【奇妙】眞子さまと小室圭さんの婚約会見が北朝鮮の核実験とバッティング!ネット上では安倍支持者を中心に「婚約反対運動」が展開される!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月3日、九州の豪雨災害に配慮し、婚約会見を延期してきた秋篠宮眞子さまと小室圭さんとの婚約会見が予定通りに開かれた

・ところが、この会見直前のタイミングで北朝鮮が核実験を強行し、メディアでの扱いが一気に小さくなる状況に。

・これに加えて、ネット上では熱烈な安倍支持者を中心に、眞子さまと小室さんの結婚を激しく反対し、小室さんを誹謗中傷するコメントが大量発生しているとのこと。

スポンサーリンク

眞子さま「今日を迎えられて、ありがたく思います」

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)と、眞子さまの国際基督教大(ICU)の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さん(25)が3日、婚約し同日午後3時から会見を開いた。

眞子さまは、小室さんと初めて2ショットで臨んだ会見に、薄水色のワンピースで登場。率直な思いを聞かれると「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定いたしましたことを、まことにうれしく思っております。婚約発表の具体的な時期が決まる前に、突然に報道されたことにより、多くの方にご迷惑をおかけし、申し訳なく思っておりますが、今日を迎えることができ、ありがたく思っております」とあいさつした。小室さんは「天皇陛下より、お許しをいただきましたことを、大変ありがたく存じます。また、これまで秋篠宮両殿下をはじめ、多くの方々が温かくお見守りくださいましたことに、心より感謝申し上げます」と語った。

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2017.9.3.】

眞子内親王の婚約を安倍応援団のネトウヨがバッシング!「婚約反対」ハッシュタグまで…その理由は?

本日、秋篠宮眞子内親王と小室圭氏の婚約内定会見が開かれる。皇室としては久しぶりの慶事だが、しかし、実はこの間、ネットではこの結婚を非難する声があふれていた。

たとえば、もともと7月に予定されていた会見が九州の豪雨被害に配慮し延期された際、「延期でなく、結婚自体を再考して」「このまま破談になればいいのに」「延期でなく白紙に戻されたほうがいいのでは」「いい機会だから、もう一度この方でいいのか考え直したほうがいい」「皇祖神さまがこの結婚を阻止して下さっている」と結婚を考え直せと訴え、先日の北朝鮮ミサイルJアラート騒動の際も「北のミサイル発射という事態を考えて、眞子様の婚約発表などは無期限延期がのぞましい」「北朝鮮からミサイルが飛んできて、Jアラートがいつなるかわからない状態。9月3日の眞子様婚約内定会見は、中止でお願いします。 婚約も破棄でお願いします」「朝鮮半島有事が解決するまで、延期してください! ちなみに、朝鮮半島は朝鮮戦争から60年以上停戦状態でした。 終戦をいつ迎えられるのかは、知りません」とやはり婚約を無期限延期しろと訴える。

はては、「これは国民の義務として反対すべき縁談」などと息巻き、「#眞子様婚約反対」なるハッシュタグまで作られる始末だ。ちなみにこのハッシュタグは「#がんばれ安倍ちゃん」「#安倍総理支持」というハッシュタグが一緒に並んでいたり、アイコンに日の丸が使われていたりすることから、安倍応援団やネトウヨによるものと思われる。

とくにヒドいのが婚約相手の小室氏に対する攻撃だ。「眞子様の婚約相手も韓国人の疑いがあり、中韓ののっとりの一つです。 断固反対します!安倍さん、皇室も取り戻してください」といったいかにもネトウヨな陰謀論丸出しのヘイトデマ攻撃や、「出自がハッキリしない男性は願い下げ」「どこの馬の骨ともわからない」「内親王の降嫁先としては胡散臭すぎる」などと、いったい何を根拠に言っているのかわからないが、前時代的な差別言辞も並んでいる。

【リテラ 2017.9.3.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「奇妙な偶然」と謎の「婚約反対運動」の背景にあるのは…?

出典:YouTube

北朝鮮が6回目の核実験を強行した中、眞子さまと小室さんの婚約会見が無事に開かれましたけど、なんと、ネット上ではお相手の小室圭さんに対する激しい誹謗中傷と、眞子さまとの結婚を反対する運動が盛り上がっているみたいですね…!

ボクも、こうした運動が盛り上がっていたとは全く知らなくて驚いたんだけど、確かに、小室さんが「朝鮮人」やら「反日」やらの誹謗中傷を受けつつ、かなりネット上で多くの反対運動の書き込みが投稿されているのを見かけたよ。

一体どうなっているのかよく分からんけど、どうやらその背景には、皇統維持への危機感を持つ日本会議などの勢力と、それらの運動に参加しているカルト宗教が絡んでいると見るのが良さそうだ。
事実、それらのコメントの多くには宗教的な匂いを感じたし、民衆を支配するために天皇家を「神格化」する必要のある、「大日本帝国復興」を掲げる思想集団などがこの運動を主導している可能性がありそうだね。

事実、安倍政権は、かねてより自らの支配強化のツールとして、天皇家を利用しようとしている節が見られますし、護憲・平和主義の今上天皇とは、生前退位などをめぐって激しく対立してきた経緯があります。

今回の二人の婚約についても、宮内庁が正式に発表する前に、安倍政権が森友・加計疑獄のスピンとして利用するためにNHKにフライング報道させた疑いがあるし、ごく普通の庶民的な身分である小室さんとの結婚について、「皇室の神秘的なイメージが崩れる」などとの懸念の声が安倍政権に近い勢力から出ているのも確かなようだ。

そう考えると、安倍政権の熱烈な支持者が中心になって、妙な反対運動を繰り広げている背景も何となくうなずけてくるし、それにしても、このように安倍一派や日本会議が強く反対してきた二人の婚約会見のほぼ同じタイミングに(安倍一族とも深いパイプがあると言われる)北朝鮮が核実験を強行したというのも、妙な偶然だね。
これも何か意図的に仕組まれたものなのではと思ってしまうのは、こりゃいささか考えすぎかな?

前回も、思わぬ災害がきっかけで延期になりましたが、ようやく行なわれた会見で「これ」ですからね。
どちらにしましても、不思議な偶然というか、かなりの不運が重なってしまっていることは確かかと思いますが、どうか、こうした様々な障害や妨害に負けずに、お二人にはお幸せになって欲しいと思います。

そうだね。
特に最近の日本では、得体の知れないカルトっぽい連中がネット上に大量に跋扈していて不気味だけど、天皇陛下や宮内庁は二人を応援しているみたいだし、お互いに切磋琢磨しつつ、穏やかで温かい家庭を築いてほしいものだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket