【長崎市三景台町】元夫が元妻の野中千晶さんを車内で殺害後、自ら首吊り自殺か?昨年に警察にストーカー被害を相談するも事件を防げず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月28日午前11時45分ごろ、長崎市三景台町の路上に止まっていた軽自動車の室内から、野中千晶さん(28)が腹部を刺されて血まみれで倒れて死亡しているのが発見され、その後、付近の住宅で元夫の手水省吾さん(30)が首をつって死亡しているのが発見された。

・殺害された野中さんは、昨年(2016年)11月に警察に元夫に関するストーカー被害を相談しており、定期的に警察と連絡を取っていたという。

スポンサーリンク

刺殺の女性 元夫からのストーカー被害 警察に相談

28日昼前、長崎市三景台町の住宅街に止められた車の中で、長崎県諫早市の野中千晶さん(28)が、腹などを数か所刺されて死亡し、近くの住宅で30歳の男性が首をつって自殺しているのが見つかりました。

警察は、野中さんが殺害されたと見て捜査していますが、自殺した男性は元夫で、野中さんが去年11月、この元夫からストーカー被害を受けていると、地元の諫早警察署に相談していたことが、警察への取材で新たにわかりました。

警察は、野中さんと定期的に連絡を取る対応を続け、今月中旬に連絡を取った際には本人から「異常はない」という報告を受けていたということです。

【NHK NEWSWEB 2017.1.29.】

1

出典:TBS Newsi

出典:TBS Newsi
スポンサーリンク

 

りのちゃん怒りssa警察にストーカー相談をしていた元妻が元夫に殺害され、さらに彼女を殺した元夫も自宅で首吊り自殺という…なんとも悲劇的な事件が長崎市で起こりました。
この事件を見ても実感しますが、やはり新たに厳格化されたストーカー規制法もあまり機能していない上に、警察に相談していても最悪の事態を防げないケースが非常に多いですね。

管理人ストーカー規制法の厳格化についてはこの記事で色々と紹介したけど、予想通りというべきか、この法整備も全く意味を成していないのが現状なのだろう。

警察に相談していても被害を防げないケースもあまりにも多く、ストーカー犯罪の予防の難しさを改めて感じるとともに、前から言っているように、ストーカーを生み出してしまう社会背景やこの状態に陥ってしまう脳内のメカニズムなど、これらの本質を詳しく研究していかない限り、根本的な現象や予防には結びつかないとボクは考えている。

恐らく、ストーカーに対するより深い分析や「いかにしてストーカーを生み出さないか?」に主眼を置いていかない限り、今後もストーカーによる悲劇は減っていかないどころか増えていく恐れもあり、とにかく急いで、もう少し別の角度からこれらの難しい問題に向き合っていくことが重要なのではと思っているよ。

りのちゃん困り2ssa一部では、ストーカーになってしまった人たちにカウンセリングを受けさせたり更正していく施設もあるみたいですけど、まだまだこうした別角度からの取り組みは全く進んでいないのが現状です。
単なる規制や厳罰化ばかりでは根本的な予防や現象に向かっていくのは考えられづらいだけに、もう少し柔軟な思考と抜本的な対策を行政にはお願いしたいところですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket