【恐ろしい】「前川潰し」の読売報道や山口氏の「レイプ揉み消し」の”キーマン”中村格刑事部長、「古賀茂明氏報ステ追放事件」でも暗躍!

Pocket

どんなにゅーす?

・加計疑獄の告発会見を開こうとしていた前川前次官を潰すために読売新聞が流した「怪報道」や、「安倍総理の代弁者」の御用ジャーナリスト山口敬之氏のレイプ逮捕の中止と揉み消しを行なった張本人といわれている警察庁・中村格刑事部長が、安倍政権に批判的な発言をしていた古賀茂明氏が報道ステーションを追放された際にも、背後で暗躍していたことが分かった。

スポンサーリンク

レイプ捜査もみ消し 疑惑の警察官僚は古賀氏排除でも暗躍

安倍首相と昵懇の元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(51)をめぐるレイプ事件もみ消し疑惑に、新事実が浮上した。2015年6月の逮捕寸前、警視庁高輪署員に「待った」をかけたとされる中村格刑事部長(現警察庁組織犯罪対策部長)が、安倍政権に批判的な元経産官僚の古賀茂明氏の排除にも動いていたのである。

古賀氏は15年1月の「I am not Abe」発言をきっかけに、テレビ朝日の「報道ステーション」を降板。その経緯を新著「日本中枢の狂謀」(講談社)で明かしているのだが、古賀氏のクビを決定づけたのは、番組放送中にテレ朝上層部に届いた菅官房長官の秘書官からの抗議メールだったという。この送信主が当時秘書官だったレイプ問題の中村氏、その人なのだ。

5日、日本外国特派員協会で会見した古賀氏はこう話した。

「抗議のメールをした秘書官のひとりである中村格さんが、いま話題の中村さんです。安倍政権の中枢と非常に親しい人物であり、菅官房長官の意を受けて圧力をかけた人物であることに非常に驚いた次第です」

【日刊ゲンダイ 2017.6.6.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍政権と警察官僚との黒い癒着の実態!中村格刑事部長は安倍政権を庇護するためのあらゆる謀略や不正行為に関与か!?

出典:Twitter(@akhila7)

「前川さんつぶし」の読売によるデマ同然のスクープや、山口敬之のレイプ揉み消しを指示した実行役として、以前から中村格刑事部長の名前が挙がっているけど、この男が古賀茂明さんを報道ステーションから追放する際にも暗躍していたことが分かったみたいね!

つまり、安倍政権は、ここまで警察とただれた関係をひっそりと構築していて、安倍政権をサポートするために、警察関係者が汚い謀略を実行しながらあちこちで暗躍していたってことね!

つい昨日にも中村格刑事部長のことを問題視する記事を書いたけど、またまた彼に関するスゴイ情報が出てきたね。

安倍政権と(読売・産経を筆頭とした)マスコミとの汚れた癒着については、今まで散々取り沙汰されてきたけど、最近になって、安倍政権は警察ともかなり汚い関係を構築していた実態が明らかになりつつある

特に最近問題視されているのが、戦前戦中の特高警察を賛辞する思想を持っていることでも知られる北村滋内閣情報官中村格刑事部長で、この中村刑事部長は菅官房長官の秘書官を務めていたことでも知られており、「菅長官の片腕」とも言われているくらいに安倍政権きっての重要人物だと言える。

マスコミ上に流れる野党のスキャンダルやネット上での情報操作なども、この北村氏らが関与し、指揮を執っていると言われており、その性質はまさにナチスのゲシュタポともよく似ていると言えるだろう。

安倍政権に対して批判的な発言を積極的に行なっていた古賀茂明氏が報道ステーションから追放された際も、裏ではかなり色々なことがあったと言われており、何よりもテレビ朝日の上層部に「菅官房長官からの意向(お告げ)」として、中村刑事部長が最上級の圧力メールを送ったことが決め手となったといわれている。

つまり、安倍政権は、あらゆるテレビ番組やウェブサイトなどを日頃から常駐的に監視しており、ブラックリストに載せられた人物やサイトは政権からの粛清対象となり、標的とされた人物があらゆる謀略や嫌がらせ、圧力などを与えられて、表舞台から引き摺り下ろされるような行為が警察関係者によって日常的に行なわれているということだ。

 

警察の権限を大幅に拡大させることに繋がる「共謀罪」によって、安倍政権と警察との癒着は頂点に…

うわぁ…日本の警察がここまで腐りきっているなんて…!
「市民を守る」本来の役割は完全に放棄していて、今や自らの利権のために安倍政権を徹底的に守ることしか頭にないってことね!
何もかもが腐りきっているわ。

さらに怖いのが、安倍政権が強行採決しようとしている共謀罪は、ますますこうした安倍政権と警察との蜜月関係を加速させることは間違いないという点だ。
安倍政権が成立に血道を上げている共謀罪は、警察による市民の監視や捜査の範囲が大幅に拡大する性質を持っていることから、警察側はこの法案を大いに歓迎していることは想像に難くない。

こうなると、警察の主な役割は、実質的に安倍政権に反対したり、批判的な考えを持つ市民を取り締まる方向に向かっていくのは自然なことであり、すでに共謀罪がない現在の時点で「その性質」が如実に露呈してきている。

つまり、共謀罪が成立されてしまうと、ますます山口氏の「レイプ逮捕揉み消し」のような行為や、(逆のパターンでの)抵抗勢力に対する「でっち上げ逮捕」が日常化していく危険性があり、名実ともに「日本のゲシュタポ(平成の特高警察)」が完成されてしまう恐れがあるってことだ。

「共謀罪」と「犯罪のもみ消し」の親和性~権力犯罪の隠蔽も容易となる共謀罪~

そんなのあまりに怖すぎるわよぉーっ!!
もう日本は安倍政権によって、マスコミだけじゃなく、警察までもが狂いまくっているってことだし、このままじゃますます全部が狂いまくって「暗黒社会」まっしぐら間違い無しじゃないのよぉ!!

とにかく、安倍政権が警察官僚と癒着して、このような謀略を日常的に働いているのは”異常事態”の一言だ。
これらの実態についても野党は強力に追及していかなければならないはずなのだけど、どうやら野党も(ややビビリ気味で)なかなか強く出られないみたいだ。

民主主義国家として絶対にやってはいけない”禁じ手”(マスコミ・警察との癒着)を積極的にやりまくっている安倍政権だけに、もっともっと国民が激しくこれを批判し、前代未聞の”無法政権”を早急に終わらせる必要があるんだけど…見たところ、すでにかなりこれを切り崩していくのもなかなか困難を伴う状況になりつつあるのを感じるね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket