ロシア・プーチン大統領の側近マトビエンコ氏が来日し、安倍総理と対談!「北方領土は渡すことは出来ない」


どんなにゅーす?

・プーチン大統領の側近である、マトビエンコ上院議長が来日。11月1日に安倍総理と対談した。

・マトビエンコ氏は、北方領土について「主権はロシアにあり、渡すことは出来ない」とバッサリ。さらに、「経済協力を行なう場合、ロシアの法律に則って行なうべき」と安倍総理に伝えた。

・同氏は来日中に長崎を訪問する予定で、日本国民にも配慮をしつつ、アメリカに対しても日露友好をアピールする模様。

スポンサーリンク

プーチン氏側近 北方領土「ロシアに主権」

1

2

ロシアのプーチン大統領の側近として知られるマトビエンコ上院議長が来日し、1日に安倍首相と会談した。

マトビエンコ議長は会談後の会見で、北方領土問題をめぐって、「主権がロシアにあることは明らかで、渡すことはできない」とした上で、「北方領土での共同経済活動はロシアの法律の下で行われるべき」だと簡単には譲歩しない姿勢を示した。

【日テレNEWS24 2016.11.2.】

露上院議長 長崎へ 大統領側近、日本と接近アピール

ロシアのマトビエンコ上院議長が今月31日から11月3日までの日本滞在中、被爆地・長崎を訪問することが分かった。複数の日露外交筋が明らかにした。マトビエンコ氏は今年12月に訪日するプーチン露大統領の側近の一人。ロシア政府には日露接近をアピールすると共に、米国の原爆投下を批判し、日米の間にくさびを打つ狙いもありそうだ。
【毎日新聞 2016.10.23.】

 

マトビエンコ氏の言葉は実質プーチンからの「伝言」か

せなちゃん素ssaaマトビエンコさんは、ロシアの中でも相当実力のある政治家の一人で、このメッセージは実質プーチンさんから「伝言」と見るのが良さそうね。

管理人日本の大手メディアは、2島返還や共同統治の案などがかなり前向きに進みそうな風に報じていたけど、やはり、そう易々とはいかないということかな。

それに、プーチンは、国際金融マフィアやネオコン(シオニスト)の従順な手先である安倍総理を内心かなり敵視しており、安倍総理が政権を握っている限り、北方領土に関しては譲歩する気は全くないとの情報もある。

つまり、苫米地氏の言う通りに、アメリカと裏取引をして、ロシアとの自由な交渉を許してもらえたとしても、ロシア側がそれに応じないという事態が考えられるということだ。

まあ、それにしても、マトビエンコ氏が長崎を訪問してくれることはとても喜ばしいことだし、それ自体は感謝するべきことだと思うけど、オバマの広島訪問と比べても、大手メディアの見出しの付け方はあんまりだね~
(意外にもこの中では産経新聞が一番マシ。)

ロシア上院議長が長崎訪問へ 米の加害責任強調狙いか:朝日新聞デジタル

マトビエンコ露上院議長:長崎へ 大統領側近、日本と接近アピール – 毎日新聞

露上院議長が長崎訪問へ 安倍首相との会談も調整 – 産経ニュース

せなちゃん素ssaaほんと、ロシア要人の長崎訪問はゴルバチョフさん以来25年ぶりっていうのにね。

とにかく、北方領土交渉はなかなか難しそうな上、安倍総理もプーチンさんに足元を見られている可能性が高いってことかしらね。

管理人そりゃ、プーチンといえば、現在の世界で最も実力があると言われている政治家だから、当然だね。

年末のロシアとの首脳会談はどういうことになるか分からないけど、特にプーチンの思惑や出方をこれからじっくりと見ていくこととしよう。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA