【メチル水銀】マグロやカジキなど、妊婦さんの食べ過ぎに注意!生まれてくる子供が運動機能や知能などに支障をきたす恐れ!


どんなにゅーす?

・マグロやメカジキなどの大きい魚に含まれるメチル水銀により、胎児が運動機能や知能の発達などに支障をきたすリスクが高まることが、2002年から行なわれてきた東北大の調査により判明。

・この調査結果を受けて、妊娠している女性はマグロなどの魚をあまり大量に食べ過ぎないように、同大学が注意を呼びかけている。

スポンサーリンク

メチル水銀 マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響

2002年から、魚をよく食べていると考えられる東北地方沿岸の母子約800組を継続的に調査。母親の出産時の毛髪に含まれるメチル水銀濃度を測定し、子に対しては1歳半と3歳半の時点で国際的によく用いられる検査で運動機能や知能の発達を調べ、両者の関係を分析した。

毛髪のメチル水銀濃度は低い人が1ppm以下だったのに対し、高い人は10ppmを超えていた。世界保健機関などは、水俣病のような神経障害を引き起こす下限値を50ppmとしている。

濃度が最高レベルの人たちの子は最低レベルに比べ、1歳半時点で実施した「ベイリー検査」という運動機能の発達の指標の点数が約5%低かった。乳幼児期の運動機能は将来の知能発達と関連があるとされる。3歳半時点の知能指数検査では男児のみ約10%の差があった。海外の研究で、男児の方が影響を受けやすいことが知られている。

国は05年、海外の研究を基に、妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラムと決めた。厚生労働省はこれに基づき、クロマグロの摂取は週80グラム未満とするなどの目安を示している。今回の調査では食生活も尋ねており、約2割がこれを超えていたと考えられるという。

研究チームの仲井邦彦・東北大教授(発達環境医学)は「目安を守れば、影響は心配しなくてよいと考えられる。魚には貴重な栄養も含まれており、妊婦が魚を断つことは好ましくない。食物連鎖の上位にいるマグロなどを避けサンマなどを食べるなど、魚種を選ぶことが大切だ」と話す。

厚生労働省が定めた妊婦の摂取目安

※週80グラム未満

クロマグロ、メバチマグロ、メカジキ、キンメダイ、ツチクジラなど

※週160グラム未満

キダイ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、クロムツ、マカジキなど

※刺し身なら1人前、切り身なら1切れが約80グラム

【毎日新聞2016.11.28.】

スポンサーリンク

 

マグロカジキ、それにキンメダイなども、食べ過ぎないように呼びかけているみたいですけど…つ、つまりは大き目のお魚について少し気をつけておいたほうがいいということなのでしょうかぁ?

管理人メチル水銀というのは、日本国内の代表的な公害病として知られる水俣病でも問題になった化学物質で、もともと地中に存在している水銀が火山の噴火や鉱山の採掘によって溶け出し、これが水中や土の中で微生物の化学反応などで生成される他、化学工場などから排出されたものが川や海に流れ込むなどして、海の生物にこれが蓄積されているといわれている。

その中でもマグロやカジキなど、食物連鎖の頂点にいる魚に多めに蓄積しているといわれており、これを大量に食べることで人間にもメチル水銀がより多く蓄積されてしまうことが考えられる。

このような話は以前から言われてきたことけど、今回行なわれた調査によって、よりはっきりとそのデータが表に出てきたということかと思う。

もちろん妊婦ではない人たちも、大量に食べ過ぎるのはあまりいいことではないと思うし、特に子供を身ごもっている妊婦さんは、できるだけ気を遣った方がいいということだね。

(ちなみに、妊婦さんの大まかな摂取の上限の目安は、例えば、最も上限が厳しいクロマグロやキンメダイなどで、1週間に刺身1人前程度と言われているようだ。)

みはるちゃん困りssaマグロはとっても美味しい上に栄養価も高そうですし、ついついたくさん食べたくなりそうですけど、特に妊婦さんの場合は比較的小さい魚を食べた方がいいということですねぇ。

管理人それから、今も福島原発事故によって、土壌に蓄積された放射性物質が川や地下水などを通じて海に流れ出ているので、やはり海産物が獲れたエリアについても当面は気にしたほうが良いかと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA