【不気味】福島・二本松市、伊達市、川俣町などで謎のバルーン状の物体が見つかる!中には青い液体とタイマーのようなものが!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月1日の午前中、福島県二本松市や伊達市、川俣町などで、謎のバルーン状の物体が相次いで見つかり、一部で不安の声が上がっている。

・この物体は透明のビニール製で、中には青い液体が入っていた上にタイマーのようなものがついていたという。警察が調べた結果、危険性はないというものの、見つけたら触れないようにして通報して欲しいと呼びかけている。

スポンサーリンク

バルーンのような謎の物体相次ぎ発見 福島

1日の午前9時過ぎ、二本松市で近くを通った人が筒状のバルーンのようなビニール製の物体が落下しているのを見つけ、110番通報した。長さ9メートル、幅2メートルほどあり、下に透明なビニール袋に入った青い液体とタイマーのようなものがついていた。同じような不審物が午前8時から9時過ぎに川俣町や伊達市でも見つかっている。

県警機動隊が検査した結果、危険性はないということだが、警察は物体を見つけたら触らず、通報するよう呼び掛けている。

1

2

【日テレNEWS24 2017.3.1.】

スポンサーリンク

 

あおいちゃんかなり困りssaうわあ…青い液体とタイマーのようなものがついているバルーンが福島で次々見つかってるんですって。
一応危険性は無いってことみたいだけど、正体が不明っていうのもそうだけど、なんだかちょっと不気味な感じね…。

管理人福島民友によると、このバルーンは韓国が北朝鮮に向けて飛ばしたものと見ているようで、2016年9月以降、秋田や山形で見つかっているものと同じものと考えているそうだ。
本当にそうであれば、ひとまず正体が分かって一安心だけど…韓国から風に乗って太平洋側の福島にまで飛んできたというのはちょっと驚いたね。

念のために、警察は触ったり液体の匂いをかいだりしないよう呼びかけているので、万一見つけた際は警察に通報するのがいいかと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket