【加計疑獄】文科省・前川前事務次官が記者会見を開き、「文書は全て本物である」と断言!「証人喚問に出席してもいい」とも!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理の「腹心の友」である理事長に大量の公有財産が横流しされた疑惑のある加計学園疑獄について、2017年5月25日午後に渦中の前川喜平文科省前事務次官が記者会見を開き、安倍総理からの圧力が記されている内部文書について、「全て本物である」と断言した。

・問題の文書について、前川氏は「”総理のご意向”は内閣府からの最後通告だと認識していた」と話し、「公平公正であるべき行政のあり方が歪められた」などと安倍政権の独裁的なやり方を批判した。

スポンサーリンク

前川・前次官が会見“文書”「確実に存在」

前川・前事務次官「私が事務次官の立場で事務次官室において報告・相談を受けた際に、私が担当課である専門教育課から受け取った文書に間違いありません。私が在職中に共有していた文書ですから、これは確実に存在していたわけであります」

加計学園の獣医学部開設を巡っては、内閣府が文科省に対し「総理のご意向」などと言って、結論を早めるよう求めたとする文科省内の文書を民進党が入手している。

これについて前川・前事務次官は、在任中の去年9月から10月に獣医教育を担当する専門教育課の職員から報告を受け、8枚の文書を受け取ったとしている。そして、文書は文科省幹部の間で共有されていたという。

また、文書の中で、「官邸の最高レベル」「総理の意向」などと示されていることについて前川・前事務次官は、こうした説明を内閣府からの最後通告に近いものだと認識していたと話した。

獣医学部の設置認可を巡っては、獣医師の将来の需要に関して担当省庁である農林水産省や厚生労働省から明確な結論が出ないまま、認可を急いだことで、「公正公平であるべき行政のあり方がゆがめられた」と批判した。

【日テレNEWS24 2017.5.25.】

「証人喚問に出る」 前川前事務次官爆弾証言でいらだつ安倍官邸

「証人喚問があれば、参ります」

安倍晋三首相の40年来の“腹心の友”である加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市の国家戦略特区に獣医学部を新設する問題で新展開があった。

内閣府が文部科学省に「総理のご意向」などと伝えた文書の存在を認めていた前川喜平・前文部科学事務次官が25日、都内で記者会見し、自民党が拒否している証人喚問に応じる意向を示した。

さらに「文科省の立場で私が受け取った文書に間違いない」と改めて証言し、安倍政権の弁明と真っ向から食い違う爆弾証言をしたのだ。

【dot. 2017.5.25.】

スポンサーリンク


 

文科省の当時の事務方トップが、安倍政権による「文書の存在は確認できなかった」の調査結果を全面否定!「”ある”ものが”ない”とされてしまうのを認めるわけにはいかない」

ついに、前川前事務次官が記者会見を開き安倍総理からの圧力文書を「全て本物」と断言しました!
安倍政権が一方的に行なった調査結果を全面的に否定するものですし、いよいよ加計疑獄が大きく盛り上がってきました。

前川氏は、記者会見の中でかなり具体的に内部文書を受け取った経緯などを説明しており、彼の証言は信憑性が高そうな感じがするね。

いよいよ安倍政権が、この文書を全力で隠蔽した上で、何とかして真相を闇に葬り去ろうとしていた疑いが強まってきたし、何よりも、多くの真相を知っていると思われる前川氏が表に出てきた堂々と証言し始めたことは非常に大きいだろう。

さらには、前川前次官は「証人喚問にも出席してもいい」とも明言しましたね!

これも、彼が腹を決めて、全てを暴露する決心をしたことを示しているといえるだろう。
記者会見では、(安倍官邸からの指示によって)読売がスクープした出会い系バー通いの件についてもきちんと説明したみたいだし、前川氏は、文字通りに”捨て身”で安倍政権と全面的に戦う決意をしたように見える。

当然ながら、野党は前川氏の証人喚問の実現に受けて本格的に動いていくと思われるので、今後の展開が見逃せないね。

この状況を受けて、安倍政権はますます前川氏への激しい脅しと嫌がらせを次々展開させていくのは確実です。
命の危険も含めて、前川氏には細心の注意を払って今後の告発に臨んでいって欲しいと思います。

一部では、前川氏がでっち上げ逮捕されてしまう可能性を指摘する報道が出ているけど、これも安倍政権であれば十分にありうる話だろう。
場合によっては共謀罪法案の今後の進行に影響が出ていくだけでなく、安倍政権そのものが倒れる状況に結びつく可能性があるだけに、この先の加計疑獄については最上級の注意を持ってウォッチしていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket