松井大阪府知事、森友学園認可の背景に国の圧力があったことに言及!「国有地売却のために認可見込みを発表するよう言われた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月13日、松井大阪府知事が、森友学園の学校認可の背景に国からの要請があったことを認めた

・森友学園の新設小学校の認可に際して、当初大阪府の私学審議会が認可について難色を示していたにもかかわらず、その後に突如認可の方向に舵を切ったことについて、松井知事は「当時、国からは国有地の売り渡しを審議会にはかるため、小学校の認可の見込みを発表してくれと言われた。国の担当者が大阪府教育庁の私学課に何度も足を運んでいた」と話し、認可の方向に向かう中で国の圧力があったことに言及した。

スポンサーリンク

大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請

学校法人「森友学園」が大阪・豊中市に建設していた小学校は、認可の申請を取り下げたことで、来月の開校ができなくなりました。大阪府の私学審議会がおととし、条件付きで、この小学校を認可するのが適当だとする答申をまとめていたことについて、松井知事は国有地の売却を早く進めたい国の要請を受けたものだったという認識を示しました。
大阪の学校法人「森友学園」は、来月の開校を目指して、豊中市で小学校の建設を進めていましたが、国や大阪府に金額の異なる契約書を提出していたことなどが相次いで明らかになり、先週、認可の申請を取り下げました。

~省略~

これについて、大阪府の松井知事は13日、「当時、国からは国有地の売り渡しを審議会にはかるため、小学校の認可の見込みを発表してくれと言われた。国の担当者が大阪府教育庁の私学課に何度も足を運んでいた」と述べ、府の私学審議会が答申をまとめたのは、国有地の売却を早く進めたい国の要請を受けたものだったという認識を示しました。

【NHK NEWS WEB 2017.3.14.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに松井知事が学校認可に国から圧力があったことに言及!ついに安倍政権と維新の仲間割れが勃発か?

松井知事が結構な爆弾発言をしてきた感じよっ!

この話が本当なら、ますます森友学園の土地取引と認可の両面で、相当に政治の強い力がかかりつつ、双方が密接にリンクしながら裏で動いていた疑いが強まってきたわね。

そうだね。こうなると、松井知事は国側の「誰か」から要請(圧力)を受け、これに協力をする形で、当初は不認可の方向だったものを無理やり捻じ曲げて、一転して認可の方向に舵を切らせたことが考えられる。

そして、この話を加味すると、国会議員の「誰か」が主導し、橋下氏や松井知事を巻き込む形で財務省と大阪府が連携をしながら、本来であれば絶対に開校できなかったはずの森友学園にタダ同然で土地を与え、さらに学校認可の特別なお墨付きを与えたという構図が浮かび上がってきたと言えるだろう。

すでにこれが「誰」なのかは、言わずともおおよそ分かるような段階にまで来ているけど、この松井知事の重要なコメントに対して、財務省や安倍政権側はどんな反応を示すのかな?

すでに、松井府知事や籠池氏、そして当時の理財局長である迫田氏などの参考人招致は必須の段階にまで来たし、さらに言えば、父親の代からの深い付き合いである籠池氏との関係性を、その場しのぎのウソをついてでも隠そうとしている稲田防衛大臣もかなり怪しいと言わざるを得ない。

この、有機的に複雑に絡み合った巨大疑獄を今後も徹底的に真相を突き詰めていく必要があるし、国民全員が当事者たちの参考人招致を求めて、強く安倍政権に圧力を掛けていく必要があるね。

この松井知事のコメントから、事態は「新たな段階」に入ったかもしれないわねっ!
私もこの先の展開を見逃さないようにしていこうと思うわっ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket