【隠蔽疑惑】南スーダンの自衛隊日報、12月下旬に存在を把握していたことが判明!防衛省「黒塗り部分を決めるのに時間がかかった」

Pocket

どんなにゅーす?

・ジャーナリストの布施祐仁氏が開示請求したものの、「すでに破棄した」とされていた南スーダン派遣の自衛隊日報が実際には存在していた問題で、防衛省はその存在を確認したのは2016年12月下旬だったことが判明。

存在を確認してから発表まで1ヶ月以上の時間がかかっており、この事態について、防衛省の統合幕僚監部は「黒塗り部分を決めるのに時間がかかった」などと話しているという。

スポンサーリンク

防衛省、PKO日報を12月下旬に把握 公表まで1カ月以上

防衛省が当初は廃棄したと説明した陸上自衛隊の南スーダンPKOの日報を、一転して一部黒塗りで開示した問題で、同省は八日、再調査で日報の存在を把握した時期は昨年十二月下旬だったと明らかにした。統合幕僚監部は「黒塗り部分を決めるのに時間がかかった」と説明するが、存在の事実を一カ月以上公表していなかったことになる。
本紙は昨年十二月二十四日朝刊でこの問題を報じた。その時点で同省が存在を把握していたかは不明。
日報はフリージャーナリストの男性が昨年九月に情報公開法に基づき開示請求したが、同省は日報の内容を「使用目的を終えた」ため廃棄したとして、十二月二日に男性に通知した。
通知後、河野太郎衆院議員から「不適切な対応」との指摘を受け、再調査した結果、統合幕僚監部に電子データが保管されていたことを認め、今月七日に一部を公表した。

【東京新聞 2017.2.9.】

スポンサーリンク

河野太郎議員の再調査指示でようやく出てきた自衛隊日報、実は1ヶ月以上前に防衛省も存在を認識していたことが発覚!

りのちゃん怒りssaやはりと言いますか…「すでに破棄された」とされていた南スーダンでの自衛隊日報、いよいよ、実際には存在していることを認識していたにもかかわらず、隠蔽されていた可能性が高まってきましたね。

管理人うむ。こうした経緯を見る限り、河野太郎氏が再調査を指示しない限り、永久に「破棄された」ことになっていた可能性が非常に高いし、実際には再調査の指示後にすぐに見つかっていたみたいなので、防衛省や稲田大臣らは「どのようにしてごまかそうか」などと苦慮していたために、黙ってその存在を隠し続けた可能性もあるだろう。

もっと言えば、最初の時点から存在を把握していたものの、「河野氏の再調査によって見つかった」とするために帳尻合わせをしている可能性もあり、どちらにしても、これは政権を揺るがすほどの重大な不正疑惑を含んでいると言える。

そもそも、情報を開示するのに「黒塗りを行なう」というのも全く意味不明で、黒塗りをしている時点で情報開示になっていないのではないのかとも思うんだけどね…。

どちらにしても、この一連の行動は、国民の「知る権利」を著しく侵害している可能性が非常に高い犯罪的な行為であり、自衛隊に憲法違反の可能性が高い「駆けつけ警護」などの生命の危険を伴う危険任務を何としてもやらせたいがために、色々な隠蔽やインチキをした疑いが非常に高まっていると言えるだろう。

りのちゃん怒りssa私もそう思います。
危険任務をやらされている当事者の自衛隊員の方々はもちろんですが、国民全員が徹底的にこの隠蔽事件の真相究明を求め、稲田防衛大臣はじめ、安倍政権に対する強い責任追及を行なっていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket