【支持者激怒】マツコ・デラックス「安倍ちゃんなんてバカの象徴じゃない。あれぐらいアホじゃないと、この時期に解散とか普通の神経じゃ言えない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月2日に放送された東京MX「5時に夢中」の中で、タレントのマツコ・デラックス安倍総理による解散強行について、「安倍ちゃんなんてバカの象徴じゃない。あれぐらいアホな人じゃないと、この時期に解散とか普通の神経じゃ言えないし、神経の図太さだったり、病気じゃないとやれない職業だと思う。」と独特の表現で批評し、これに安倍総理の熱狂的な信奉者らが激しく反応。ネット上でマツコに対する怒りの声が殺到している。

・マツコは、これに加えて、小池都知事の政治手法についても辛口に批評。方向性やポリシーが激しくぶれていることなどを指摘し、「(小池さんは)次の次はもうないのでは」と予想した。

スポンサーリンク

マツコ・デラックス 小池百合子氏は「器が小さい」と指摘「バカじゃないと総理はできない」

番組では、日刊ゲンダイが報じた小池氏率いる国政政党・希望の党の話題を取り上げた。衆院選の公認候補予定者が使う写真撮影で、小池代表とのツーショット写真の「撮影料」として3万円を徴収したそう。これは前代未聞のことだそうで、記事は「そんなに金に困っているのか」と報じている。

マツコは、小池氏についてコメントを求められると「器が小さかったかなっていう感じ」とし、「もうちょっと無神経な人でないと、なかなか総理ってキツいよね」と難色を示した。マツコは首相になる資質として「大胆っていうよりは無神経、バカじゃないと総理大臣てできないと思う」といい、「安倍(晋三首相)ちゃんなんてバカの象徴じゃない」と現職の総理にも毒を吐き、スタジオの笑いを誘った。マツコは「この時期に解散とか、普通の神経なら言えない」としながらも、「それを言えるぐらいの図太さ」が必要な職業なのだと主張した。

一方、マツコはあらためて「小池さんは細かい」と分析。今回の一部民進党議員との合流について、是が非でも政権を獲るためにとった策だと思っていたというが、「全然そんな感じじゃなくなって来たから」とその後の印象の変化を指摘。マツコは「今のタイミング逃しちゃったら、絶対総理大臣なんてなれないよ!」と断じていた。

【livedoorNEWS(トピックニュース) 2017.10.2.】

↓話題のシーンは14分50秒くらい~。

出典:YouTube
スポンサーリンク

グローバリストのジャパンハンドラー、マイケル・グリーンが「日本の総理はバカにしかやらせない」と言ったらしい

マツコさんが安倍総理のことを「バカの象徴」なんて表現をして、これを知ったネット上の熱烈な安倍信奉者の人たちが大激怒しているみたいね。
まあ、コメント全体を聞いてみたら、あながち痛烈な批判を言っているわけでもないような気がするけど、また放送局に大量の苦情や脅し文句が殺到するのかしらね?

例えば、小泉進次郎氏の師匠でもあるジャパンハンドラー、マイケル・グリーンが「日本の総理はバカにしかやらせない」って言ったらしいけど、そもそも、自分自身で日本の自立や独立を考える力を持ちあわせていない人物を日本の総理に据えるシステムが強固に出来上がっているんだから、あながちマツコが言っていることは間違っていない気もするね。

哀しいかな、この国は、とりわけ戦後以降は、「海の向こうの宗主様(グローバリスト)の忠実なしもべとして、日本国民の富を徹底的に横流しする思考を徹底的に刷り込まれた(ロボット)人間のみ」が長期政権を築くことを許されておりこの”法則”は、まさしく小泉総理しかり、安倍総理もしかりだ。

安倍総理の家庭教師だった平沢勝栄議員いわく、「私が教えたから安倍くんはあの程度で済んだんだ」と話しているらしいし、云々を「でんでん」と読んでしまったり、「そもそも」の一連の騒動を見る限り、やはり安倍総理はどう見てもお世辞にも頭が良い方だとは言えないし、むしろ一般国民の方が安倍総理よりも学力が高い人が多いくらいだろう。

そういう意味では、高い能力や資質を持つ政治家こそ「日本の総理になることが出来ない」とも言えるだろうし、現在のこの腐ったシステムをどうにかしない限り、日本が国民にとって心身ともに豊かな国になることはなかなかなさそうだね。

そうね。そういう意味では、遠巻きにマツコさんも「そうした意味合い」で一連のこの国の深刻な政治腐敗を皮肉ったのかもしれないわ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket