【貧困】安倍政権が年金未納者の取立て&強制徴収を強化するも、9割が低所得の免除対象だったことが判明!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍政権が以前の政権に比べ、年金未納者の取立てと強制徴収の強化を実施しているものの、このうち9割が低所得による免除対象だったことが判明したという。

・これにより、対象者をいくら取り立てても、そのほとんどの人たちは納付するお金がない状況が明らかに。

スポンサーリンク

年金滞納者、9割が免除対象 低所得者の強制徴収に限界

国民年金の保険料を滞納している人のうち9割以上が、所得が低いため申請すれば支払いの一部もしくは全額を免除される可能性が高いことが分かった。6日の参院厚生労働委員会で、日本維新の会の東徹氏の質問に塩崎恭久厚労相らが明らかにした。

厚労省は低迷する納付率を上げるため滞納者への強制徴収を進めているが、低所得者に対する強制徴収は「現実的に困難」(塩崎氏)という。

国民年金保険料を2年間以上滞納している人は2015年度末で約206万人に上る。厚労省は年間所得が350万円以上の滞納者を強制徴収の対象としているが、来年度以降は300万円以上に拡大する。

しかし、厚労省の実態調査では年間所得300万円未満が94%を占め、300万~350万円が2%、350万円以上は4%にとどまる。厚労省は「対象者のうち相当数が督促済み。強制徴収できる対象者はかなり限定的だ」としている。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞)2016.12.7.】

スポンサーリンク

 

低所得の弱者から取り立て、無理やり徴収することしか頭にない安倍政権、まずは真っ先に低所得者の貧困改善に尽力すべき

りのちゃん困り2ssa近年、安倍政権が年金の取立てや強制徴収にかなり力を入れているみたいですが、どうやら、いくら強制徴収しようとしても、支払うお金を大多数の人が持っていない実態が明らかになってきましたね…。

管理人まあ、いかにもヤクザな性質を持っている安倍政権がやりそうなことだけど…つまりは、年金未納者の大多数の人たちは、「本当は払いたいけど払うお金がない人たち」だったというわけだ。

この状況を受けて、サラ金で借金させてまで年金を払わせようとするのかな?というところだけど…とにもかくにも、年金を少しでも納めてほしいのであれば、まずは低所得者が年金を納める経済的余力を持てるように、庶民の賃金アップや減税、社会保障を充実させることを優先的に行なうのが筋というものだろう。

そして、免除の対象にもかかわらず、この申請を行なっていない人が多くいたのであれば、免除の制度をもっと大々的に宣伝して、これを積極的に利用するように促す必要もある。
中には、免除対象にかかわらず、これを知らずに満額を支払っている人もいる可能性があり、全ての国民にこれを周知させた上で、免除申請するかどうかを判断してもらうようにしないと不公平なんじゃないだろうか。

とにかく、景気対策も全くダメで、庶民の賃金も全く上がらない状況で、取立てや強制徴収ばかりしか頭にない安倍政権もあまりに身勝手で都合がいいし、これを見ても、年金問題も何もかも、まずは庶民の「貧困問題」をどうにかしない限り、何も始まらないということがよく分かるね。

りのちゃん怒りssa例えば、ベーシックインカムなどを導入すれば、給付額の中から自動的に年金を天引きさせるなどすることで、全ての国民から平等に徴収することが出来ますし、どちらにしても、年金を払うお金すらない国民が大量に存在していることが、何より最大級の問題ということですね…。

どうか、安倍政権がこれら貧困問題を完全放置した上で、サラ金や闇金などで借金をさせてまでも強制徴収に走ろうとしないのを祈るばかりです…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA