【ヤバそう…】民進代表選、中盤情勢で前原氏が優位に立つ!国会議員・党員・サポーターともにリードの状況に!

Pocket

どんなにゅーす?

・民進党の代表選において、選挙戦中盤で前原氏が枝野氏をリードし、優位に立っていることが報道されている。

小池勢力との連携や共産党との共闘打ち切り、増税や憲法改正に前向きな前原氏は、国会議員・党員・サポーターともにリードしており、共産党との共闘推薦、増税反対、脱原発推進などの「国民密着路線」を強く打ち出している枝野氏は善戦しているものの、やや苦しい選挙戦を強いられている。

スポンサーリンク

民進代表選
前原氏が優位保つ 地方にも浸透

毎日新聞は25日、前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)が立候補している民進党代表選(9月1日投開票)について、中盤情勢を探った。党所属国会議員に加え、国政選挙の公認候補予定者と地方議員、党員・サポーターのいずれも前原氏が優勢で、枝野氏が懸命に追う。国会議員の約30人、公認候補予定者の約40人は態度を決めていないか、明らかにしていない。終盤にかけて情勢が変わる可能性もある。

党内主要8グループのうち5グループの支援を取り付けた前原氏は、同党の国会議員142人のうち保守系を中心に82人を固めた。また公認候補予定者は、127人中56人が前原氏に投票するとしている。党員・サポーター票や地方議員票でも枝野氏をやや上回り、総ポイント数851ポイントの半数を上回る勢いだ。

一方、赤松広隆元農相のグループなどリベラル系議員らの支援を受ける枝野氏は国会議員25人の票を固めた。公認候補予定者は22人が枝野氏を支持。党員・サポーター、地方議員票では地元・埼玉県のほか、北海道や三重県などで優位だ。

国会議員票で前原氏がリードする一方、地方議員や党員・サポーター票では枝野氏も善戦。「党分裂を招かない候補は前原氏」(鹿児島県連幹部)、「労組出身者を中心に枝野氏支持は多い」(熊本県連幹部)と評価が割れる地方票での枝野氏の巻き返しが焦点となる。

【毎日新聞 2017.8.26.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよ、「前原氏当選」の方向性が固まりつつある状況か?向かう先は小池勢力との合流による「東京版維新」の誕生へ

やはり、管理人さんが危惧していた通りの方向性が固まりつつあるようです。
この毎日新聞の情勢調査によると、前原氏が国会議員票で大きくリードしているだけでなく、地方議員・党員・サポーターでもリードしている状況とのことです。

枝野氏が野党共闘や増税反対、脱原発を強く打ち出してくれたことはとても嬉しかったけど、それと同時に、何となくこういう展開になっていくことを予感していたよ。
このままでは、増税・改憲推進、小池氏との連携推進、さらに共産との敵対路線を推進している前原氏が当選することになるだろうし、彼がふんわりと打ち出している脱原発もいずれは消えていくことになりそうだ。

やはり現在の民進党は、かつての小沢系議員が多く出て行ったことで、残っているのは財界やグローバリストの多国籍企業、電力業界、そしてネオコン戦争屋に近い勢力が大勢を占めていることが明らかになったし、この前の都議選の結果が「バンドワゴン(勝ち馬に乗る)効果」として悪い方向に行ってしまっていることも明らかになってきた。

こうなると、ボクが繰り返し言ってきたように、この先の日本に待っているのは、かつて大阪で起こってしまった「維新の台頭」と同じようなことが東京で起こってしまうことに繋がり、これが全国に波及することで、安倍政権とほとんど本質は同じの「エセ右翼&急進的グローバリズム政党」が”偽装野党”という形で強力に君臨していくことに繋がっていくだろう。

本当に恐ろしい事態が徐々に見えてきました…。
安倍政権の弱体化とともに、それに変わるネオコン・グローバリストの強力な傀儡勢力がいよいよ日本国内に頭をもたげてきそうですね。

この、海の向こうの資本勢力主導の流れにくさびを打つには、やはり既存政党に頼ることなく、まったく新しい形の「国民密着型の強い野党」を国民が主体となって作り上げていく他無いような気がする。
あくまで今いる政治勢力だけでどうにかしようと思っても、もはやどうにもならないほどに、良心的な政治家の多くがすでに駆逐されてしまっている状況なので、このままだと、どんどんマズイ方向に向かって行ってしまうだけのような気がしているよ。

この民進党の代表選一つを見ても、そうした巨大資本勢力の強い力や、あらゆる国民誘導や洗脳工作が展開されていることを感じずにはいられません。
まだ代表選の結果は確定していませんが、どうか終盤での枝野さんの巻き返しを期待したいところです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket