自民・二階幹事長が今村復興相の辞任に関してメディアを恫喝!「言葉の誤解で”首を取れ”と張り切るなら、マスコミの首を取った方がいい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月26日、自民党の二階幹事長が、今村議員が復興相を辞任に追い込まれた状況を受けてマスコミを恫喝した。

・二階氏は、東京都内で行なわれた講演で、「言葉の誤解があった場合、いちいち首を取るまで張り切っていかなくてもいいのでは」などと話した上で、「政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、一行悪いところがあったら”すぐ首を取れ”と。何ちゅうことか。それの方(マスコミ)の首、取った方がいいぐらい。そんな人は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ」と続け、安倍政権に都合が悪い報道を行なったマスコミに圧力をかけるような発言を行なった。

スポンサーリンク

二階氏「言葉の誤解、首取るまで張り切らなくても」

自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内での講演で、東日本大震災をめぐる失言で辞任した今村雅弘・前復興相を念頭に「人の頭をたたいて、血を出したっていう話じゃない。言葉の誤解があった場合、いちいち首を取るまで張り切っていかなくてもいいんじゃないか」と語った。自らの派閥に所属する今村氏の発言を、擁護したとも受け取られかねない発言だ。

東日本大震災をめぐり「東北で良かった」などとした今村氏の発言は25日夜、報道陣が入った二階派のパーティーで出た。二階氏は「政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、一行悪いところがあったら『すぐ首を取れ』と。何ちゅうことか。それの方(マスコミ)の首、取った方がいいぐらい。そんな人は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ」と述べ、報道陣の取り上げ方の問題だとの見方を示した。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2017.4.26.】

スポンサーリンク

 

二階氏も幹事長辞任に値する問題発言!安倍政権の腐敗と傲慢さはもはや自己洗浄できないレベルに!

↓安倍政権の「いつもの感覚」でマスコミを恫喝した二階氏だったものの、今回は逆効果だった!?

出典:YouTube

今村大臣の信じられない暴言による辞任の後に、二階さんがさらにこんな問題発言をしたのね!
これは、今村大臣の発言すらも「大して問題ない」って思っているも同然なんじゃないかしら!?

安倍政権は日頃からマスコミへの恫喝と圧力を欠かさないから、「いつもの感覚」でこういう発言が出てきたものの、どうやら今回は、今までのようにはいかなかったようだ。

安倍政権が慌てて自ら謝罪をしたことから分かるように、今回の今村大臣の発言は、党内が凍りつくほどに「言ってはいけないもの」だったし、これすらもマスコミに責任転嫁して、不都合な報道を徹底的に封じ込めようとする安倍政権の傲慢さと醜悪さを(引き締め役であるはずの)二階氏自らが体現してしまった感じだね。

安倍政権の腐敗と上から目線の傲慢さは、もはや自己洗浄できないレベルにまで進んでいることを示しているし、これを機に国民は、被災者をはじめとする社会弱者を徹底的に切り捨てては、大企業や既得権勢力、資本家の方向ばかりを向いている安倍政権にしっかりとNOを突きつけていくべきだと思うよ。

ほんとよね!
これは、今村大臣と一緒に二階さんも幹事長を辞任すべきなんじゃないかしら!?
それくらいにこれも酷すぎる発言だし、マスコミはこうした安倍政権の卑劣な脅しに屈しないで、しっかりと国民目線での権力監視と切れ味の鋭い報道を続けていって欲しいところだわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket