【テレビもヤバイ】沖縄基地反対の人々に関する歪曲やデマを放送した「ニュース女子」、制作元のDHCの不買運動に発展!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月2日に放送された東京MXの「ニュース女子」の沖縄特集について、基地反対派の人々に関する歪曲やデマが放送されたとして、ネット上で批判が殺到。

・番組の槍玉に上げられた反ヘイト団体の「のりこえねっと」が抗議文を発表し、番組に多くの苦情が寄せられている他、番組を制作しているDHCの不買運動にも発展している。

スポンサーリンク

「右寄りTV番組」スポンサーでDHCに不買運動

同番組は、年配の男性コメンテーターが、若い女性タレントの素朴な疑問に答えながら進行していく。

映像を見たタレントの八田亜矢子氏が、「反対している人には、彼らなりの正義感があって、活動していると思っていた。この映像を見て、お仕事として反対されている方が本当にいるのか疑問に思った」とコメント。住民が基地反対派の翁長雄志知事を選出したことを挙げて、「沖縄住民の大多数の意見を知りたい」と続けた。

井上氏は、「大半の沖縄住民から、米軍基地反対という声は聞かない」と返した。八田氏が「そうなのですか」と聞き返したが、MCの吉木りさ氏が他のゲストに話を振って、話題が変わった。

この放送を受け、SNSで同番組への抗議の声が殺到している。

~省略~

SNSでは、「DHC不買」というハッシュタグをつけて、同番組やDHCへの批判的な投稿が増えている。

同番組は、DHCシアターの主要株主であるDHC(東京・港)の持ち込み番組として、2015年4月から始まった。持ち込み番組では、放送するTV局が企画に関わることは少なく、基本的に外部の制作プロダクションが映像をつくり、TV局はその映像を流すことだけを行う。制作費が掛からないので、収益率が良い。同番組を制作しているのは、DHCシアターとボーイズ(東京・港)の2社。

映像ジャーナリストで、OurPlanet-TV代表理事の白石草(はじめ)氏は、「この番組は、タイトルにニュースと銘打っているが、内容的に地上波に相応しいのか疑問だ」と指摘する。

【Yahoo!ニュース(オルタナ)2017.1.9.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京都や中日新聞も株主の東京MX、DHCの制作番組の出演者を見ても「幸福の科学」の関係者がずらり

1

出典:DHCシアター

せなちゃん素ssaaうちのサイトでも紹介した「ニュース女子」の問題だけど、現在この放送内容にかなりの苦情が殺到していて、ついには番組を制作しているDHCの不買運動に発展してきているみたいよ。

管理人このサイトでは、ニュース女子に出演していた人物が、もろに新興宗教団体の「幸福の科学」と繋がりの深い人物であることを紹介したけど、その他のDHCの番組を見ても、やはり幸福の科学と繋がりがある人物がずらりであることが分かる。

例えば田母神氏も「幸福の科学大学」の教授として招聘されているし、百田氏も幸福の科学関連のメディアに寄稿したり、幸福実現党の政治家や関係者と仲良くしたり著書を推薦したりしている動きが見られる。

 

管理人このように、DHCの制作番組をざっと見ただけでも、幸福の科学が何らかの形でこの会社をスポンサードしている可能性が考えられるし、こうしたカルト宗教の影響を大きく受けた番組を放送させている東京MXは、かなり問題があるといわざるを得まい。
(ちなみに東京MXテレビは中日新聞だけでなく、東京都までも大株主になっているとのこと。このテレビ局が直接制作に関わってはいないものの、甘いチェック体制の元に番組が放送されている点についても問題があるといえるだろう。)

せなちゃん素ssaaそもそも安倍政権そのものが幸福の科学とズブズブなんだから、DHCさんが安倍政権を支援する限り、こういう連中と関わり合いになっていくのは自然な流れだけど、さすが、CIAからも相当潤沢なお金が出てるのか、あらゆるところに「この宗教」の存在がちらつくわね。

管理人ネット上にウヨウヨいる妄信的な安倍支持者も、こうしたカルト宗教の信者たちがかなり混ざっている可能性があり、そもそも彼らは徹底的に脳の髄からマインドコントロールにかかってしまっているために、こちらがどんな意見や指摘をしようとも、そのほとんどは全く聞く耳も持とうともしない。

言ってみればオウムの信者と同じようなもので、もうこうなってしまうとちょっと手の施しようがないのが現状だ。

今回もこういう人たちは「反日左翼がDHCを不当に陥れようとしているので、全力でDHCを支援しよう!」となっているみたいだけど、こういう人々はこうしたカルト宗教の関係者である可能性があるので、くれぐれも相手にしないようにしよう。

とにかくも、最大級の問題は、安倍政権がこういうカルトたちの徹底的な支援を受けていること、そして、公共的なテレビ番組までもカルトに支配されつつある実態が、いよいよ浮き彫りになってきたことだ。

この状況を放置していれば、一般の日本国民が、知らず知らずのうちにこうしたカルトが仕掛けているマインドコントロールに掛かっていってしまう恐れもあり、多くの国民は安倍政権やマスメディア、さらにはインターネット界において、こうした宗教が活発に動き回っている実態をまずは知り、これらを厳しく追及し、政界やメディア界から徹底的に締め出していくことが大事なのではないだろうか。

せなちゃん素ssaa連中は、その「正体」を隠して相当活発に政界やメディア界、さらにはネット界で工作活動をしていることが考えられるし、とにかく私たちはこれらの連中による「布教活動」の悪影響を受けないように気をつけていかないといけないわ。

管理人そうだな。どちらにしても、こういう連中の支援を受けて番組制作をしているDHCについては今後も注意していかなくてはならないし、是非とも不買運動やBPOへの申し立てなどを通じて、こうした怪しい新興宗教が公共のテレビにどんどん侵食してきている事態を何とかしていかないといけないね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA