【お?】毎日新聞の世論調査、安倍政権の支持率が10ポイント減の36%!不支持率は9ポイント増の44%で、ついに不支持が支持を逆転!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月17日・18日に行なった毎日新聞の世論調査において、安倍政権の支持率が10ポイントダウンの36%に、不支持が9ポイント増の44%になり、2015年10月以来、初めて不支持が支持を上回った

スポンサーリンク

毎日新聞調査
内閣支持率36% 前回から10ポイント減

毎日新聞は17、18両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイント減。不支持率は44%で同9ポイント増加した。不支持が支持を上回ったのは2015年10月以来。「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法を参院委員会採決を省略して成立させた与党の国会運営や、学校法人「加計学園」の問題への政府の対応などが影響したとみられる。

【毎日新聞 2017.6.18.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎日新聞の世論調査、ついに不支持が支持を上回るも、やはり一定の「不可解」な点が…

わわっ!毎日新聞の世論調査で、こんなに大きく支持率が下がったのね!
しかも不支持率も一気に上がって、支持と不支持が8ポイント近くも大きく逆転したわ!

ほほ~、こりゃまた毎日新聞では結構大きな変化が起こったな。
早速、ネット上での”安倍親衛隊”たちが「毎日の世論調査は捏造だ!」と大盛り上がりしているのが結構笑えるね。

しかし、確かに、どの大手メディアも「全国電話世論調査」と銘打ち、無作為に色々な電話番号に電話して世論調査を行なっているということだけど、それが、報道会社によってこんなにも支持と不支持に差が出るのはどうしてなんだろうかね。

先ほど記事にした、共同通信の世論調査では支持率が44%不支持率が43%で、まだ支持が不支持をわずかに上回っている状況であり、これについてもかなりボクは疑いを持っているけど…やはり、今回の毎日新聞の結果も、少し不可解な部分がある

例えば、今回の結果では、支持率が圧倒的に半数を切っている36%となったけど、不支持の方も44%と半数に届いていない
つまり、20%もの多くの人が「どちらでもないor分からない」と答えたことが予想され、やはり不支持が半数を超えないように、多少細工がされた可能性がありそうな気がする。

なので、基本的には共同通信の結果とも同じで、(先の記事で書いたように)形こそ違えど、安倍政権に「再浮上の最後のチャンス」が(海の向こうのご主人様から)与えられている…と見ることもできるんじゃないかな。

いわれてみれば、36%しか支持率がないのに、不支持率が半数を超えていないというのも、ちょっと変な話よね!
本当だったら不支持が60%を超えていてもいい状態なんじゃないかしら?

そう考えると、共同通信の方は、支持が結構水増しされている可能性があり、毎日新聞の方は、不支持がカウントされなかった部分がある可能性がありそうだ。

やはり、今回の大手メディアの世論調査は、安倍政権の今後の生命線を占う大きな「分水嶺」であり、このまま大きく下落し続け、政権終了が既定路線となるか、あるいは再び復活基調に転じてくるか、現時点では予測が難しい状態だと言えるだろう。

いずれにしても、ボクは安倍政権そのものが、海の向こうに徹底的に操られている”傀儡政権”であると見ているので、今後、ご主人様のご機嫌をどう取るかによって、その運命が大きく左右されそうだね。
(完全に次の政権に挿げ替えられるのがグローバリストらの”既定路線”となれば、有無を言わせず政権終了させられる可能性も…?)

どちらにしても、この結果に浮かれないで、今後も厳しく安倍政権のおかしな部分を厳しく批判し続けていく必要がありそうね!

そうだね。
今後も続々各メディアの世論調査が出されていくので、その数字をよく見ていくこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket