【目論み通り】日経の世論調査、内閣支持率が64%にアップ!「真珠湾訪問を評価する」が84%に上る!

Pocket

どんなにゅーす?

・日経新聞の世論調査によると、安倍内閣の支持率が64%にまでアップしたとのこと。

安倍総理の真珠湾訪問を「評価する」の声は84%に上り、この外交パフォーマンスが政権支持率をさらに押し上げたという。

スポンサーリンク

内閣支持率64%に上昇 真珠湾慰霊「評価」84% 本社世論調査

日本経済新聞社とテレビ東京は28、29両日、安倍晋三首相とオバマ米大統領が米ハワイの真珠湾を訪問し慰霊したことを受け、緊急世論調査をした。安倍内閣の支持率は64%と11月下旬の前回調査から6ポイント上昇した。2013年10月以来、3年2カ月ぶりの高い水準となる。真珠湾訪問を「評価する」と答えた人は84%で、内閣支持率を押し上げる要因になった。

内閣不支持率は26%で4ポイント低下した。

【日経新聞 2016.12.29.】

アリゾナ記念館(ウィキペディア)

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安倍総理が世論調査の内閣支持率を上げるためのパフォーマンスを行ない、メディアは阿吽の呼吸でそれに呼応!かつてない不景気と貧困でも30代の80%が安倍政権支持!?

りのちゃん真面目ssa管理人さんは真珠湾訪問で70%くらいの支持率が”演出”されることを予想されていましたが、そこまでではなかったにしろ、64%というかなり高い支持率が報道されました。(読売でも似たような結果が出ているみたいです。)

今回の世論調査で驚かされるのは、30代の支持率が80%、40代では70%という驚くべき数字が出てきたことです。

国内経済は、消費支出や消費者物価指数が15か月連続で低下中というほどの未曽有の不景気ですが、非正規の低賃金やブラック労働に苦しんでいる若い人たちの圧倒的多数が安倍政権支持というのは、かなり恐ろしく感じるのと同時に、にわかに信じられない気もしますが…。

管理人国内経済や政治そのものがあまりにダメダメすぎて、もはや安倍政権は、メディアが出す世論調査の支持率アップのためだけに色々なパフォーマンスを考え出し、これらをただ一生懸命やっているようにしかボクには見えないんだけどね。

そして、「影のプランナー」があの手この手であっと驚く”演目”を考え出す→メディアがこれに呼応するように大々的に宣伝→こうしたパフォーマンスを行なった直後に阿吽の呼吸で世論調査を行ない支持率アップを宣伝…と、安倍マリオトランプ会談日露首脳会談真珠湾訪問など)最近はこうしたサイクルがただ繰り返されている状況だね。

 

「国民の生活向上のために」最優先に仕事をするのが政治家の本来の姿、外交やパフォーマンスは「その後」のはずなのに…

管理人ここまで国内経済もボロボロで、庶民の生活がますます苦しくなっているのに、30代の人たちの80%もが安倍政権を支持しているというのはボクは全く信じていないけど…本来の政治家の務めというのは、一にも二にも「自国民の生活向上」のための政策を最優先に取り組むことであり、そういう意味では、庶民の深刻化し続けている貧困化や少子高齢化問題、教育問題もほとんどほったらかしの上に、外交上のパフォーマンスや海外へのバラマキだけに腐心している安倍総理ははっきり言って政治家失格だ。

耳障りの良い美辞麗句と詭弁、うわべだけのパフォーマンスや様々な偽装工作を駆使し、国内での圧倒的支持を「演出」し続ける安倍政権だけど、ネット上を見ても、さすがにここまでのメディアの不可解な安倍礼賛と支持率アップの宣伝工作に強い疑問を感じ始めている国民も徐々に出てきた感じだ。

こうしたネット上での反応を大手のメディア関係者も見ているはずだけど…このまま連中は完全に開き直って、日本が完全に破滅するまで安倍政権と一心同体に世論工作と国民騙しに全てを捧げるのかな?

トランプ政権発足に伴うアメリカ内部の変化も気になるところだけど、いよいよ「末期的」とも言えるほどに腐敗の極みにあるマスコミと安倍政権に支配された日本の「行く末」もかなり心配になってきているね。

りのちゃん困り3ssa「日本スゴイ番組」の量産などを通じた)愛国心の喚起や深刻な不景気、そして圧倒的なプロパガンダなど、いよいよ、日本はあらゆる点で「戦争前夜」に似てきた様相になってきましたが、一体この国はこの先どこに向かっていくのでしょうか。

あらゆる点でかなり心配な状況ですけど…どうか国民の皆さんは自身の感覚を信じて、いよいよ本格的にエスカレートし始めてきた圧倒的なメディアプロパガンダにただ流され、洗脳されないようにして欲しいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA