【異常】森友学園の新設小学校、建設費が国への補助金申請時と府への報告時に2倍以上の開き!国→15億、府→7億!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園による国有地激安払い下げ問題について、国への木造建築に関する補助金の申請時と、大阪府への認可に関わる財政状況の報告時において、建築費に2倍以上の開きがあることが判明。

・補助金受け取り時には15億円前後として国に査定されていたのに対し、大阪府に対しては7億5600万円として建設費が出されていたため、そのどちらか(両方?)において、何らかの不正が行なわれた疑いが生じている。

スポンサーリンク

森友学園、なぜか建設費2通り 国は15億円と査定→府には半額で報告

森友、建築費2通り 国査定15億円、府には半額で報告

学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地を購入し、現地で4月の開校を目指している小学校舎・体育館の建築費について、国が補助決定時に15億円前後とした一方、学園は府私学審議会に7億5600万円と報告していたことがわかった。二つの額に倍の開きがあり、府教育庁は学園に説明を求める方針。

国土交通省や、校舎・体育館の建築費と設計費の補助申請窓口となった「木を活(い)かす建築推進協議会」によると、校舎・体育館は2階建て一部3階建てで、延べ床面積5796平方メートル。学園側は2015年、補助対象事業費を21億8千万円として、1億1875万円の補助を申請した。専門家による評価と国交省の審査で、関連工事費など約3割を除いて査定。校舎・体育館の建築費は15億円前後とみられる。鉄骨構造を採用して一定の耐火性を備えながら、外壁や廊下に木を多く使って木造校舎に見える設計が評価された。15、16両年度に補助金計6194万円が学園に支払われた。

一方、学園は今年2月17日付で府教育庁私学課に対し、小学校の認可条件になっている財務の健全性を示す資料として、14年度から開校10年目の26年度までの収支計画と借入金の返済計画を報告。同22日の府私学審議会で委員に示された。

資料には「建築費7億5600万円」を16年度に支出し、同年度に約3億1千万円を借り入れたなどと記載。他の建築費や借り入れ予定は26年度までの計画欄や注釈に書かれていない。

original

【ハフィントンポスト(朝日新聞) 2017.3.6.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森友学園が不当に建築費を高く見積もって補助金を多く受け取っていた疑いが浮上!森友側「多くもらった分は後で返すつもりだった」

りのちゃん怒りssa森友学園に新たな大きな疑惑が浮上してきました。
すでにマスコミでも伝えられていますが、建設費において、国の補助金受け取り時と府への財政状況を報告時とで2倍以上の開きがあったことが判明

これは明らかに不正の疑いが相当に強いですし、何故こんなことが行なわれたのか、徹底的に調査する必要があると思われます。

管理人これは誤差の範囲内というレベルを完全に超えてしまっているからね。
例えば、補助金受け取り時には建設費が高いほうがより多く補助金を受け取れるし、スムーズな認可に向けて財政状況が好ましいことをアピールするには、建設費が安いほうが認可が下りやすくなる

こう考えると、最悪、両方の建設費を偽って報告した疑いも出てくるかもしれないし、おまけに補助金受け取り時の建設費の算定は国が行なったと報道されている。
となると、国が実際よりもかなり高く建設費を算定したすれば文字通りの大問題だし、こうしたずさんな報告が簡単に通ってしまっていることからも、森友学園にこれらを指南&サポートしているような、何か政治的な強い力がかかっていることを疑わざるを得ない状況だ。

松井府知事もついに「場合によっては法律的に詐欺的なものになる。」とも言い始めているし、ここまで異常なことが目白押しなのだから、籠池氏も含めて当時の国の責任者ともども参考人招致を行なわなければならないだろう。

一体どうしてここまで安倍政権が参考人招致を拒絶し続けているのか…「無関係だ!」と言いつつも完全に行動が矛盾しているけど、国民ももっと強く安倍政権に圧力をかけていく必要があると思うし、なんとしてでもこの巨大疑惑の徹底的な真相究明に努めてほしいものだ。

りのちゃん怒りssaもうすでに、警察や検察が動くべき段階になっているかと思うのですが…とにかくも、国民が強く意思を表明して、まずは国会での参考人招致を求めていく必要がありそうです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket