮捕歴があり、それぞれ刑罰を受けたという。

野田氏と結婚したのは11年。文信氏は「野田氏に対し、家庭内だけなく、政治的にも極めて大きな影響を与えている」との記述もある。

こうした遍歴をもつ文信氏が夫とあって、インターネット掲示板では野田聖子氏への風当たりが強い。

「浮気よりあかん奴じゃん」
「よく元ヤクザなんかと一緒になるな」
「ヤクザは辞めてもヤクザ界からは縁は切れない」「さすがに足洗ってるならええやろ」
野田氏は「反安倍」の立場とされる。安倍晋三首相が再選した15年9月の自民党総裁選には、野田氏も立候補を模索した。だが17年8月の内閣改造では総務大臣に抜擢され、目玉人事の1人として注目を浴びた。その直後の今回の報道とあって、ネット上では進退をめぐる書き込みも目立つ。

【@nifty(J-CASTニュース) 2017.9.21.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文春が、安倍総理の”天敵”山尾議員のスキャンダルに続き、今度は安倍一派の党内の”政敵”野田聖子議員を標的に!

出典:野田聖子オフィシャルサイト

安倍政権による衆院解散が近づいてきている中、各メディアへの工作活動を活発化させているようです。
最近不穏な動きを見せている週刊文春が、山尾議員前原議員に続き、今度は自民党内の安倍総理の政敵である野田聖子議員に対するスキャンダルを報道しています。

一見すると、自民党議員に対するスキャンダルとのことで、民進党にも自民党にも平等に批判的に報じていると思ってしまいそうになるけど、よく見てみると、全て安倍総理から見て敵対している政治家に向けられていることを見逃してはならないね。

以前から文春は、大事な選挙が近くなると安倍政権を利するような記事を出していたような感じがしていたけど、やはりその傾向は変わっていないと見るのが良さそうだ。

確かに、元暴力団員の夫がいるとの話はあんまりいい話ではないけど、その一方で、憲法違反を繰り返してまで国民を徹底的に蹂躙するような議会運営を行ない、森友・加計疑獄を通じて国民の血税を徹底的にお友達に横流ししてきた安倍一派に比べると、どちらが悪質なのか一目瞭然だし、何よりもこの件を大騒ぎすることで、国民に対して甚大な損害を与えてきた安倍一派が結果的に高笑いすることを忘れてはならないだろう。

少しネットの情勢を見てみましたが、やはり安倍親衛隊系のネット工作員たちは、系列サイトにこれを取り上げさせた上で、野田議員を血祭りに上げて誹謗中傷している状況です。
こういう状況を見る限り、安倍一派がこの報道に関与しているのは間違いなさそうですね。

クラウドワークスに安倍礼賛系のネット工作員募集の求人が出ていたことも判明したし、選挙がいよいよ近づいてきたことで、安倍一派の間では、大量の資金を投じて「お得意」の国民騙しの洗脳工作が激化し始めているようだ。
今後もマスコミやネットを通じて様々な動きが出てくることが予想されるので、引き続きつぶさにウォッチしていこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket