自民党ネットサポーターズクラブ(ネトサポ)のメンバーが植松容疑者の思想に共鳴!?日本に広がる弱者差別の風潮!

Pocket

自民ネトサポ会員がブログ上で植松容疑者の「障害者差別思想」に同調!?

スポンサーリンク

自民党のネット応援部隊が「植松容疑者の主張は間違ってない」「障がい者は死んだほうがいい」と障がい者ヘイト!

■自民党ネトサポ会員が「植松の言うように障害者はいなくなるべき」

さらに、「自民党ネットサポーターズクラブ会員として愛国という視点から自らの意見を論理的に述べる」という副題のついたあるブログが、事件後、「重度障害者を死なせることは決して悪いことではない」なるタイトルの文章を公開していることも確認できる。

~省略~

まず、このネトサポは、植松容疑者が「障がい者なんていなくなればいい」という趣旨の供述をしていることについて、〈植松の言葉自体には実は聞く価値のある部分もある。それは「障害者は邪魔である」という観点だ〉と書いている。以下、吐き気をもよおす障がい者差別やジェノサイドの扇動が続く。紹介するのもためらわれるが、コアな自民党支持層がどのようなことを考えているのか確認するためにも、このネトサポの文章をそのまま引用する。

【リテラ2016.7.30.】

管理人日本や世界を震撼させた相模原・障害者大量殺傷事件だけど、事件当時より、植松容疑者が自民党や在特会などにシンパシーを感じている様子が見られることから、「自民党支持者を中心に広がっている、近年の差別思想とも無関係ではないのではないか?」という見立てや意見を発信してきた。

そんな中、リテラにてこんな記事が配信されていたので、紹介しようと思う。

↑この記事によると、当サイトでも度々話題にしてきた「自民党ネットサポーターズクラブ(ネトサポ)」のメンバーだと公言している人物による「個人ブログ」に、強烈な障害者に対する「差別発言」が多数綴られていたとのこと。

ボクも、この”問題のブログ”に軽く目を通させてもらったけど、該当の記事はもちろん、その他の過去記事にも目を疑うような障害者差別思想や、異常なまでの「敵or味方の」二元論、強者に擦り寄る一方で弱者を罵倒する論調で埋め尽くされており、呆然とせざるを得ない内容だった。

↓問題の「ネトサポメンバー」と名乗る人物によるブログ

1

あおいちゃんかなり困りssa私も、管理人さんに見せられて問題の記事を少し読んだけど、、信じられないという他に、言いようがなかったわ…。

こんなにも狂った思想が、自民党支持者に蔓延しているっていうの?

管理人まあ、あまりにも極端で凄まじい内容であることから、一部で「ネタや釣りブログなんじゃないか?」という声もあるみたいだけど、本人は「断じてネタではない」と繰り返し否定しているみたいなので、”そういうこと”とした上で、話を進めさせてもらおう。

スポンサーリンク

自民党支持者の間では、「弱者差別」は珍しくも何ともない考え

管理人リテラにも書かれているけど、「問題の記事」にはまずタイトルから驚かされるけど、この人物はまず自らを「愛国者」とした上で、障害者のことを「生きている価値は全くない」「自爆テロ要員くらいにしか使えない」「ただの金食い虫である」「愛国者ではない」ことなどを理由に、「植松の言うとおり、障害者はこの世からいなくなるべきだ」と書いている。

その一方で、植松容疑者のことを「卑劣な犯行で、さっさと死刑にすべきだ」とも言っている

この時点でボクは「???」って思ったけど、要は「植松容疑者の考えは正しいけど、実際にやるのはいけない。」とでも言いたいのだろうか?
(自らのことを”論理的”と言っているけど、この時点で、完全に話が矛盾しているように思うのはボクだけかな?)

このような考え方が世間に蔓延すればするほど、実際に行動に移す者が出てくるのはなんらおかしなことではないし、むしろ「いずれ必ず出てくる」と考えたほうがいいだろう。

だから、こんな過激な障害者差別思想をネット上で振りまいている時点で、このブログ主を含め、こういう考えを広めた”大元”や自民党支持者たちにも、この事件の責任の一端があるといっても過言ではないように思うけど、それなのに、植松容疑者に対しては「さっさと死刑にすべき」という

この時点で、このブログの主は、非常に身勝手で傲慢、無責任極まりない考え方の人物であることがよく分かるというものだろう。

 

弱者をないがしろにする考えは、いずれ自分に返ってくる

あおいちゃんキレ1ssa管理人さんの言うとおりだわ!
「植松容疑者の言っていることはよく分かる」っていいながら、「さっさと死刑にすべき」って、どんだけ都合が良くって、自己中心的な人間なのかしら!?

管理人あんまりレッテル貼りはしたくないけど、どうも自民党の支持者たちっていうのは、「自分さえ良ければ、あとの人間はどうなってもいい」というような考えの人間が多いように感じるね。(事実、このブログ以外の自民党支持者と思われるツイッターやブログなどを見ても、似たような思想を持っている人間が多い。)

そして、このような考えを持っている人間は、自分より下の立場の人間に対して、バカにしたり罵倒したり、いじめの対象にしたがる傾向が強い

では、「自分より上か下か」を判断する”基準”とは何なのか?
それは、収入やキャリア、血筋や学歴や知能など、いずれも表面的なものばかりだ。

どうも最近の風潮は、自分より上の立場の人間をより崇めては、自分より下の人間を蔑む傾向が強くなっているように感じるけど、こういう考え方は、いずれ「自分に全て返ってくるもの」と思ったほうがいい
なぜなら、自分自身も、自分より「強い」人間にバカにされ、差別され、排除される運命にあることに他ならないからだ。

このように人間を一定の基準で選別する考え方は、一見、とても合理的な考えのように見えるけど、これは、恨みと憎しみ、そして悲しみしか生み出さない、「最悪の結果」をもたらす
そして、最後に最も笑うこととなるのは、世界で最も強い人間=最も財力と権力を持つ人間だ。

高倉健の映画のような「強きをくじき、弱きを助ける」ではないけれど…障害者だけではない、子供やお年寄り、貧困層など、国民みんなが自らより立場の弱い人々を守り、大切にすることで、自らも大切にされる社会が実現されていくものなのではないだろうか

つまり、こうした”弱者差別”の考え方こそ、「権力者がもっとも利する」ものだと思うんだ。

このような考え方が、植松容疑者のような社会的に弱い人間にまで浸透し始めていること自体が、すでに「権力者の用意した”洗脳”に、一般庶民が深くかかってきている」証であり、自らの首を絞めるものに他ならないことだということに、みんなも気がついて欲しいと思っているよ。

 

まとめ

あおいちゃんかなり困りssaな、なるほど…。
なんか、日本がどんどんおかしな方向に向かっていってしまっているみたいで、私も怖い気分になってきてしまうわ。

管理人大手マスコミは、連日植松容疑者の犯行を特集しているけど、この事件により深く迫るのであれば、こんなネット上に蔓延している、”社会弱者差別の風潮の蔓延”を特集するべきだ。

でなければ、いくら表面的なキレイ事を並べ立てたところで、事件の根本的な背景に迫ることなど出来ないし、第二・第三の植松容疑者を生み出す事態にもなりかねない。
もっと、人間の命や人権の問題、社会的弱者に優しい社会の保全について、真剣に考えていかないと、いずれはボクたちも差別され、排除の対象になっていく世界が訪れるかもしれない

今回紹介したブログは、真剣に書いているのか、おふざけで書いているのか分からないけど…いずれにしても、見ていて気持ちのいいものではないし、こんなナチスの「優生学思想」に囚われた支持者を生み出し続けている、自民党の”危うさ”について、一人でも多くの人に知っていってもらってほしいと思っているよ。

あおいちゃんかなり困りssa本当に私もそう思うわ。
なんだかマスコミも完全におかしくなってきちゃってるし、余計に私たちがこういうことを伝えていかなければならないのね。

私も、頑張って友達に伝えたりすることで、この問題を真剣に考えたり、広めていこうと思うわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA