米主導の南スーダンへの武器禁輸決議案、安倍政権が予想外の棄権!パワー国連大使「非常にがっかり」

Pocket

どんなにゅーす?

・アメリカなどが主導して採決しようとしていた、南スーダンへの武器輸出禁止決議案について、日本が予想外の棄権をしたことが話題になっている。

・アメリカのパワー国連大使は、日本などの反対した国に対して、「非常にがっかりだ」などと述べ、強い遺憾の意を表明した。

スポンサーリンク

国連安保理 南スーダン制裁決議採択されず 日本は棄権

1

南スーダンでは、自衛隊が派遣されている首都ジュバを除いて民族間の衝突など相次いでいて、アメリカは「これ以上武器が出回り虐殺などに発展するのを防ぐため」として、現地の政府を含む紛争当事者に武器禁輸などの制裁を科す安保理決議案を提出していました。

23日行われた採決では、安保理15か国のうちアメリカやイギリスなど7か国が賛成したものの、ロシアや中国といった常任理事国や日本など8か国は棄権し、決議は採択されませんでした。採決を棄権した理由についてロシアや中国の代表は、「南スーダン政府に圧力をかけ和平を危うくする」としており、日本の別所国連大使も「政府が反政府勢力との対話や周辺国の部隊の受け入れを進めようとする中、制裁は逆効果になりかねない」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2016.12.25.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフリカの「深い闇」に(されるがままに)足を突っ込んでしまった安倍政権、日本は一体どこへ行く!?

りのちゃん困り2ssa国連による南スーダンの武器禁輸決議案、なんと安倍政権がアメリカに逆らい棄権をしたことが話題になっています。

理由は、「南スーダン政府を刺激することで自衛隊がますます危険な事態になる可能性がある」ということですが、これを見ても、日本の自衛隊はかなり危険な状況下に置かれていることが痛感されますね…。

管理人この記事を見ても、(アーミテージ・ナイレポートなどを通じて)南スーダンのPKO派遣も、背後でアメリカの圧力があったことが想像されるけど、この状況を見ると、アメリカの身勝手さというか、日本の愚かしさというか、そのどちらもが如実に浮かび上がってきてるね。

こうした武器禁輸決議を出すのであれば、自衛隊が「駆けつけ警護」に足を突っ込むずっと前に実行すべきだし、少し穿った見方をすると、これは、ロシアに懐柔されつつある安倍政権に対するオバマからの嫌がらせという可能性もあるのではないだろうか?

確かに南スーダン政府も、これを棄権した国を評価しているみたいだし、すでに南スーダンには武器が隅々まで行き渡ってしまっているので、こうした制裁を行なうと、政府側・反政府側ともに(国連派遣という形の)日本の自衛隊が徹底的に標的にされ、血みどろの惨劇が起こってしまう可能性は十分にある

まあ、こういう「最悪の展開」が頭にちらついてしまうことで、棄権をする日本政府の言い分は分からなくもないけど…全ての過ちの発端は、そもそも、ここまでグチャグチャになっている南スーダンに、日本の大事な自衛隊の隊員を易々と派遣してしまったことにある

そういう意味じゃ、日本はアメリカの「罠」にまんまとはまってしまっている状態だといえるし、現に、ロシアにもアメリカにもただ尻尾を振っているせいで、どんどんとマズイ状況に追い込まれてきているわけで、このままでは日本は一体どこに行ってしまうのか?

国民の税金をばら撒くしか能がない安倍政権の「ATM外交」も、いよいよ通用しなくなってきたどころか、このせいでどんどん日本が泥沼にはまりつつあるような状況だね。

りのちゃん困り3ssaそして、いよいよ、日本の自衛隊もいつ戦死してもおかしくない状況となってきました。

一部の情報では、南スーダンで近く大規模虐殺が起こる可能性を指摘しているものもありますし、(当サイトでも以前に紹介しましたが)南スーダンに派遣されている自衛隊の日誌が破棄されている事実も明らかになっています。

残りあと僅かのオバマ政権が日本に次々嫌がらせをしてくる可能性も十分ありえますし、「反知性の極み」ともいえる安倍政権が日本の舵を取り続ける限りは、このまま日本がどんどんと地獄の道に突き進んでしまうのは自明の理といえるかもしれません。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket