【予想通り】日露首脳会談、北方領土問題はほとんど進展せず!メディアは「経済協力推進」に要点を摩り替えて成果を強調するも…

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月15・16日に行なわれた日露首脳会談について、安倍総理とプーチン大統領が共同で会見を開き、日露共同で北方領土の経済協力を進めていく内容で合意したと発表した。

・その一方、北方領土問題はほとんど進展がなかった上に、ロシアの主権下で日露双方の経済協力が行なわれる可能性があることから、「完全な食い逃げ」「期待はずれ」「完封負け」との批判も多く湧き起こっている。

スポンサーリンク

<日露首脳会談>経済活動交渉推進で合意 共同声明

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は16日、首相官邸で15日に続いて会談した。会談後、両首脳はそろって記者会見し、北方領土での共同経済活動に関する交渉を進めることで合意したと発表。これに関するプレス向け声明を発表した。

声明は、共同経済活動の調整や実施が「平和条約問題に関する日露の立場を害するものではない」と明記。両首脳は「共同経済活動に関する協議を開始することが、平和条約締結に向けた重要な一歩になり得るとの相互理解に達した」と表明し、漁業、海面養殖、観光、医療、環境などの分野を挙げて、両政府の関係省庁に協議を開始するよう指示した。

両首脳はまた、元島民が査証(ビザ)なしで北方領土に渡航できる「自由往来」の拡充に関するプレス向け声明も発表。「人道上の理由に立脚し、一時的な通過点の設置と現行手続きのさらなる簡素化を含む案を迅速に検討するよう指示した」と説明した。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2016.12.16.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

狡猾でしたたかなプーチンに3時間近く遅刻された末、ほとんど全てを持っていかれた安倍総理!メディアは必死に成功をアピールするも、ネットでは怒りの声が殺到!

だめだこりゃ

出典:f.hatena.ne.jp

りのちゃん困り2ssaやはり、大方予想していた通りではありますが、散々メディアが煽っていた日露首脳会談、蓋を開けてみれば、領土問題についてはほとんどなんの進展も無しに、唯一の成果と言えそうなものは、元島民による訪問のハードルが幾分下げられそうなことくらい、といったところでしょうか。

経済協力に関しても、日本のメディアが主張している内容(お互いの主権を侵害しない形での「特別な形」での協力)と、ロシア側の主張(ロシアの法律に基づいた経済協力)で、表現がかなり異なっており、実際にこれが日本側にどれだけのメリットあるものなのか、かなり怪しいような状態です。

管理人まあ、現在もロシアが主権を行使し、ロシアの領土とされているものであるだけに、ロシア側が主張している話が実態に近いんだと思うよ

つまり日本側は、3000億円ものお金を出す割には、その利益の多くをロシアが持っていってしまう可能性が高く、つまりは、毎度お馴染み、安倍総理お得意の「世界のATM」として、またしても日本国民のお金をロシアに差し上げることになってしまったというのが実際のところだろうね。

(しかも、経済協力においてロシアの主権を認めてしまうと、北方領土返還がますます困難になってしまう恐れも…)

世界でも半ば嘲笑されかかっている、日本の「安倍提灯メディア」だけは、安倍総理の虚勢をそのまま垂れ流し、必死に「歴史的!」なんて取り繕っているけど、実際のところは、しょっぱなから3時間近くも遅刻し、散々優位性を見せ付けられた後、そのプーチンの迫力と恫喝にびびりまくった安倍総理は、完全に向こうにペースを握られ、最後はされるがままにロシア側にひたすら有利な内容を合意させられてしまったというところだろう。

ネットでも、(こうしたメディアの詭弁に惑わされず)怒り心頭の声が多く寄せられている状況だし、まさしく、想像通りの体たらくで日露首脳会談が幕を閉じたということになるだろう。

 

北方領土交渉の進展と真の日露関係改善を図っていくには、安倍政権を終了させ、「反グローバリズム」の首相を日本に実現させるしかない

りのちゃん真面目ssa当サイトでは、「グローバリズム」「反グローバリズム」という世界の二大覇権の力関係に基づき、反グローバリズムのプーチンさんがグローバリズム側の安倍総理と相容れることは、この先もまず無いという見立てをしてきました。

今回も、まさにそれを示唆するような結果となりましたが、ここまで酷い結果になった背景には、トランプさんの当選が関係している気もしています。

管理人プーチンが安倍総理に思わせぶりな態度を取ってきていた背景には、米露関係が危険水域を越えるまでに悪化し、シリア紛争を通じて、オバマとプーチンが実質「代理戦争」状態に陥っていたことが何よりも大きかったと見ている。

プーチンも、本気で安倍総理と関係改善を求めていたなんてことは毛頭ないはずで、はじめから、日露が友好関係を築くように見せかけることで、オバマに揺さぶりを掛けつつ、アメリカと同盟関係(ご主人様とポチの関係)にある日本を上手に利用して、欧米がロシアに課している経済制裁を緩和させていく狙いもあったものと推測される。

ところが、プーチンと同じく反グローバリズムのトランプが当選したことで、米露関係は劇的に改善
つまり、この時点でロシアは、日本に近づき、譲歩してまで関係改善を図るメリットは、一気に薄れてしまったということだ。

先にも述べたように、プーチンは、TPPや第三次世界大戦などを通じて、世界の国境を破壊し、最終的に「世界統一政府」の樹立を企てているグローバリストのシオニスト・ユダヤと全面的に対決しており、それに対してグローバリスト側と非常に懇意(つまりはポチ)の安倍総理を心の底ではかなり見下しており、その「本心」を、記録的な大遅刻を演出することなどを通じて、暗に表現しているものと考えられる。

つまりは、安倍氏が総理である限り、日露関係が真に改善することはおろか、北方領土も返ってくる可能性はほぼゼロに等しく、言い方を変えれば、日露関係を真に改善させたいのなら、トランプと同じような「反グローバリスト」の人物を総理に据えるしか方法はないってことかと思うよ。

 

まとめ

りのちゃん怒りssaメディアはおろか、安倍総理筆頭の日本の政治家でさえも、事の本質をどこまで理解しているのか怪しいところですが…考え方によっては、今回の日露首脳会談は、安倍政権の「終わりの始まり」とも見れなくもないかと思います。

今後、安倍政権と一心同体のマスメディア、そしてこの国はどこに向かっていくのでしょうか?

管理人反グローバリストのプーチンやトランプが世界を席巻することで、この世界がどういう方向に進んでいくのかは、まだ正直言ってよく分からない。

だけど、彼らの影響力によっては、安倍政権が窮地に追い込まれていくことは考えられるし、彼ら反グローバリストの台頭に対し、(表になかなか姿を見せない)グローバリストたちがどのような対抗策を講じていくのかが注目される。

どちらにしても、多くの日本国民が、現在の日本に君臨している政治権力やそれにおもねるメディアの欺瞞性に気がつき、これらの洗脳から脱していかない限り、この閉塞感を打破していくことはなかなか難しいのではないだろうか。

果たして、ここまで散々な結果で終わった日露首脳会談を経て、日本の政局はどのように進んでいくのだろうか?
この先の展開をじっくりと注目していくことにしよう。

りのちゃん怒りssa現時点でのメディアの安倍さんへの提灯報道を見る限り、今のところは、大手メディアは安倍総理と一緒に心中するつもりのようですね…。

年明けにはトランプさんがいよいよ大統領に就任しますし、この先世界がどういう方向に進んでいくのか、私も注意深くウォッチしていこうと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket