【情けない】「官邸の最高レベル」文書を最初に報じたのは実はNHK!しかし、該当部分を”黒塗り”したために朝日にスクープを奪われることに…

Pocket

どんなにゅーす?

・加計学園の獣医学部新設において、「総理の圧力」を示した文科省の内部文書について、朝日新聞が第一報を報じたと思われているものの、実際にはNHKがそれよりも先に報道していたことが明らかになった。

・しかし、この文書においての核心部分である「官邸の最高レベルが言っている」という箇所は、NHKでは黒く塗りつぶして報道最大限安倍政権の意向に沿う形で報道をしたために、朝日新聞に全ての手柄を持っていかれる形となり、NHKの記者たちから大きな不満が噴出したのだという。

スポンサーリンク

NHK記者 “官邸の最高レベル”スクープを不発弾にされ不満

官邸の最高レベルが言っている〉──前川喜平・前文科事務次官が「本物」と認めた文科省の内部文書の存在の第一報は朝日新聞(5月17日付朝刊)のスクープと世間では思われがちだが、実は最初に報じたのはNHKである。

5月16日の夜に放送された『ニュースチェック11』で、「内閣府の担当者が文科省側に、加計学園の獣医学部設置を前提としたスケジュール作成を指示した文書がある」と報じたニュースのなかで、その実物が示されていた。

ところがこの映像では、翌朝に朝日新聞が一面トップで大きく取り上げた〈官邸の最高レベル〉というセンセーショナルな文言が、なぜか消されていたのである。NHKの中堅局員が憤懣やるかたない様子で語る。

~省略~

「16日の放送直前、小池さんが“こんなものは怪文書と同じだ”と言い、問題の部分を黒塗りにして放送するよう指示したそうです。文書を入手した社会部の記者の中には爆弾スクープを“不発弾”にされたと不満を漏らす者も少なくなかった。

現在のNHKでは、政権に近い政治部出身者が絶大な権力を持つ。2002年から安倍首相の番記者を務め、首相が厚い信頼を寄せる政治部の岩田明子記者は今年4月、NHK会長賞を受賞し、局内での力を増していますし、小池さんが報道局長になったことでその流れは決定的になりました」

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2017.6.12.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKによる徹底的な国民背信(国民騙し)の実態が明らかに!マスコミと安倍政権との腐敗と癒着はここまで進んでいる!

またまた看過できないようなマスコミと安倍政権とのズブズブの癒着が明らかになったわね!

権力に支配されている私たち国民が「最も知りたい部分」を全て黒塗りで報道するなんて…高い受信料を払わされているにもかかわらず、NHKは一体どこまで腐りきっているのよぉ!!

いやあ、NHKと安倍政権の不適切な「ズブズブの関係」がここまで進んでいたとはね。
これじゃあ、名実共に「安倍晋三記念放送協会(AHK)」だし、ここまで国民にことごとく背を向いた報道が徹底されているのであれば、受信料を払わされるのもバカバカしくなってくるよね。

実に情けないのは、朝日新聞がこの文言をスクープした後から、この黒塗りを外して放送し始めた点であり、この時点で、NHKが最も重要視しているのは、受信料を受け取っている国民の利益ではなく、ひたすら安倍政権の利益を重要視した上で、日頃からニュースを流しているのは誰の目にも明らかだ。

他の大手マスコミにおいても、少なからず似たような実情があるのは確かだし、これが、報道の自由度ランクがかつてないほどに転落し続けている日本のマスコミの偽らざる実態というわけだね。

 

徹底的に国民に背を向けた安倍政権が現在でも跋扈し続けているのは、報道機関としての「あるべき姿」を放棄してしまった大手マスコミが最大の”戦犯”である

上のNEWSポストセブンでは、NHK内で安倍政権の意向に徹底的におもねった報道をやらせている「犯人」として、小池英夫報道局長や政治部の岩田明子記者の名前が出てきているけど、安倍政権が大手マスコミ幹部を徹底的に飼い慣らし、寿司接待や「電波停止」発言などのアメとムチでコントロールしてきた結果、全国メディアの大多数はすでに「政権公報局」に変質しかかっているのは確かだ。
これによって、大手テレビ局はいずれも、「国民にとって真に有益な報道を行なう」ことよりも、「安倍政権にとって有利な報道を行なう」ことを重視するようになっており、政権の汚職や腐敗、権力の不正や犯罪行為などを隠蔽したり、事実を歪めて報道することがいよいよ常態化しかかってきているといえるだろう。

これでは、どんなに国民無視の政治をしても政権支持率が中々下がらないのはある意味当たり前であり、安倍政権と対立する野党の活躍を隠蔽したり、野党政治家のネガティブ報道を積極的に行なったりすることで、野党の支持が全く伸びないというのも自然な流れだろう。

この前のTBSのサンデーモーニングでも、若者たちが異常なまでに安倍政権を揃って支持している実態を特集したけど、元々政治にあまり興味を持っていない若者たちにとっては、多くのマスコミが安倍政権の顔色を伺う報道を行ない、目立つところに安倍政権の腐敗を批判する文字や音声が表に多く出てこない限りは、(自らの首を絞めるようなことに繋がる)政権支持に走ってしまうのも、ある意味仕方ない状況なんだよ。

つまりは、ここまで安倍政権の力が強大になってしまったのも、マスコミの幹部が寿司に目がくらんで本来の役割を放棄してしまったことや、今まで下層の記者たちがこの現状に強く怒ってこなかったことも大きく影響しているってことね。

まあ、少し厳しく言ってしまうと、このような「実情」に気づくことなく、されるがままにただ流されてしまってきた国民が悪かった部分もあるんだけど…恐らく、マスコミが本来の使命感を忘れずに、もっと強い姿勢を持って安倍政権に懐柔されていなければ、ここまで日本がマズイことになることはなかったと見ているよ。

しかし、人間誰しも、自己保身を重視してしまったり、目先の利益についつい飛びついてしまう弱い部分があるのは確かだし、教育レベルから様々な洗脳が溢れ返っている現代社会の中で、一般国民がこれに気づくことは決して簡単なことではないだろう。

安倍政権の横暴さに愛想を尽かし始めた、自民党のかつての経世会系の保守本流政治家や、前川氏をはじめとする良識派の官僚たちが現状の日本の腐敗に対して立ち上がり始めたことで、ようやく(その空気を読んで)徐々に体質改善し始めた感のある大手メディアだけど…ボクが見る限り、まだまだずっと続いてきた安倍政権によるメディア圧力は効いており、さらにはインターネット界にも強力な「安倍サポーター」のインチキ言論人やウェブサイトが多数存在していることで、安倍政権以前の状況に戻ることすらも、かなりの困難を伴う事態になっている。

この現在の状況下で国民が「どこまで気づくことが出来るか」がとても重要であり、まさに今こそが日本国民の民度が試されている時であるともいえるだろう。

今回のような記事をきっかけに、私たちが現状をよりよく理解して、一日も早くに大手のマスコミ依存や洗脳から脱却していくことが、現在の日本の閉塞感の打破や政治腐敗にメスを入れる上でとても重要になってくるってことね!

その通りだ。
一人でも多くの国民が、本来誰もが持ち合わせているはずの、「想像(創造)力」や「考える力」を呼び起こして、一つ一つの些細なニュースから多くの「背景」や「実態」を想像できるような能力を手に入れていくことで、様々な権益や利害関係で動かされている大手マスコミに対する過度の依存や洗脳から脱却していくことを目指していって欲しいと思っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket