【ついに】盛山法務副大臣が共謀罪が一般人にも適用されることを認める!「(一般人が)対象にならないということはない」

Pocket

どんなにゅーす?

・金田法務大臣をはじめ、これまで安倍政権は「共謀罪は一般人には適用されない」と主張していたものの、盛山法務副大臣が「(一般人が)対象にならないということにはなりません。」と発言自民党自身が、テロ組織や組織犯罪集団ではない一般人も共謀罪が適用される可能性があることを認めた

スポンサーリンク

“共謀罪”一般人も対象に? 金田法相と副大臣の答弁が・・・

与党が、この法案の審議の際には「常に」法務省の刑事局長の出席を認めることを賛成多数で議決したのです。野党は「金田大臣隠し」だと強く反発しました。大臣と副大臣の答弁の食い違いも明らかになりました。

「組織的犯罪集団と関わりがあるという嫌疑がある人について捜査するのでありますから、一般の方を捜査するものではない」(金田勝年 法相)

しかし、盛山副大臣は・・・

「対象にならないということにはなりません。その性質として対象にならないかもしれませんが、ボリュームとしては大変限られたものになる」(盛山正仁 法務副大臣)

と述べ、一般人も捜査の対象になる可能性を認めました。

【TBS NEWS 2017.4.21.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

法案が審議入りし、中身を詰めていけばいくほどによく見えてきた、共謀罪の「危険性」

どんどんと安倍政権の共謀罪の「本当の目的」が明らかになりつつある状況だけど、ついに盛山法務副大臣まで「一般人も対象となりうる」ことを認めたのね。

古川議員もこの前テレビ番組で「テロを主な目的にしたものではない」って認めていたけど、実際に法案が審議入りして、自民党の法案の中身を詰めていけばいくほど、やっぱりこうした「本質」が浮き彫りになってきたわね。

同じ自民党内でも、金田大臣と盛山副大臣とで話が完全に食い違っているし、共謀罪を取り仕切る法務大臣自身が共謀罪の中身をよく理解していないという、まさに前代未聞の異常事態だ。

こんな状況では、法案を通すことなどできるはずもないし、ボクたちは野党を全力で支援してでも、とにかく今国会の採決を止める必要があるだろう。

あの、後藤謙次さんですら、「呆れてものが言えない」って言っているくらいだもの。
誰がどう見ても、与党による数の暴力で強行的に採決するなんてもってのほかだわ。

この発言については後藤氏の言う通りだろう。
つまり、後藤氏も擁護のしようもないくらいに今の安倍政権は完全にたがが外れてしまっているということだ。

今回の盛山副大臣の発言はとても重いものだと思うし、自民党議員たちの最近の答弁やこの法案の中身が実際に明らかになったことによって、共謀罪が恣意的に一般人をも逮捕できてしまう危険性を秘めた法律であることが分かったはずだ。

まさに、安倍政権による憲法改正「先取り」と言ってもいいくらいの、国民の自由な言論や表現を大きく後退させ、「1億総監視社会」の幕開けと言えるような内容を含んでいるので、とにかく(一時的でもいいので)野党を応援しながら、国民自身がしっかりと反対の声を上げていく必要があると思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket