【鉄砲玉】維新・丸山穂高議員に怒りの声が殺到!安倍政権による共謀罪の強行採決を強力に後押し!「委員長、もういいでしょう!」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権による共謀罪の強行採決を強力に後押ししたとして、維新の丸山穂高議員に批判が殺到している。

・2017年5月19日の衆院法務委員会内で、丸山議員は「委員長、もういいでしょう。30時間以上議論してきた、これ以上は意味がない」などと率先して委員長に強行採決を促し、議場では怒りの声が殺到。ネット上でも「自民の犬」として、同議員への批判が殺到している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

歴史に残る”汚れ役”を買って出た真性売国維新議員、その名は丸山穂高!

出典:Twitter(@masa3799)

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

この議員が、安倍政権の共謀罪の強行採決の引き金を引いた議員なのねっ!
これこそ、自民党と維新が一心同体のインチキ野党なのを示す「動かぬ証拠」じゃないのよ!!

戦後から70年続いてきた日本の平和や民主主義を徹底的に破壊し、かつての荒廃しきった戦前・戦中社会に引き戻す引き金を引いてしまった、まさに、歴史に残る売国議員だ。
ネット上では「自民党の犬」などと徹底的に批判するコメントも相次いでいるけど、確かに、安倍政権が自らの手を極力汚さずに強行採決に結びつけるために、(自民の下請け政党である)維新の下っ端議員である丸山氏に”汚れ役(鉄砲玉)”をやらせ、これらのシナリオを維新と前もって打ち合わせていた可能性はありそうだ。
(おまけに安倍総理本人は委員会を欠席し、全ての追及や責任を他人に押し付け状態…)

丸山議員本人は、安倍政権の役に立てた喜びと、「重役」をやり遂げた達成感から、上のようなツイートをしている様子だけど…あまりに本人の知性が低いせいで、自分自身が安倍政権にまんまと利用されたことに気がついていないみたいだ。

普段から呆れるほどの反知性ツイートを連発しているみたいだし、一体どうしてこんな幼稚な精神性を持った人間が国会議員として当選してしまっているのか…維新議員の質の低さは特に抜きん出ているけど、こうした議員に票を投じた有権者は一体何を考えているのか、不思議でしょうがないよ。

そうよ、元はといえば、こんなチンピラみたいな質の低い議員が当選しちゃったせいで、ここまで国の根底がメチャクチャに破壊されちゃっているんだわ!
私はまだ選挙に行って投票できる年齢じゃないし、一体この現状をどうすればいいのよぉ!!

だからこそ、「愚民化政策」効果が絶大な上に非常に恐ろしいものであり、だからこそ、国民全体の教養や知性レベルを上げていくことが絶対に必要なんだよ。
そうすれば、こんなヤクザやチンピラみたいな議員が当選することもないだろうし、そもそも維新がここまで人気になることもなかったはずだ。

とにかく、今回の件でも分かったように、維新は自民党(清和会・米ネオコン)が作り出した、野党のフリをした与党の別働隊であり、事実上自民党は、見た目の数字以上に、国会の中で凄まじい数と勢力を誇っている状況だ。
これはもはや、議会制民主主義もほとんど機能しないくらいの勢力であり、野党がほとんど存在しない(いてもほとんど何の影響力も及ぼさない)といってもいいくらいで、平たく言えば、今の日本の政治はまさに北朝鮮と同じ状況なんだよ。

まだまだこの現実を理解できていない日本国民が大勢いる感じだけど、それくらいに今の日本は終わりかけている状況なんだ。

そ…そんなぁ~…!!
もう、ここまでやば過ぎる状況の中で、私たちは一体どうすればいいのよぉ…!?

もはや、「だらしない」「信用ならない」なんていう悠長なことを言っていないで、安倍政権の暴走を止めるためだけに、「応急的」にでも野党の支持率を上げて、野党を応援していくことしかないね。
今だって、曲がりなりにも民進党は一応ボクたちの生活を大きく脅かそうとしている共謀罪に強く反対しており、非力ながらも何とかして議会を止めようとしている。

そういう意味ではそれなりに仕事はしているんだから、(将来的にはもっと信頼が置けるような、全く新しい「真の野党勢力」を作り上げていくことが必要かもしれないけど)今は共謀罪に反対している野党を応援して、せめて、議会制民主主義の「本来の機能」を呼び戻すことが必須であると言えるだろう。

結局は回りまわって、私たち国民がまだまだ現状を理解できていない人が多いせいで、こうした事態を招いてしまっているってことね…。
相変わらずマスコミもこうしたことを全然教えてくれないし…私たち自身がもっともっと頑張って、こうしたことを訴えて続けていくしかないってことなのね…。

そういうことだ。
とても道は険しいけど、今後とも根気強くボクたちも頑張っていこう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket