ノーベル賞の授賞式が開催されるもボブ・ティランはやはり欠席!代わりにパティ・スミスが「はげしい雨が降る」を歌う!

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月10日(現地時間)にストックホルムでノーベル賞の授賞式が開催された。

・話題になっていた文学賞受賞のボブ・ディランは予想通りに欠席。代理として「パンクの女王」として知られる友人のパティ・スミスが出席し、ディランの楽曲「はげしい雨が降る」を披露するも、緊張のあまりか、途中でつっかえて曲がストップ。謝罪するハプニングもあった。

スポンサーリンク

ノーベル賞 授賞式ディランさん欠席 米詩人が名曲披露

授賞式では、欠席した今年の文学賞受賞者で米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさんに代わり、米国のシンガー・ソングライターで詩人のパティ・スミスさんがディランさんの名曲「はげしい雨が降る」を披露。歌の途中でつっかえ、謝罪する場面もあった。

【毎日新聞 2016.12.11.】

パティ・スミス

2007年に、ロックの殿堂入りし、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第83位[1]、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第47位、「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第49位[2]を記録。クイーン・オブ・パンク(パンクの女王)もしくはゴッドマザー・オブ・パンク(パンクの代母)と称されることもある。

【ウィキペディア】

スポンサーリンク

ボブ・ディラン イメージ(ウィキ)

出典:ウィキペディア

せなちゃん素ssaaやっぱりというべきか、結局ボブ・ディランはノーベル賞授賞式にやってこなかったわね
彼もユダヤ系でノーベル賞とは親和性が高いような気もするし、(ご多聞にもれず)有名になっていく過程でフリーメイソンの支援を受けているんじゃないかっていう噂も出ているけど、結局のところ、何がしたいのかよく分からない感じね。

ボブディランはフリーメイソンの会員ですか?(Yahoo!知恵袋)

管理人ほんとに、出席しないのならそもそも受賞しなきゃいいのに、散々無視した挙句ちゃっかり受賞して、その上最後は欠席というのも、なんだかなあ…という気もしないでもないね。

まあ、こうして世間を騒がせて、話題を作っていくことが彼特有のパフォーマンスや表現活動の一環なのかもしれないけど…とにかく、アメリカの芸能界や音楽業界(映画界も)は、結構怪しいカルト勢力が資金援助などを通じて絡んでいること、そして、これらのコンテンツの端々に連中の「シンボリズム」を挿入させることで、布教(洗脳)活動を活発に行っていることについては、みんなも知っておいたほうがいいかと思うよ。
(もちろん、アメリカだけじゃなく、日本についても…ね。)

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA