【騒然】前原氏の地元京都での街頭演説で「帰れ」「裏切り者」コール!小池氏との協力による野党分裂の事態に有権者から怒りが爆発か!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月4日に、民進党の前原代表が地元の京都で街頭演説を行なったところ、有権者の間から「帰れ」コールが沸き起こった。

・「自民の補完勢力」とも言われる小池氏の希望の党に民進党が合流する展開を発端にした「野党の分裂」の事態に、有権者から怒りが広がっている様子が浮き彫りとなり、前原氏にとってはかなり厳しい選挙戦になることが予想される。

スポンサーリンク

前原代表 地元京都演説で「裏切り者!」ヤジ罵声飛び緊迫

野党混乱渦中の、民進党・前原誠司代表(55)が4日夕、地元の京都市内で街頭演説を行った。演説中は地元からの拍手も受けたが、終始聴衆から「裏切り者」「恥ずかしないんか」とヤジが飛び、「帰れ」のプラカードが掲げられるなど、緊張した空気に包まれた。

同市伏見区で行った演説では、近くに警察車輌も停まり、ピリピリした雰囲気。前原氏が笑顔で登場するといきなり「よう来れたな!」「詐欺師」と厳しい声も飛んだ。

希望の党との合流を巡り党分裂した経緯を「想定内」と発言して猛反発を招いており、注目を集めた演説は地元の思い出や、宇宙戦略の話が始まり、会場に微妙な空気が漂う一幕も。後半に安倍政権を批判し「我慢の限界。安倍政権を存続させることは不幸だ」と気炎をあげ「対抗できる大きな塊を作りたかった」と訴えた。

会場には京都弁で「はよ、帰りよし(早く帰れ)」と書かれたボードを掲げる聴衆もおり、前原氏が「我々、野党第1党が!」と言うと「もう、違うやろ」「希望は野党ちゃうぞ」と突っ込むヤジも飛んだ。

その後は、約30分、近くの商店街を練り歩き、笑顔で買い物客や商店主らと握手。大半は握手に応じて、女性の集団から激励も受けたが、露骨に握手を拒否される場面もあった。周辺で「小池にはまってさあ大変♪」と歌う人もいた。

【livedoorNEWS(デイリースポーツ)2017.10.4.】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前原氏の地元・京都での街頭演説においても有権者からの怒りが爆発!「”小池”にはまってさあ大変♪」との声も!

出典:Twitter(@info_9)

小池さんの希望の党との突然の合流劇によって、民進党の分裂と野党の大共闘を壊してしまった民進党の前原代表ですが、ご覧のように地元京都での演説で「帰れ」コールが沸き起こってしまったようです。

ネット上においても、野党支持者からの前原氏に対する怒りの声とブーイングは凄まじい状態だからね。
まあ、今までもかなり嫌われてきたけど…ここまで野党支持者から忌み嫌われる野党政治家というのもほとんど聞いたことがないね(^^;

それだけ、今までも与党自民党に自ら塩を送るような行動ばかりを繰り返してきたし、今回の一連の行動はまさにその「集大成」と言えるようなものになってしまった。
従来の野党共闘みたいに、ある程度の選挙協力だけで済ませておけばこんな事態にはならなかったのではと思うけど、結果的に、民進党が希望の党に吸収されるような展開によって野党が完全に分裂する展開となってしまい、このせいで倒閣寸前だった安倍政権にとっては一気に有利な展開になってきてしまった。

それでも「全てが想定内」なんて言いつつ、必死に強がっている様子が見られるけど…もし本気で安倍政権を倒すためにやったのだとしたらこれほどセンスがない政治家は見たことがないし、もし狙い通りやったのだとしたら、今まで噂されてきた自民党を助けるために存在しているCSIS(グローバリスト)のエージェントという話本当だったということだろうね。

私も、ようやく悲願の野党の一本化が出来そうな寸前でのこの展開に、大きく失望しましたし、ここまで有権者から怒りの声が殺到するのは当然かと思います。

これでもし前原氏がダントツ当選でもしたら、いよいよ不正選挙の可能性を疑わなければならなくなるかもしれないけど…とにかく、地元でもかなり彼に対する怒りの声が噴出してきているのは、この一件を見る限り確かなのではないかな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket