【警戒】安倍政権が前川氏への人格攻撃失敗で新たな”謀略”を準備か!出会い系バーの摘発の噂と「買春でっち上げ逮捕」の危険性も!?

Pocket

どんなにゅーす?

・加計学園疑獄の告発会見以降、関係者からの数々の証言によって人気急上昇中の前川前文科省事務次官に対して、安倍政権が前川氏を徹底的に潰すための「謀略第2弾」を準備しているとの情報が出てきている。

・TOCANAによると、安倍政権が、前川氏が実態調査のために出入りしていた出会い系バーの摘発や、売春役の女性を「用意」した上で、週刊誌でウソの告白をさせる準備をしていることを、ある週刊誌の記者が明かしたという。

スポンサーリンク

「前川潰し第2弾」の醜聞スキャンダルを安倍政権が極秘準備か!? 出会い系バー報道失敗でリトライへ

国家権力が1人の人間を殺す――。それが現実のものとなろうとしている。加計学園に関する一連の問題だ。国の特区制度を利用し、獣医学部設立を申請した同校を官邸が強力バックアップ。それは同校の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相の“腹心の友”であるからにほかならない。しかし、報道各社はどこも及び腰。以前から「森友はいいけど、加計には触れるな」とお達しが出ていたことが作用したと見られる。そんななか、勇気を振り絞って官邸の“忖度”を告発したのが、文科相前事務次官の前川喜平氏。当時の文科省トップが安倍首相からの“圧力”をはっきりと認めているのだから、事態は森友問題とは比べ物にならない。

~省略~

「現在、官邸が前川潰しの第2弾で準備しているのが、くだんの出会い系バーの摘発。売春斡旋を助長したということらしいです。摘発されれば、常連の前川氏のイメージダウンに繋がりますからね。もう1つは、前川氏と“関係”を持った女性のデッチ上げ。その告白記事をどこかに出させるつもりのようです」(同)

【ニコニコニュース(TOCANA) 2017.6.3.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍政権が企てる新たな「前川潰し」の謀略や捏造工作に要注意!

↓清廉潔白な前川氏に対し、安倍官邸がさらなる「前川潰し」を計画か?

出典:Twitter(@CybershotTad)

んなっ!?
安倍政権による「前川さん潰し」目的の読売スキャンダル見事に大失敗しちゃったのを受けて、新たに「スキャンダル第2弾」を準備しているって、これってホントなの!?

うにゃあーっ!!
真面目で一生懸命な前川しゃんをなんとしても潰そうとしている、どこまでも汚い安倍政権だにゃあ!!

なんせ、読売スクープもほとんどガセネタ同然の酷いものだったし、今までも、数々のウソや捏造を駆使して、都合が悪い人や情報を潰そうとしてきた安倍政権なだけに、これは十分に有り得る話だといえるだろう。

前川氏がでっち上げ逮捕される危険性は少し前から一部で言われてきていたし、そうなると、「売春役」の女性を用意した上で、週刊誌でヤラセの告白を行なわせ、その後に前川氏をでっち上げ逮捕するような展開が考えられる。
もう一つTOCONAで報じられているのが、出会い系バーそのものの摘発で、彼が出入りしていたバーを警察にガサ入れされることで、彼のイメージを低下させようという思惑があるようだ。

どちらもありそうな話だけど、中でも警戒するべきは前者のウソの告白記事とでっち上げ逮捕だろう。
今や安倍政権は、ボクが見ても、いよいよ手段を選ばないほどにヤラセや嘘を徹底的に多用してきているので、実際にこの手口が実行されないようにするためにも、こうした情報をあらかじめ出しておくことによって、ある程度の「くさび」を打っておくことも大事なのではと思うよ。

そうよね。
早速、読売のでっち上げ同然のスクープを受けて、安倍総理のお友達のジャーナリスト(須田慎一郎氏)とかに、デマ同然の情報を流させたり、強姦&逮捕揉み消し疑惑の山口敬之氏も、疑惑が出てくる前にはまるっきりのデマ情報含めて、散々怪しげな情報をばら撒きまくっていたわよね。

とにかく、安倍総理の忠実な下僕は重犯罪を犯そうが逮捕されない一方で、安倍総理に屈しない真面目な人々はデマの醜聞をばら撒かれ、でっち上げでも逮捕されておかしくないご時勢だ。
こんな中で共謀罪が強行採決してしまったら、いよいよ完全に暗黒社会の幕開けになってしまうだろうし、前川氏のような、良識と気概のある人たちこそが真に保護されるような社会に変えていくためにも、しっかりとボクたちが権力に対する厳しいチェックを徹底していかなければならないと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket