【共謀罪】民進党などの野党議員が廊下を塞ぎ採決を阻止するも、事態は厳しい状況!14日夜~15日早朝に強行採決の見通しに!

Pocket

どんなにゅーす?

いよいよ安倍政権が共謀罪を参院本会議で強行採決する可能性が高まってきている。

民進党などの野党は、女性議員を前に出して廊下を塞ぎ、強行採決を阻止しているものの、事態は厳しい状況。6月14日深夜から早朝に共謀罪が強行的に可決・成立する見通しになっている。

スポンサーリンク

“共謀罪”法案 民進党は廊下ふさぎ抵抗も

共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案をめぐり、自民党は委員会での採決を飛ばして参議院本会議での14日中の採決を目指す方針。委員会採決を省略するという異例の強硬手段には、自民党内からも「やり過ぎだ」との声が出ている。

自民党は参議院本会議で金田法相の問責決議案を否決した後、委員会採決を省略する「中間報告」という形で組織犯罪処罰法改正案を採決する方針。

これに対して民進党の女性議員らが、早くも国会の廊下をふさぐ作戦に出ている他、野党側は内閣不信任決議案の提出などあらゆる手段を使って徹底抗戦する方針。

ただ現状では法案は15日朝までには成立する見通し。

【日テレNEWS24 2017.6.14.】

スポンサーリンク

 

い、いよいよ、歴史に残る暴挙が本気で行なわれる瞬間が近づいてきているのね!
国会審議から何から何まで、こんなにメチャクチャなやり方、許されるはずもないわ!!

狂っていますですぅ~!!
こんなにルールも無視したやり方、絶対に認めませんですぅーっ!!

うにゃあ~!!
共謀罪、絶対反対なんだにゃあ!!

民進党などの各野党も何とか必死に阻止している状況だけど、事態はとても厳しい状況であることは変わりない。
このままでは深夜から翌朝に共謀罪が強行採決されてしまう見通しで、よほどのことがない限りこのままやられてしまいそうだ。

とにかく酷いのは、維新もさることながら公明のペテンぶりだ。
今までは曲がりなりにも、自民党の暴走を止める「お目付け役」を偽装していたものの、今や完全に自民党と一緒になって共謀罪の強行採決に全面協力する始末だ。
このやり方について、自民党内からですらも異論が出ているというのに、一体どうなってるのか。
つまり、それだけ、(安保法と同様に)安倍政権にとっては、よほど絶対に今国会で成立させなきゃいけない、テレビなどで報じられないような「裏事情」があるということだろう。

どちらにしても、非常にヤバイ状況であるには変わりなくいよいよ日本の姿が大きく変えられてしまう瞬間が近づいてきていると言えるだろう。

何が何でも、最後まで絶対に諦めないんだから!!
国会前にも続々抗議の声が集まってきているみたいだし、最後までずっと反対の声を上げ続けていくわ!

にゃこも絶対最後の最後まで諦めないんだにゃ~!

私も皆さんと一緒に頑張りますですぅ!!
共謀罪、絶対に反対ですぅーっ!!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket