【どう見るか】民進党の日本会議系議員、長島昭久氏が離党へ!「共産党との共闘は譲れぬ一線を越える」

Pocket

どんなにゅーす?

民進党の長島昭久議員が離党する方針を固めたことが各メディアで報道されている。

・長島議員は2017年4月7日のブログで「真の保守政治を追求して来た私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は譲れぬ一線を越えることを意味する」などと綴っており、10日に記者会見を開き、正式に離党を発表するという。

長島議員は民進党内にいる日本会議系議員として知られており、蓮舫代表が掲げている野党共闘路線に反発した形。

スポンサーリンク

民進 長島昭久衆議院議員が離党へ

元防衛副大臣の長島昭久衆院議員(55、比例東京)が2017年4月7日、民進党を離党する決意をしたとブログなどで発表した。詳細については、10日の会見で話すとしている。ブログでは7日、

「真の保守政治を追求して来た私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は譲れぬ一線を越えることを意味し、国民の理解も得られないと考えた結果です」
と離党理由を説明した。今後は、小池百合子・東京都知事率いる「都民ファーストの会」との連携も模索するとみられている。

長島氏は、15年10月には民主党(当時)と共産党が安保法案反対で共闘したことに対して、ブログで、

「こんな民主党に成り下がってしまったことが残念でなりません」
などと、当時の岡田克也執行部の姿勢を批判していた。

【J-CASTニュース 2017.4.8.】

スポンサーリンク

長島議員の離党に様々な声!「野党の浄化が進む」「民進党の終わりの始まり」

出典:長島昭久 Twitter

民進党の長島昭久議員が、共産党との共闘を拒否する理由で離党することを決意した模様です。

この離党については、実に様々な声が湧き起こっていますが、確かに、これは実に様々な見方が出来るかと思います。

見たところ、自民党支持者からは「すでに弱体化していた民進党に致命的な打撃」なんて喜んでいる声が出ている感じだし、比較的情報強者の野党支持者の間では「自民党の補完勢力が去ってくれてとても良かった」という声が多い感じだね。

確かに、長島氏は、前原氏らとともに(森友学園疑獄で注目を集めている)日本会議とかかわりを持つ野党議員であり、維新などと同じように、野党を分断し、自民党(CIA政党)の権力強化に貢献する目的で存在している、「CIAのエージェント議員」と見るのがいいだろう。

そもそも民主党がここまでボロボロになってしまったのも、こうした長島議員のような「ジャパンハンドラーのエージェント」が民主党の中に混じっていたのが大きな要因の一つとなっており、彼らが鳩山・小沢勢力のネガティブキャンペーンを後押しし、実質鳩山氏が作った民主党を完全に「乗っ取ってしまった」構図になっていたからね。

そういう意味で、現在の民進党は実質的に自民党の補完政党になりかかってしまっており、長島氏らはその中でも「民進党破壊勢力」の中心的役割を果たしていたので、そうした彼の離党の動きは、かなり大きなファクターであると言えるし、これはやはり彼自身の判断ではなく、「海の向こうからの指示」と考えるのが自然なのではないかな?

スポンサーリンク

そうなると、海の向こうの未来計画書は「小池総理」か!?

確かに、長島議員の離党そのものは、野党共闘を促進していく上ではとてもいい知らせのように思えますが、その一方で、海の向こうが「新たな企み」を始めたと見るのが良さそうな感じでしょうか。

彼の離党の一報を聞いて、真っ先に「小池新党にでも参加するのかな?」と思ったけど、やはりそのような報道がなされているね。

また、都議会の方でも現在7人の民進党議員が離党届を出しており、これらも全て小池新党に参加していく方向で調整していると見ていいだろう。

さらには、(同じCIA政党である)公明党も小池新党と密接に動き始めているし、こうなると、いよいよ小池新党が国内で有力な勢力として頭をもたげていくことはほぼ既定路線となってくる。

都知事選に立候補した時点から、海の向こうの「ご主人様」が小池氏をサポートしていた可能性もあり、もはやこの先のジャパンハンドラーの「未来計画書」に、”小池総理”が構想として入っているのはほぼ間違いないような様相となってきたね。

ただ、現在の安倍政権に対しても、マスコミが日和見のような報道に徹しており、見たところ、まだ強い「安倍下ろし」の運動は発生していないようだ。
こうなると、世論の反応をうかがいながら、安倍総理に総理を続けさせるか、あるいは安倍氏を切り捨てて小池総理のレールに進路変更するか、この「二つの方向性」を天秤にかけながら様子を見ている可能性があるだろう。

もし安倍総理が失脚したとすると、すぐに小池氏にバトンタッチすることは考えづらく、麻生氏や岸田氏などに一旦つなぎ役をやらせてから…という流れになりそうな感じがするね。
(色々な要素を見る限り、麻生氏が有力路線か?)

なるほど…長島氏の離党は、それ自体はいいことかもしれませんが、全体の絵で見ると、ただ単に喜ぶべき話でもないのかもしれませんね。

なんせ、長島氏に限らず、野田元総理や前原氏など、怪しい人物はまだ民進党内にいるからね。
蓮舫氏も、小池氏との連携に色気を見せていた時点でやっぱりちょっと怪しいし、長島氏が抜けたことで即・野党共闘がスムーズに進むのかどうかと言われると、まだまだ不透明であると言わざるを得なさそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket