【上がり過ぎ】トランプ氏当選をきっかけに日経平均がついに1万9千円を超える!ドル円も円安が進み115円台に!

Pocket

どんなにゅーす?

・トランプ氏の当選をきっかけに、世界的に株価が上昇基調になっている中、日経平均がついに1万9千円を超える

・株高と同時に円安も進み、ドル円もおよそ10ヶ月ぶりの安値である115円まで下落している。

スポンサーリンク

東京株、1年ぶり高値=円は115円台

週明け12日午前の東京市場では、前週末の海外株高などの流れを引き継ぎ、比較的安全な資産とされる円や国債が売られた一方で、リスク資産を買う動きが活発化した。外国為替市場では、円相場が約10カ月ぶりに1ドル=115円台に下落。株式市場は、日経平均株価が1万9280円まで上昇し、取引時間中としては昨年12月18日以来、約1年ぶりの高値を付けた。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2016. 12.12.】

↓2万円台もこの勢いで楽々突破??
1

出典:Yahoo!ファイナンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

りのちゃん真面目ssaトランプさんの当選をきっかけに、世界中の株が上昇に転じており、ついに日経平均も2万円を超える可能性も出てきました

管理人大統領選当時の日本メディア(海外も)は、「トランプリスク」を盛んに宣伝しまくって、トランプが当選すると日本や世界の株が崩壊することを繰り返し叫んでいたけど、ふたを開けてみれば、当選当日こそ、これを真に受けた人たちの狼狽売り(投機筋の騙し下げ含む)で大きく下落したものの、たったの1日で下落幅を取り返して以降、ずっと上昇トレンドが続き、ついにあっさりと2万円をうかがうところまでやってきてしまったね。

もちろん、プーチンとトランプの協力体制で、第三次世界大戦がひとまず回避されたことや、石油の減産による油の価格の上昇に伴う買いもあったはずだけど、それにしても、この状態はあまりにも加熱しすぎだ。

間違いなく、徹底的に価格を吊り上げようとする投機筋が入っており、これらが極限まで株価を上げようとしている意図がうかがえるし、どこかのタイミングで一気に売り浴びせに走ることで、二度大儲けしようという思惑が渦巻いているのを感じる。

どちらにしても、素人投資家にとっちゃ、かなりアブナイ相場になっていることは確かだよ。

りのちゃん困り2ssaただ、株価が上がると安倍政権にとっても有利になるはずですし、結果的に解散宣言が近づいていると言われている安倍政権にとってはオイシイ展開になっていることは確かですね。

管理人うむ。これはますます衆院解散選挙の可能性が高まってきたし、また、いつ株価が一気にはじけるのかもかなり気になるところだ。

毎度ながら、安倍政権は実にツイている(「悪運が強い」とも)というか…もののたった4年の政権の間に5000年に一度とも言われる3.11にやられた民主党の悲運とはエライ違いだね(苦笑)。

どちらにしても、この相場はいささか異常な状態であることは確かなので、今後の世界の株価や為替の推移を注意深くウォッチしていこうと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA