こういう批判コメント(苦情?)が来たので紹介します!

Pocket

管理人こんにちは!ゆるねとにゅーす管理人です。

さてさて、年も無事に明けまして、管理人も束の間の休息を取ろうと思いつつも、各所での新年の挨拶などに追われつつ、結局普段とあまり変わりない忙しさを過ごしております。
皆さまは楽しく穏やかなお正月を過ごしていらっしゃいますでしょうか?

今回は、新年早々に(記事のネタとして使えそうな)中々興味深い苦情(?)というか「叩きコメント」が届きましたので、これを紹介しようかと思います。

スポンサーリンク

「米軍が救出したことに触れていない」から”偏向サイト”認定!?

【横須賀市小川町】「さいか屋百貨店」の立体駐車場の5階から車(ワンボックス)が転落!男女3人が死亡し、2人が重傷!

管理人この、横須賀で発生した3名の方が亡くなられた痛ましい事故ですが、後に多くのメディアにて、すぐ近くにある米軍基地の人たちが大きく潰れた車の中からケガをした男の子の救出に協力したとの情報が出ています。

(上の記事のコメント欄を見ていただくと話の大筋が分かるかと思うのですが)この苦情コメントを投稿した方は、「米軍兵士が真っ先に助けた情報を載せていない」「だから、とんでもない偏向情報サイトだ」とうちを叩いていらっしゃるわけです。

事故が発生し、これを伝える第一報が出た直後くらいにこの記事を作成したのですが、実は、まだその時点では報道機関によって情報に若干のばらつきがあり、どこまでそれらの情報の精度が高いものなのかが分かりかねた状況でしたので、こういう場合には、若干手探りをしながらソースを選びつつ、慎重に情報を載せていく必要があったりします

例えば、同じ米軍の件でいえば、オスプレイが沖縄で墜落した際も、第一報の大手メディアの報じ方はまさかの「着水」だったわけですが…これも大手メディアの内容通りに記事化していいものか、様々なソースを確認していたところ、一部メディアが出してきた事故機の写真を参照した結果、当サイトは「墜落」と表現することを決断し、記事化したわけです。

今回の事故の件に話を戻しますと、確かに「米軍関係者が救助活動に参加した」とのソースは一部で出ており、当初はその内容も記事の中に掲載したのですが、これらの情報がどこまで正しいものなのかの確証がその時点で持てなかったために、迷った挙句、この時点では掲載を見送ったわけです。

何故、ここまでボクがどうするべきか迷ったのかといいますと、この報道を利用して「ここまで米軍は日本の為に尽力してくれている、だから日本にとって在日米軍は絶対に必要だし、日本も米軍に忠誠を誓うべきだ」といった論調に持っていこうとする勢力(=この件を政治利用しようとする勢力)が、間違いなく出てくることを分かっていました。
だからこそ、こうした話が一人歩きし、より誇張されて報じられる可能性も頭によぎり、この情報についてはとりわけ慎重に扱うべきだと考えたわけです。

・・・とまあ、そういった経緯もありつつ、現在でも当該記事では米軍関係者の方々が救出に協力した旨を掲載していない状況(記事を作成した当初のまま)でありまして、これをこの方は「マスゴミと同じくらいの偏向報道だ!」と叩いているわけですが、、、そもそも(「自己責任」や「風評被害」なんかとともに)最近妙にネット上で目にする単語である「偏向報道」って、一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

「偏向ではない」「公平中立」な報道なんて、そもそもこの世に存在しない

管理人そもそもよく考えてみると、「一般の日本人が救出活動を行なったこと」「米軍関係者が救出活動を行なったこと」を区別して、「米軍関係者が救出したことは絶対に報道しなければいけない」って、なんか変に思いませんでしょうか?

そもそも日本人でも米軍の兵士でも、事故に遭った人を必死に救出する行為自体、どちらも勇敢で尊敬されるべきものですし、同じ重みであるはずです。
当該記事では、「日本人が救出にあたった」とも「米軍関係者が救出にあたった」とも、どちらとも書いておりませんし、にもかかわらず、この方は「米軍が救出したことを書いていない」ことを理由に、「偏向報道サイトだ!」と断じているんですね。

この時点で、この方が主張していることそのものが「偏向している」ことは完全にお分かりかと思いますが、よくよくさらに考えてみると、「偏向報道ってとどのつまりは一体何なの!?」ということにぶつかります。

この方の頭の中では、「米軍の活躍」を欠かさず紹介することが「偏向ではない公平中立な報道」なわけですし、その一方で、ボクにとっては「偏向報道」という言葉自体がある意味インチキで、「論理破綻」していると考えています

つまり、「偏向報道」なんてものは存在しないというか、逆説的にいうと、この世にある情報サイトや報道機関そのものが全て「偏向している」わけなんですね。

たとえ、一切の私情や意見を挟まず、事実を淡々と述べるだけのニュース番組であったとしても、「どのニュースを取り上げるか」「この事件をどこまで伝えるか」など、結局全ては、制作する側の思想やセンス、権力からのしがらみなど、作り手側の「さじ加減一つ」によって決まるわけですし、これも世の中全ての人が目にすれば、必ずどこかの誰かが何らかの不満を持ち、「偏っている」と感じるのは必然なわけです。

・・・ボクが何を言いたいのかと言いますと、つまりは「偏向報道」という言葉を用いて、事あるごとに(今回の件のように)対象にするものを叩いている人たちは、(意識・無意識にかかわらず)この「言葉」を”正義”のごとく自在に振りかざすことで、自らにとって面白くない(=都合が悪い)番組やサイトを潰そうとしているということなんです。
(アメリカでにわかに始まっているトランプ応援サイトを「ロシアの支援を受けた偽情報サイト」と決め付けて、これを潰そうとしている運動も、基本的には構造は同じです。)

「自己責任」や「風評被害」もそうですが、知恵のある「黒幕」が、こうした「魔法の言葉」を編み出し、市井の人々がその”欺瞞性”に気がつかないようにあれこれ工夫をしながら、こういう言論弾圧や洗脳の仕掛けを行っているというわけです。
恐らく、こうした言葉を振りかざしてサイト叩きに励んでいる人たちは、あまり深いことは考えず、(それが「正義」だと信じた上で)こうした風潮にモロに影響を受けてしまっているか、上からの「指示通り」にただ従順に行動しているだけでしょう。

つまり、この世に存在するありとあらゆる報道機関も情報サイトも、全てが「偏向」していますし、それでいいんです。

だからこそ、「報道の自由」は絶対に必要なわけでして、頭の中が「一つのもの」に凝り固まらないように、色々な考えを持つキャスターやコメンテーターの存在と、多様な生き方やスタンスを持つ各人が、権力や営利団体からのしがらみのない自由な意見を述べる、多くのニュース番組や情報サイトが必要ですし、国民は(民主主義的な思考を得るためには)「それ」を求めていくべきなんです。

だからボクは、いちいちどこかの「安倍礼賛&野党叩きサイト」に対して「偏向サイトだから今すぐ閉鎖しろ!」なんてわざわざコメントしにいったり威嚇したりしませんし、それぞれがそれぞれの立場に応じて自由にやっていればいいと思っています。
ですがその分、自民党支持者にとって面白くないような(うちのような)サイトを「偏向サイトだ!」などと中傷しにやってきたり、「偏っている」ことを理由に脅しや弾圧を行なうような行為については、断固として反対をしますし、こうした「偏向報道」という”まやかしの言葉”を駆使して、自民党にとって邪魔な番組やサイトを潰すようなやり方は、道徳的・民主主義的な観点では、絶対に間違っていると思っています

・・・てなわけで、こうした安倍政権やネット支持者(工作員)の欺瞞や矛盾、おかしいと感じた部分を細かく分析し、強く批判し続けている、いわゆる「偏向しまくり」な当サイトではありますが(笑)、こんな奇特なサイトを気に入っていただけている方は、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

6 Comments on こういう批判コメント(苦情?)が来たので紹介します!

  1. 情報を発信するものにとって、より正確な情報を受け取り手に与えたいと思うのが普通だと思います。なので、信憑性が高くないものを軽々と発信することを情報提供者はしないように努力していられると思います。
    特にネットという匿名性が高いものに関しては責任という意識が発生しづらい場所でもあると思うのです。なので、ネット内での情報発信は個人の責任感(有益な情報を届けたい)が重要なところだと思います。
    当サイトはなるべく中立の立場を貫いた上で、事実を元に反対意見を述べたり、読者にどう思うか考えさせるように工夫がなされているので、とても偏ったものだとは思わないですね!意見の押し付け、事実とは異なる方向に導く故意な誘導はとても危険です。
    大切なことは、事実を述べた上で人として道徳的に正しい判断が出来ること、そして、柔軟で温和な思考・思想だと思っています。
    後、もし間違えているなと自分で思ったときに素直に認められるかですかね。
    これからも恐らく色々な攻撃があると思います。大変だと思いますが、応援しています。
    年明け早々長くなりました。これからもちょいちょいコメントしていくのてよろしくお願いします!

    • genkiさん

      こんばんは!(^^)
      日々限られた環境や条件の中で「どうすれば、社会的に決して恵まれていない立場にある99%の読者の方に、真に有益な情報をお伝えすることが出来るか?」と暗中模索しながら日々取り組んでいる中で、何よりもこのようなお言葉をいただけることが、嬉しくも救われる瞬間でありますし、情報発信者の端くれとしまして、ここまでもったいなさ過ぎるお言葉をいただけて、本当に光栄です!!(泣)

      >当サイトはなるべく中立の立場を貫いた上で、事実を元に反対意見を述べたり、読者にどう思うか考えさせるように工夫がなされているので、とても偏ったものだとは思わないですね!

      ボクも、なるべく「絶対にこうしなければだめだ」といった強く断定するような書き方を控えつつ、なおかつ、かつての報道番組の重要な要素であった「キャスター自身が自身の見解や意見をしがらみなく自由に述べる」という要素を欠かさないように意識しておりまして、その双方のバランス感覚と、なるべく多角的な視野で読者の方に多くの情報を捉えていただけるように、色々と検討した結果、(まるで報道番組のキャスターと相槌を入れる女子アナのように)複数のキャラクターを動かし、会話するような形式でニュースを評論するスタイルを思いつき、実際にこのスタイルを(通常の記事においては)サイトを開始以来、ずっと一貫させております。

      こういう趣旨のものは今までの情報サイトではあまりなかったスタイルかと思われますし、ある意味一つの「実験」というか「挑戦」でもあったのですが、こうしたスタイルがこうやって多くの方々に好意的に受け止めていただけて、本当に良かったと思っています!

      >大切なことは、事実を述べた上で人として道徳的に正しい判断が出来ること、そして、柔軟で温和な思考・思想だと思っています。
      >後、もし間違えているなと自分で思ったときに素直に認められるかですかね。

      ボクも全くその通りかと思います!
      玉石混交のサイトが乱立する中、読み手側にとってもある程度の情報リテラシーが必要とされる現状がある一方で、情報発信側にとっては今まで以上にモラルや良心を持ち、読者に対しての誠意を失うことなく、謙虚にかつ大胆に情報に切り込む姿勢を忘れないようにすることが大事かなと思っております。
      そして、書き手と読み手の双方が上手くお互いにいい刺激を与え合うことで、情報サイト全体の質の向上に向かっていくことができれば最高だなあと思っております(^^)

      >これからも恐らく色々な攻撃があると思います。大変だと思いますが、応援しています。
      >年明け早々長くなりました。これからもちょいちょいコメントしていくのてよろしくお願いします!

      genkiさんのコメントは、血の通われた優しさや包容力がありつつも、とても柔軟かつ深い洞察力に基づいたコメントで、ボクも色々と気づかされたり、とてもいい刺激を受けております。
      是非とも、いつでもお気軽にコメントを寄せていただき、サイトを盛り上げていただけますととっても嬉しいです!(^0^)

      サイトを応援していただける方々のこうした温かいコメントを励みに、今後もポリシーを貫いたサイト運営を頑張っていく所存ですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

  2. ゆるねっと家 あけおめっす!
    ぇーと ニャーメンマンさんでいいのかな・・・ 去年の中盤以来このサイトに興味を持ち 何だかFFのRPGみたいにニューズを冒険してる感じが面白く 絶対読みにくい筈の虹色テキストが案外 綺麗に感情を捉えてる所もあり このまぁ中心である 「白黒メディア」に対しての意識と悩みが伝わります。

    さて、初対面であんまり自分を明かさない様にもしてるこの頃ですが、マェ持ってディスクレーマーで一応自分は日本の教育をまったく受けたことも無いので、どの発想も以外に捕らわれるを思いますが・・・ 私は最近こういうコメント事件をみてると 日本人だけでは無いけど 人間自身この無限なネットに託すほど ドンドン心が狭く成ってゆく 悲しさを実感してる。 一寸したことで・・・神経が・・・って言われると判りますよね? 私も消して例外ではないのでその中で正義をどう訴えるか、というここの内容に動かされ ましてよくここまでも 心の傷で。

    まぁ簡単に言えば何でもお互い様なのです・・・その疑問の引鉄の「偏向」いったコメント読んで折角の楽しい場所に拳銃を射ち込まれた気分ですよね~ しかしそれと同時一歩前にそちらもこういうサイト提供してる限りこういった様々な不幸な事件で蜜を作ってるのですよ? 責任感の置き所なのでしょうか~ 俗に言う善いニューズなんて絶対存在しないというパラドックスの中。

    ご存知でしょうけどこれを 「トロール」の世界というのです・・・FFにも出てきますよね 様々な形ゴブリンであろうが山童であろうが コメント残してる時 指先に妖怪が座ってるのです。 自分も偉そうな事いってるけど 神経の皮の薄さは人間離れしてると思いますし 誰よりも偏見と判断される意見が多いと・・・ましてさっきは米タブロイドサイトで悲しき鶴姫キャリー・フィッシャーのコメント読みこれはまたスケールが違う攻撃・・・日本人の暴言は精々幼稚園程度だと思いますが あの外人が放つVitriolというのですがビトリオル いわゆる口を開いただけで厄をまるで猛毒の大蛇の様に吐く それも実際得体不明のガキかクソジジイかも判らない霊体に向かって 傷つかれ一日が虐められた行方。で、人は最後は接待上手を取る習性がある、最後は見下す・・・こんな心の狭いコメントしか書けない 貧乏で可哀想な程クダラナイ奴なんだろうな~ って思えば突然浄化。 下級生物弱肉教職

    こう行った毎日を無意識に繰り返えしてませんか?

    正義は循環し無い満足渦

    さて 長くなるので最後に私の水晶から見た意見でお別れを・・・日本人とは結局島国根性でその外に海、宇宙もあると。その狭い感覚でネットを旅する一寸法師みたいな人生。 そこで省略しますが 「フォース」です・・・その自然も一部である全ての流れで物事を感じ取る・・・まぁ自分も毎度カッコつけてるだけど キャリーフィシャーにもどりますが 私では到底理解出来ない デビィーレイノルズ様。 フォースが大きく反乱してしまった結果 自分はYoutubeで新たなスターウォーズに向かって必死に宣伝する キャリーと主役のマーク・ハミルさんの姿を見かける様になり 特にマークの人情溢れた哲学的なファン会場のジェダイが勇ましくリスペクト。で、省略といいながらですが今はWikiという手先があり まぁ国内で纏めますが 自分は犯人になってしまうがw 凡そ大晦日翌日マークのプロファイルを読んで驚いたこと沢山有りましたが その中でもドッキリしたのは 彼は実は横浜横須賀米軍基地の高校卒なのよさ! そこでフォースが生まれたという事でこの全ての種になった事件もこれでまた宇宙の彼方まで深くなり 心苦笑い。

    最後に引っ括めますが 米軍の基地も原発と変わらないです・・・原子力潜水艦があの時警報鳴るましたよね? 横浜で。 その恐怖でこういったコメントを反・賛成兎も角残す方もいるかと。

    オバマ殿、広島まで来てくれて ありがとう ブラザー!

    今年もどうぞ宜敷!

    ロビンマスクみたいな奴の
    ジロより

     

    • Ziroさま

      あけましておめでとうございます!
      ただ、なかなかに個性的な表現と文章で…どこまでお伝えしたかった要旨がボクに理解できたか自信がないのですが…(汗)、ともかく、好意的なお言葉と忌憚のないご指摘をいただけて、ありがとうございます!

      確かにニュースというのは、悲劇的な事件や汚職、不正などがあるからこそ、視聴率が上がり、アクセスが増えていくものですので、そのご指摘はごもっともの部分はあるかと思います。

      ただしボクは、(誤解を恐れずに言いますと)俗に言う「絶対正義」というものは存在しないものだと思っております。
      今までも「正義」を声高に掲げて、庶民が望むような世界に変わったことは、残念ながらほとんどないのは歴史が証明していますので。
      ですので、「民主主義こそが絶対正義」とも考えていませんし、ボクにとってはこれは一つの「信念」に過ぎません。
      したがって、「正義」に基づいて行動するよりも、「民衆にとって真に幸せな世界を作るにはどうすればいいのか」に意識を向ける方が重要なのでは…と考えております。

      実は、今回のつぶやきの記事も、書き終えてから公表するかどうか迷った経緯がありまして、こうしたコメントにレスをつけるべきか、全て非承認にすべきか、など、日頃から色々と悩み続けております。
      (あと、そもそもコメント欄を設置すべきかどうかということも…)

      普通に無視して済ますことは簡単なのですが、何も考えずにそのままスルーしてしまう「そこ」に意外な落とし穴があるかもしれない…こうした「スルー」の繰り返しによって、権力者が流布させる様々な「洗脳」が蔓延し始め、日本や世界が民主主義からより一層遠ざかっていくのでは…?とも考え、現在は「民主主義的な観点」で見て、意図的な錯誤を狙っているように思えるもの、「これはおかしいのでは」と直感的に感じたものについては、以前より(読者の方にも分かるように)その点を指摘しながら紹介しております。
      (ただ、場合によっては記事作成を優先させる方に重きをおいて、今後は普通に無視するかもしれないです…。)

      これからも、情報サイトとしてのあり方を大いに悩み考えつつ、読者の方々に「考える」きっかけ作りを与えられるようなサイトを作っていけるよう、頑張ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

  3. あけましておめでとうございます。本年も記事を楽しみにしております。
    管理人さんは十分に公正中立で、こういった手合のクレームに対しても上手く対処されてるなと感心いたします。
    またこういった難癖をつける奴はドコにでもいるものだなと呆れます。
    以前個人でやっている別サイトでもネトウヨが公正中立ではないと難癖をつけてきた奴があり
    「公人がやっているサイトでないなら偏向しようがサイト主の勝手だ」
    とコメントを書き込みました。
    こういった手合は全く無視してください。また私が気に入らない記事でもバンバン書いてください
    (炎上商法でも構いませんがその時は見なくなるだけで(笑))
    公正中立を口実にしてる以上この手合は支持率に比例してとか票の割合によって記事を書けと譲歩したらきりがありません
    ヤクザでも金を払ってくれるならお客だと店に入れる人はそうそういないでしょう。付け入られるだけですからね。

    さて、事の発端となった事故についても救助に当たった人間が中国人や韓国人だった場合どうでしょうか
    難癖を言ってきた内容を鑑みると沈黙したのではないでしょうか。
    管理人さんの「そもそも日本人でも米軍の兵士でも、事故に遭った人を必死に救出する行為自体、どちらも勇敢で尊敬されるべきものですし、同じ重みであるはずです。」
    との言葉は全面的に賛同致します。
    難癖奴は同じ神奈川で起きた「パパママバイバイ」を知らないんでしょね。wikiにある米軍が起こした事件だけでも噴飯物でなぜそこまで米軍に譲歩するのかわかりません
    「日本におけるアメリカ軍機事故の一覧」にある「米軍機母子殺傷事件」なぞは戦争犯罪者が裁かれず何故弱者が殺されなかったのかと憤りが止まりません。

    とりとめなくて申し訳ございません。良い年であることを願ってやみません

    • ケント1mgさん

      あけましておめでとうございます!
      こちらこそ、昨年は、ここというタイミングに、多角的かつとても参考になるコメントをいただけて、誠にありがとうございました!(^0^)

      >管理人さんは十分に公正中立で、こういった手合のクレームに対しても上手く対処されてるなと感心いたします。

      特に昨今のマスメディアが本来の役割を放棄しつつある中、日頃から「国民第一の政治を願う99%の庶民の方々に向けて真に有益な情報サイトを作っていくためには、どうするばいいか…」ということを考えながら、試行錯誤しつつサイトを運営してまいりましたが、その結果、このような印象とご感想を持っていただけたことが、本当に嬉しいです!

      >以前個人でやっている別サイトでもネトウヨが公正中立ではないと難癖をつけてきた奴があり
      >「公人がやっているサイトでないなら偏向しようがサイト主の勝手だ」
      >とコメントを書き込みました。

      そもそも、「公平中立」も「偏向」も、それを理由に叩くこと自体が非常に「自己中心的な思考」であり、こうした「公平中立」の御旗を掲げてマスコミや情報サイトを統制しようとすること自体が、大いなる欺瞞や洗脳、強い独裁性を含んだものであるのを、強く感じております。
      立場や考えは人それぞれですし、万一「それ」が気に入らなければ、自分が好きなサイトに向かえばいいだけなはずなのですが・・・これを「偏向」を理由に中傷すること自体に、大きな矛盾と言論統制の目的があることに、ボクたちは気がつかなければなりません。

      >こういった手合は全く無視してください。また私が気に入らない記事でもバンバン書いてください

      ありがとうございます!(^0^)
      ケントさんのような、既成概念に囚われない柔軟な思考と、多様性を認める寛容な精神を持つ方々に支えられていることで、このサイトは運営できているものと考えておりますので、今後とも何卒ご支援を賜りたくお願いいたします!

      >難癖奴は同じ神奈川で起きた「パパママバイバイ」を知らないんでしょね。wikiにある米軍が起こした事件だけでも噴飯物でなぜそこまで米軍に譲歩するのかわかりません

      この事件ですね。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

      米軍の兵士が救助に参加してくれたのだとしたら、もちろんそこで救助に当たった兵士には深い謝意を送るべきでしょう。
      しかし、米軍という組織の体質、かつて米軍が日本で起こしてきた事故やその際の上層部の傍若無人な対応、そして日本国内で起こしてきた犯罪などについては、「別物」として考えていかなくてはなりませんし、今回の救助や「トモダチ作戦」で頑張ってくれたからといって、米軍をことさらに崇め、その威光にへつらうというのは、米軍から利権を受けている人間が流布させている「話のすり替え」であり、こうした思想を暴力的に押し付けようとする人々がネット上にも一定数存在しているのが現状です。

      >とりとめなくて申し訳ございません。良い年であることを願ってやみません

      ありがたくも、このサイトも少しづつ知名度が高くなってきたのと同時に、こうしたサイトを面白く思わない勢力が日頃から監視を強めてきていることを実感しています。
      今後の運営方針などに頭を悩ませつつ、常に情報の取り扱い方に自問自答している中、こうしたメッセージをいただけることが、何よりのサイト運営の原動力となっております。

      これからも、ケントさんや皆さまの応援に応えていけるよう、記事更新を頑張ってまいりますので、本年もゆるねとにゅーすをどうぞよろしくお願いいたします!(^0^)

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA