【風向き変化】大手マスコミ、安倍政権批判報道が相次ぐ!毎日「デフレ脱却のごまかし」朝日も稲田大臣の「武力衝突発言」を非難

Pocket

どんなにゅーす?

安倍政権がトランプ政権に積極的に擦り寄る姿勢を見せて以降、大手マスコミが安倍政権を痛烈に批判する記事を相次いで出してきている

・毎日新聞はアベノミクスの4年間を「”デフレ脱却”のごまかし ”女性活躍”の空疎」と痛烈に非難し、朝日新聞は南スーダンの自衛隊派遣に関する稲田大臣の「9条上問題になるから”武力衝突”という表現を使った」という発言を「参加ありきで判断した発言」などと強く批判している。

スポンサーリンク

特集ワイド
安倍政権4年の「不都合な真実」 首相が語らない結果とは

「政治は結果がすべて」。安倍晋三首相がよく口にするお好みのフレーズである。政権4年の成果を誇る姿をテレビで見た方も多いだろう。なのに私たちの先行きは相変わらず明るく感じられないのはなぜか。国会中継には映らない「不都合な真実」を検証する。【吉井理記】

80年代にも多かった緊急発進 「デフレ脱却」のごまかし 「女性活躍」の空疎
思い出してほしい。安倍内閣が、安全保障関連法案を閣議決定した2015年5月14日のことだ。安倍首相は記者会見で、安保法が必要な理由を国民にこう語り掛けた。

【毎日新聞 2017.2.7.】

「9条上問題になるから『武力衝突』使う」 稲田防衛相

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の日報で現地の「戦闘」が報告されていた問題に絡み、稲田朋美防衛相は8日の衆院予算委員会で「戦闘行為」の有無について、「事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている」と述べた。

PKO参加5原則では、紛争当事者間の停戦合意が参加の条件で、「国際的な武力紛争の一環として行われる、人を殺し、または物を破壊する行為」という、政府が定義する「戦闘行為」があった場合、自衛隊はPKOに参加できない。稲田氏の発言は「参加ありき」で現状を判断しているとも受け取られかねない内容だ。

【朝日新聞 2017.2.8.】

スポンサーリンク

ついに、グローバリストが徹底的に嫌うトランプに擦り寄ろうとした安倍政権に、マスコミからの攻撃が開始?

せなちゃん素ssaaあらら、大手マスコミさんが、急に安倍政権を痛烈に批判する記事をどんどん出し始めてきた感じね。
毎日新聞さんでこんな内容の記事が出てくるなんて、ここ数年くらい全く記憶が無かったし、東京新聞でも中々見ないような尖りまくった批判論調ね。
(言ってることは全くその通りだと思うけど)

管理人うちのサイトでも、ここまで(グローバリストに支配された)西側メディアが横一列で徹底的なトランプ下ろしの報道一辺倒だったところで、安倍政権がそんな(グローバリストに徹底的に嫌われている)トランプに最上級のばら撒きをしようとしている時点で、「これは何かが起こるかも…?」と見ていたけど、一気に今までマグマのように溜まり続けてきた安倍政権批判が噴出してきた感じだね。

これはほぼ間違いなく、経団連などのロスチャイルド系のグローバル企業が、一気に安倍政権に対する攻撃を始めてきたと見て良いかと思う。

全体の流れをもう少しじっくり見ていかないといけないとは思うけど、このまま安倍政権批判の論調がマスコミ全体を支配するようになってくると、大手の世論調査でも一気に安倍政権の支持率が低下していく可能性もあり、日本の内部でもいよいよ大きな動きが起こり始めてきたと見ていいんじゃないかな。

 

安倍政権に対する不都合が報道が連発中、ついに”寿司接待”の神通力も尽きたか?

管理人ここ1週間だけを思い出しても、トランプへのばら撒きに年金が投入される報道が漏れ出ては、南スーダンの破棄していたはずの自衛隊の日報が出されてしまったニュースJOCの竹田会長らが五輪ワイロ疑惑で事情聴取、そして、今回の毎日や朝日の安倍政権批判…と、「悪の親玉」といわんばかりにマスコミが印象操作していたトランプに安倍総理が積極的に擦り寄ろうとした途端、堰を切ったように安倍政権にとって不都合な報道がバラバラと出始めてきている

これは、グローバリスト(ロスチャイルド)からの安倍政権に対する強い脅しであることが考えられ、安倍総理の対応次第では、このまま政権が転覆させられる可能性も出てきたかもしれないね。
ただし、こうなったとすると、安倍政権が倒れた後に誕生するのは、グローバリストにより忠実な傀儡政権が誕生することになるかと思うので、この状況をただ手放しで喜ぶ場面でもないのかもしれない。

とにかく、寿司接待で徹底的に飼い慣らしたはずの大手マスコミがこんな報道を始めていることは、明らかに「何かが起こっている」と考えるのがいいかと思うよ。

(そして、安倍政権がトランプ政権とグローバリストとの”板ばさみ状態”をどのように対応するのかは、かなり要注目だね。)

せなちゃん素ssaaいよいよ、ウソとごまかし、捏造やインチキだけで権力を維持し続けてきた「砂上の楼閣政権」もそろそろおしまいかしらね。

いよいよ迫ってきた日米首脳会談と、それ以降の日本がどう変わっていくか、全く見逃せない状況が続きそうね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【風向き変化】大手マスコミ、安倍政権批判報道が相次ぐ!毎日「デフレ脱却のごまかし」朝日も稲田大臣の「武力衝突発言」を非難

  1. 自民党政権が終わったとしても次はまた民進党でしょうから
    グローバリズムは続くでしょうね
    しかも次の政権は異次元の金融緩和など色々と負を引き継ぎますから
    ババを引いてまたすぐに終わるかもしれません
    そんな中で小池知事が任期を終えて小泉進次郎と共に
    新しい自民党を作ってまた復活したら最悪ですね

    • 反安倍さん

      確かに、安倍政権を終わらせて、その代わりに小池ブームをより盛り上がらせていく線はかなりありそうな感じがしますね!
      こうなると、小池新党が政権を取るまでに成長するか、小泉進次郎氏辺りが自民党内で旗頭になっていくことも考えられます。

      どちらにしても、日本にはグローバリストの傀儡政治家はうじゃうじゃいますので、安倍総理の代わりはいくらでもいるということかもしれませんね…。

Comments are closed.