【錯綜】民進・前原代表が「無所属で出馬」との情報が飛び出す!希望の党への突然の「合流報道」に民進内から多くの反発!共産も不快感!

Pocket

どんなにゅーす?

・小池都知事の希望の党との合流を強く求めている民進党の前原代表が、次期衆院選に無所属で出馬するとの情報が出てきている。一方で、この報道を泉健太衆院議員が強く否定する動きも出ており、様々な情報が錯綜する状況に。

・また、前原氏のこの動きに対して、民進党内では多くの議員が強く反発しており、合流がスムーズに行なわれるかどうかは現時点で不透明。民進や自由などとの共闘を求めていた共産党の志位委員長も不快感をあらわにしている。

スポンサーリンク

衆院選
民進党の前原誠司代表が無所属で出馬へ

前原氏「安倍政権終わらせる バラバラでは選挙に勝てない」
民進党の前原誠司代表が10月22日投開票で行われる見通しの次期衆院選に、自身は無所属で出馬するとの意向を、周辺議員に伝えていることが分かった。前原氏は「どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる。野党がバラバラでは選挙に勝てない」などと述べ、民進党が届け出政党とはならず、公認候補を擁立しない方向で調整している。【統合デジタル取材センター】

【毎日新聞 2017.9.27.】

共産委員長「自民党政治と同じ」

共産党の志位委員長は、千葉市で記者団に対し「新党が改憲の立場を打ち出し、安保法制を容認することになると、自民党政治と同じで、自民党に対抗する旗を立てることはできない。野党共闘の一丁目一番地で追求してきた安保法制の廃止、立憲主義の回復という点で、希望の党はまったく違う」と述べました。
また、志位氏は、民進党の前原代表が、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池知事が代表を務める新党から立候補させたいという意向を示していることについて「注視せざるを得ず、よく見極めて行動していきたい。野党4党は、これまで何度も『結束して、安倍政権を倒していこう』という党首合意を結んでいる。公党間の合意をきちんと守っていくことが大事ではないか」と述べ、不快感を示しました。

【NHK NEWS WEB 2017.9.27.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

衆院解散を目前に控え、様々な報道が錯綜!どれが本当なのかが分からない状況に…

出典:Twitter(@office50824963)

衆院解散が目前に迫ってきた中で、いろんな情報がグチャグチャになってきてて、どれが本当なのか分からない状況だわぁ!!
前原さんが無所属で出馬するなんていう情報が出てきたかと思ったら、泉議員がこれを「誤報」と否定する状況だし。
もう私には何が何だかチンプンカンプンよぉ~!

野党内が相当バタバタしている中で、情報が完全に一人歩きしてしまっている状況なので、ここは一つ落ち着いて、冷静に事を見守るのがいいかもしれないね。
前原氏による無所属出馬の情報は報道ステーションでも報じられており、もしこれが完全な誤報なのであれば、しっかりと前原氏本人が強く否定した方がいい

そして、やはり共産に近い反グローバリズム系民進議員からは、希望の党との合流(吸収?)に対して強く反発しており、見たところ、現時点で落とし所がまだはっきり見えていない状況だ。

色々な報道の断片をつなぎ合わせたところ、どうやら小池氏に野党勢力を結集させる動きは、連合の神津会長が裏で手を引いている可能性があるかもしれない。
こうなると、共産党は小池百合子氏を中心にした共闘から外される可能性が出てくる。

志位委員長もこの動きにすかさず釘を刺しているし、確かに志位氏の言っている「これでは自民党政治と同じものが出来てしまう」という危機感を露わにしたコメントは全くその通りだ。
しかし、このままではいよいよ共産党が孤立&弱体化することで、自動的に与野党を通じた強大なグローバリズムの流れが形成されていってしまうことに繋がり、現実的に非常に難しい展開になってきているのも確かだろう。

ひとまず現状の動きをまとめるとこんな所かと思うけど、明日の報道でも大きな情報が複数出てくることが予想されるので、しっかりと情勢を注視していくこととしよう。

なんだか、国民や野党の間で盛り上がってきていた「アベ独裁にNO」の大きな機運が、「おかしな方向」に利用されそうな動きになってきたわね。
結局は、日本を海の向こうから操っている支配層からすれば安倍政権でも他の政権でも国民の富を外部に流出させる「グローバリズム」だったら何でもいいわけで、結局は国民から遠いところで色々なものが激しくうごめき始めているような気がするわ。

この先どうなっていくのか分からないけど、一体どうなっていくのか気をつけて見続けていこうと思うわ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket