民進党の職員が甲状腺がんを発症!原発事故調査のために福島に何度も訪れる!職員「放射線被曝が原因だと思う」

Pocket

男性に珍しい甲状腺がんを発症、10回以上福島を訪問

出典:素直な自分、楽な生き方・・・・ほどよい暮らし。。。
スポンサーリンク


民進党職員は甲状腺がん 原発事故「被曝健康被害」が次々

民主党政権時代、福島復興を担当していた民進党の男性職員が甲状腺がん(乳頭がん)を発症、手術を受けたことが分かり、関係者に衝撃を与えている。A氏は、原発事故直後から、被災状況の把握、除染現場の視察など、福島県をたびたび訪れていた。

「福島への訪問回数は、確実に10回を超えます。原発事故と私の甲状腺がんとの因果関係は証明されたわけではありませんが、原因となった可能性は高いと 思っています。そもそも甲状腺がんは男性には珍しい。診断した医師は『甲状腺がんの約8割は女性です』と言っていました」(A氏)

【日刊ゲンダイ2016.8.9.】

管理人日刊ゲンダイの記事によると、民主党政権の頃に福島の復興関連の業務を担当していた民進党の職員が甲状腺がんを発症したようだ。

彼は原発事故発生直後から、10回以上福島入りしており、除染現場の視察など、放射線量が高い地域にも入っていたみたいだね。

あおいちゃんかなり困りssaなんか、本人は「原発事故由来の放射能が発症の原因になった可能性が高い」って言ってるみたいだけど、これって本当なの?

管理人確かに本人は、福島の線量の高い地域に何度も入っていたこと、そして、家族や親戚の中でも誰も甲状腺がんに罹った人がいないことから、放射能が一因になっている可能性が高いと言っているね。

これだけの要素では、福島事故由来の放射能が原因になったとは断定しづらいけど、例えば元々身体があまり強くなかったり、免疫力が弱い状態で福島の高線量地域に何度も入っていたのだとしたら、確かに放射性物質が発症の一因になった可能性はあるかもしれないね。

スポンサーリンク

「トモダチ作戦」の米兵も深刻な健康被害が多数

管理人この日刊ゲンダイの記事では、この件に併せて、「トモダチ作戦」に参加した米兵の健康被害についても触れている。

これは、トモダチ作戦に参加するために日本の東北地方沿岸に停泊していた空母「ロナルド・レーガン」の乗組員が、原発事故の放射性プルームにさらされ集団被曝したもので、すでに2名が骨膜肉腫と白血病で死亡、現在400人あまりが東電を相手に訴訟を起こしているようで、米軍の報告書によると、2000人にも上る兵士が呼吸器系・消化器系・甲状腺がんなど、何らかの体調不良を訴えているという。(参考:レイバーネットウィキペディア

このトモダチ作戦の米兵の集団被曝は色々と謎が多いけど、ここまで米兵の健康状態に異常が起こっているのであれば、付近の住民やこの民進党職員のように高線量地域に入っている人が、なんらかの異常を起こしてもおかしくないかもしれない

あおいちゃんかなり困りssaすでに、トモダチ作戦の米兵の二人が死亡しているなんて…そして、2000人もの乗組員が体調不良を訴えているなんて。これって結構衝撃的ね。

こういう話を聞くと、実は表に出ていないだけで、福島でも結構影響が出ているような気もしてきてしまうわ…。

管理人あおいちゃんの言う通りかもしれないね。

そういう意味でも、福島原発の事故調査をしていた民進党職員が甲状腺がんに罹った事実は、結構大きいものなのかもしれんな

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA