【森友疑獄】弁護士グループが(国側が主張している量の)ゴミの撤去費用を専門家に依頼→3億8千万円以上過大見積りだったことが判明!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園の新設小学校をめぐる財務省の背任疑惑において、告発している弁護士らのグループが、第三者の1級建築士に国が主張しているゴミの量を元に撤去費用の査定を依頼したところ、3億8千万円以上過大に見積もりをしていたことが判明した。

・弁護士らのグループは、ますます国有財産を不当に安く投げ売った背任の疑いが高まったとして、この鑑定結果を特捜部に提出する予定だという。

スポンサーリンク

森友学園 「ごみ撤去費用は3億円余り過大」独自鑑定

弁護士らのグループは、国が地中のごみの撤去費用を8億円余りと算出し値引きの根拠にしたことが適切だったかどうかについて、裁判所の要請で不動産鑑定を行った経験のある1級建築士に独自に鑑定を依頼しました。

国が説明している量のごみが埋まっていると仮定し、国の積算基準に基づいて鑑定したところ、撤去費用は4億3000万円余りで、国の算出した額は3億8000万円余り多すぎるという結果が出たとしています。
グループは「撤去費用が恣意的(しいてき)に積算された」として近く特捜部に鑑定結果を提出することにしています。

【NHK NEWS WEB 2017.8.31.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよゴミ撤去費用のウソが本格的に露呈!これで特捜も本格的に動かざるを得ない状況になったか

北朝鮮ミサイルキャンペーンで安倍政権が懸命に煙幕を張っている中、森友疑獄も新たな動きを見せております
財務局による背任を告発している弁護士の方々によるグループが、裁判所からの要請で国が主張しているゴミの量を元に専門家に鑑定を依頼したところ、なんと3億8000万円以上も過大に見積もっていたことが判明したとのことです。

まず、これは国側が主張しているゴミが「本当に存在していた」との仮定の下に算出した数字だからね。
当サイトでは以前に、あの田崎史郎氏が「あの場所のゴミ撤去は実際には10億以上かかる。8億しか値引きしなかった国側は2億も得をした」なんて言っていた話を紹介したけど、なんと、8億どころか、5億円台だったという…。

こんな詐欺師同然のインチキコメンテーターが大手を振って日本のテレビに出演し続けているのも驚きだけど、かつてあの土地に住んでいた住民からは、国が主張しているゴミの量に大きな疑問を呈している上に、実際にゴミ撤去を担当した藤原工業による書類によると、実際のゴミの量は100分1程度だったという情報もある。

つまり、国が主張しているゴミの量も本当にあったのかどうかがかなり怪しい状況であり、過大な見積り額は3億8000万円くらいじゃ到底すまない可能性がかなりあるんだよ。

このゴミ撤去の見積りについて、近畿財務局は第三者の民間業者ではなく、異例中の異例ともいえる同じ国側の大阪航空局に依頼しています。
ますますあの国有地が不当なプロセスで森友学園にタダ同然で投げ売りされたことがはっきりしてきましたし、近畿財務局(と大阪航空局)の共謀による背任容疑はこれでほぼ決定的となったかと思います。

いよいよ籠池夫妻だけでなく、国側からも逮捕者が出る展開になっていくのかな。
後は、これら国側の担当者が、なぜここまで籠池氏に国有財産をタダ同然で不当に投げ売りしたのかの動機や理由を徹底的に解明するべきだね。
田中真紀子氏も言っているけど、その背後に昭恵夫人や安倍総理がいる可能性が大いにあるし、せっかくここまでたどり着くことが出来たのだから、最後の詰めを万全の体制で進めていきたいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket