【千葉・松戸市】13歳の中学1年の女子生徒が自殺し、いじめをほのめかすノートが見つかる 教育委員会が公表

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月23日、千葉県松戸市の教育委員会が、市立中学に通う1年生の女子生徒(13)が近所の団地から飛び降りて自殺したことを公表した。

・教育委員会によると、女子生徒は1月10日の朝から行方が分からなくなり、母親が警察に連絡。付近を捜索したところ、死亡しているのが見つかったという。

・女子生徒の自宅からはノートや便箋に走り書きをしているものが見つかり、そこには「いじめっ子に仕返しをしたい」「自殺しようとしたけど失敗した」などと書かれていたという。

スポンサーリンク

中1女子が自殺、「いじめ」示唆するノート 千葉・松戸

千葉県松戸市教育委員会は23日、市立中学校1年の女子生徒(13)が始業式の10日朝に市内の団地から飛び降りて自殺したと発表した。自宅から、いじめをほのめかす内容のノートが見つかったという。同市教委は「いじめの情報はなく、原因とは判断していない」との認識を示したが、今後、ノートの内容などについて調べる。

市教委の説明では、女子生徒は10日朝から行方がわからなくなり、母親が警察に連絡し、死亡しているのがわかった。自宅には女子生徒が書いたノートや便箋(びんせん)の走り書きなどがあった。市教委が警察に確認したところ、ノートには「いじめっこに仕返しをしてみたい」「自殺しようとしたけど失敗した」などと記されていたという。

【朝日新聞 2017.1.23.】

1

出典:TBS Newsi

2

出典:TBS Newsi
スポンサーリンク
スポンサーリンク

りのちゃん困り3ssa今度は千葉県の松戸市で、いじめによる自殺が起こってしまったようです。

ここまではっきりと、いじめを示す物証が見つかっているのに、教育委員会はいまだに「いじめの存在はなかったと認識している」と言っていますが…これはあまりに酷いのではないでしょうか。

管理人日本全国で、いじめによる生徒たちの自殺が絶えないけど、(ボクも学生時代にいじめを経験した身として)そもそも日本社会や学校のシステムの中で、いじめを生み出していくような要素や、これを減らしていくことがどうしても出来ないような構造が多く存在しているとしか思えない

今回の教育委員会の対応もあまりに酷すぎるけど、教育現場の大人たちも、最初から学校のどこかでいじめがあることを知っているし、「それらに出来る限りかかわり合いになりたくないし、向き合いたくもない」という姿勢がありありと見えるんだよ。

ここまでノートや便箋にありったけの走り書きをして、実際に行動に移してしまっている時点で、この子が相当精神的に追い詰められていたことが分かるし、ここまで危険な状態になっていたにもかかわらず、誰も止めることなく、いじめの環境から引き離すことが出来なかったのも、本当に残念だし、悔しいよ。

こういうニュースを聞くたびに、日本にはいじめを助長するような「他とは違っているものを叩く」風潮や、「ムラ社会」のような”集団心理”が助長されるような社会構造があることを感じるし、どうにかして、こういう悪い面を変えていければと思っているんだけど…いじめがいかに卑劣で犯罪同然のものなのかということが分かっていてもなお、まったくこれが減る気配も無いのが、本当に悔しいね。

りのちゃん困り3ssaやはり、大人の社会の中で形成されている「システム」や「価値観」などの中に包含する「負の要素」が子供たちに悪影響を及ぼし、こうしたものが学校内のいじめを生み出し、子供たちを極限まで追い詰めてしまっているのだと思います。

管理人とにかく、いじめがあった時にいつでもすぐに避難できるような環境があれば、少しはこうした悲劇も減らせていけるように感じるんだけど…いまだにこうした環境作りも一向に進んでいないのが何とも歯がゆいし、まずは政治が真剣に教育システムの抜本的な改革に取り組まない限り、なかなかこれを変えていくのは難しいのかもしれないね…。

いずれにしても、こういう事件が起こるたびに、とても情けなくもやるせない気分になるよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【千葉・松戸市】13歳の中学1年の女子生徒が自殺し、いじめをほのめかすノートが見つかる 教育委員会が公表

  1. いつもながら教育委員会の対応は保身に満ちていますね。学校の大人達もほぼ間違いなく分かっているけどいじめを止められないんでしょうね。
    この背景には、先生の労働環境の悪さ、先生という立場の弱さ(子供の親にへりくだらなければならない体制)、つまり先生方自身のゆとりのない状況下がこのようなことを表面化させてしまっているような気がします。
    もしかすると、先生方自身のモラル、道徳的欠如もあると思います。
    それと、もう1つ大切なことは、両親が親身になって接していかなければならないことです。子供にイジメから逃れる道標を作ってあげれば、心に傷は負っても自殺までには至らないと思います。
    結局上記のことが出来なくなっている根本は長時間労働、低収入による余裕のなさが原因で、どこもかしこも殺伐とした状況になってきているような気がします。これからを担う大切な若い人が減ってきている中、このようなニュースは心苦しいです。

    • genkiさん

      >この背景には、先生の労働環境の悪さ、先生という立場の弱さ(子供の親にへりくだらなければならない体制)、つまり先生方自身のゆとりのない状況下がこのようなことを表面化させてしまっているような気がします。
      >もしかすると、先生方自身のモラル、道徳的欠如もあると思います。

      全く同感です。
      教員の労働環境の悪さもよく知られているところであり、はっきり言ってしまうと、非常に複雑で困難な側面を持ついじめに真っ向から向き合う余裕が、心的にも時間的にもないのが現状なのだろうと思います。

      >結局上記のことが出来なくなっている根本は長時間労働、低収入による余裕のなさが原因で、どこもかしこも殺伐とした状況になってきているような気がします。これからを担う大切な若い人が減ってきている中、このようなニュースは心苦しいです。

      家族同士の殺人や動機が不明瞭で突発的と思われる犯罪のニュースなども、そうした日本国民に蔓延しつつある貧困や労働問題、それらから派生する精神的なストレスやうつなどとも無関係ではないでしょうし、日本国民全体に「負の感情」が蔓延しているのをひしひしと感じています。

      特にいじめに関しては、こうした子供たちの「逃げ場所」を作ってあげることを最優先に取り組みべきだと思うのですが…社会全体が本気で問題提起し、本格的な対策に乗り出す機運になかなか繋がってこないことがどうも気になっています。

Comments are closed.