沖縄・浦添市長選、自公推薦の松本哲治氏が再選!翁長知事ら推薦の新人又吉健太郎氏は票が伸びず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年2月12日に行なわれた沖縄県浦添市長選挙で、自公推薦の前職・松本哲治氏が3万733票を獲得し、再選した。

・翁長知事らオール沖縄が支援していた新人の又吉健太郎氏は票が伸びず、2万2043票を獲得し時点で落選した。

スポンサーリンク

浦添市長に松本氏再選 又吉氏に8690票差

任期満了に伴う浦添市長選は12日投開票され、前職の松本哲治氏(49)=自民、公明推薦=が3万733票を獲得し、前市議の又吉健太郎氏(42)に8690票差をつけて再選された。争点の一つだった米軍那覇軍港の浦添移設に関し、松本氏は4年前に掲げた移設反対の公約を任期中に撤回し批判にさらされたが、1期4年の市政運営や政治姿勢について有権者から一定の信任を得る結果となった。

過去の市長選で3万票を超えた候補はおらず、松本氏の得票は、市長選が実施された1972年以降、最多となる。投票率は61・37%で、前回(63・3%)よりも1・93ポイント下がった。

市長選では那覇軍港の浦添移設を巡る対応や西海岸開発の手法、公約の在り方などが問われた。松本氏は4年前に軍港移設に反対し当選したが、その後翁長雄志知事や城間幹子那覇市長が移設を認めていることを挙げ「足並みをそろえ公益を重視する」として受け入れを表明。市長選では「覚悟を持って決断した。市民に判断を仰ぐ」として、軍港問題を自ら争点化し訴えを展開した。又吉氏は市長選後の市民投票で移設賛否を判断すると公約していた。

【琉球新報 2017.2.13.】

スポンサーリンク

りのちゃん真面目ssa沖縄の浦添市長選ですが、翁長さんら支援の新人の又吉さんを抑えて、自公推薦の前職松本哲治さんが再選するという結果になりましたね。

管理人市長経験者の前職という点で、いくらか松本氏の方にアドバンテージがあったことは確かとは思うけど、それにしても、結構な票数で又吉氏が負けているのがちょっと気になるね。

最近の動きを見ても、当初の翁長県政の勢いに陰りが見えてきているのは確かで、自公側はこの結果をさらにバネにして、辺野古移設などの在沖縄米軍基地政策をより加速させていくのは確実だ。
翁長知事がこうした事態の打開を図るために渡米したものの、目ぼしい成果を得られなかったのも何らかの影響があったことが考えられ、沖縄全体が本土に引きずられるように、市民が徐々に疲弊し始めてきているように若干見えるのが気になるところだ。

この件などでもぼんやり見えているけど、安倍政権が色々な利権を沖縄に持ち込み、一部の沖縄県民に対して様々な形で買収を進めていることも考えられ、沖縄県内にも確実に貧富の格差が増してきていることや、地主などのお金持ちが安倍政権を支持していることが考えられる。

この傾向が進めば進むほど、沖縄も本土と似たような状況になってしまうことも考えられ、なし崩し的に基地建設もこのまま強行されていく可能性が高まっているといえるだろう。

りのちゃん困り2ssaトランプ政権の誕生に一定程度基地問題の解決を期待していた沖縄県民の失望感が、翁長県政の勢いをますます削いできているような気もします。
私も、安倍政権が地ならししてきた「強者優遇・弱者排除」の世界がより重くのしかかってきていることを感じさせるような選挙結果だったかと思います。

管理人そうだね。よほど大きなきっかけでもない限り、残念ながら、翁長県政がかつての勢いを取り戻すのは少し難しくなってきたかもしれない。

4月にはうるま市の市長選があり、2018年11月にはいよいよ知事選が控えているので、果たしてこれらがどうなっていくか、情勢を見守っていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket