【これは期待】猫の腎臓病(腎不全)の進行を抑える特効薬が東レによって開発される!2017年4月から販売開始!

Pocket

どんなにゅーす?

猫の腎臓病(腎不全)の進行を抑える薬「ラプロス」が東レによって開発された。

猫の腎臓病は、10歳以上の高齢猫の半数以上が罹っているといわれており、従来までは有効な治療法や薬は無く、点滴などで腎機能の負担を減らすような対処療法しかなかった。

「ラプロス」は2017年4月から共立製薬が販売を開始する予定で、3年間で3億~5億円程度の売り上げを目指していくという。

スポンサーリンク

東レ、猫の腎臓病治療薬を開発 国が承認

東レは23日、猫の死因のトップとされる慢性腎臓病の治療薬を開発し、農林水産省から承認を取得したと発表した。腎機能低下を抑制する猫用の治療薬は世界初という。4月から動物医薬品大手の共立製薬(東京・千代田)が販売する。慢性腎臓病は10歳以上の高齢猫の半数以上が発症するとされ、治療薬が待ち望まれていた。

腎臓病は猫がかかりやすく、食欲不振などを経て最終的に腎不全になる。これまでは点滴といった対症療法などしかなく治療の選択肢が限られていた。

発売する「ラプロス」は錠剤タイプの薬で1日2回口から投与し、腎臓病の進行を抑える。東レがヒト向けに販売する血管拡張作用のある薬の有効成分を応用した。

【日経新聞 2017.1.23.】

スポンサーリンク

にゃこちゃん驚きssaおおお~~!!
なんとなんと、にゃんこの長年の苦しみの種だった腎臓病に効く薬が開発されたみたいだにゃ!

これは、世の中のお年寄り猫しゃんと飼い主さんには願ってもない朗報だにゃ!!

管理人腎不全は、末期になると体中に毒素が回ってしまって、非常に苦しい思いをしながら生命を奪われていく病なので、確かに、これが本当に効く薬なら、世の猫たちやペット業界にとってめちゃくちゃ大きなニュースだぞ!

このサイトでも、腎不全と消化器型リンパ腫疑いの持病を持つ、ボクの飼い猫エレナの闘病記を書いてきたけど、(最近近況をお知らせするのがすっかりサボり気味になってたけど…;)今でもエレナは慢性的な吐き気と闘いつつも、一生懸命生きているよ。

↓管理人の愛猫エレナ(もうすぐ15歳)もリンパ腫(またはIBD)と腎不全で日々闘病中。

管理人昨年1月の時点で腎不全が結構進んでしまっていたので、おそらくエレナもあれからさらに腎臓が悪くなっていることが予想されるし、もし4月の販売までにエレナが頑張って生きていれば、ボクも是非ともこの薬を使ってみたいね。

ただ、この薬はあくまで腎機能の悪化を食い止めるためのもので、死んでしまった腎機能を回復させるものではないので、重度の腎不全になってしまった猫にはあまり効き目が無いかもしれないけど…どうにかこの薬で、多くの猫が腎不全に苦しんでいる現状が改善されればと思っているよ

にゃこちゃんセーラー口開き笑いssaエレナちゃん、持病の症状は出ているものの、今でも強く日々生きているんだにゃ!
一時期はかなり元気になっていたみたいだし、腎不全とリンパ腫の疑いの状況の中で、1年以上も頑張って生きているなんて、とっても凄いにゃ!

管理人この前ネット上で仲良くさせてもらっている獣医さんからも、同じような言葉と励ましをしてもらったよ。

最近また下痢や吐き気が結構出ちゃって、そのせいで体重が結構減っちゃったけど、まだまだ本人は生きる気力は失っていないみたいだし、これからも、以前に紹介したサプリメント手作り食でケアをしつつ、エレナの面倒を見続けていこうと思うよ。

そして、この薬が実用化するまで頑張ってくれれば、是非とも先生と相談しながらこの薬を試してみたいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket