自民・工藤彰三議員が「”やめろコール”の聴衆を共謀罪で逮捕すべし」の投稿に「いいね」!さらには永田壮一区議、安倍総理までも…!

Pocket

どんなにゅーす?

・自民党の工藤彰三衆院議員が、先日の秋葉原で安倍総理に向けて起こった有権者からの怒りの声について、「安倍総理の選挙演説の邪魔をした『反対者たち』とは、反社会的共謀組織『政治テロリスト(選挙等国政妨害者)たち』なのだから!早速運用執行すべし!」と書かれたフェイスブックの投稿に「いいね!」を押していたことが判明。

・この事態に対して、工藤議員は「間違って押してしまった。今後は気をつけたい」と話しており、その後「いいね」を取り消したという。

・さらには、千代田区議の永田壮一議員が「(秋葉原のコールが起きた)”こんな人たち”とは選挙妨害の左翼活動家」などとフェイスブックに投稿。これに対して安倍総理本人が「いいね!」を押していたことも発覚した。

スポンサーリンク

辞めろコール「共謀罪で逮捕」 自民議員が「いいね!」

東京都議選での安倍晋三首相の街頭演説で「辞めろ」とコールした聴衆を、「共謀罪」の疑いで「逮捕すべし!」と求めるフェイスブック(FB)の投稿に対し、自民党の工藤彰三衆院議員が「いいね!」ボタンを押していたことが分かった。

工藤氏は愛知4区選出で当選2回。工藤氏が内容を評価するボタンを押した投稿は、「テロ等準備罪で逮捕すべし!」と題され、「安倍総理の選挙演説の邪魔をした『反対者たち』とは(略)反社会的共謀組織『政治テロリスト(選挙等国政妨害者)たち』なのだから!早速運用執行すべし!」と書き込まれていた。

工藤氏は6日、朝日新聞の取材に、事務所を通して「昨晩、間違って押してしまった。今後は気をつけていきたい」。取材後、「いいね!」を取り消した。(南彰)

【朝日新聞 2017.7.6.】

↓「有権者を共謀罪で逮捕せよ」の書き込みに対し、「いいね!」を押した自民党の工藤彰三議員。

出典:工藤彰三
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いよいよ”安倍親衛隊”のカルト議員たちが本性をむき出しに!「共謀罪で一般人を逮捕する」ことを示唆し、早速国民への脅迫をエスカレート!

安倍首相が「こんな人達=選挙妨害の左翼活動家」と攻撃するFBに「いいね!」を押していた!

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」──安倍首相が都議選の応援演説で言い放った言葉がいまなお波紋を広げている。なにせ、一国の総理大臣が国民に対して暴言を吐いたのだから、当然だろう。

だが、安倍首相には謝罪する意思がないどころか、完全に「敵」だと考えているらしい。というのも、反対の声をあげた国民を「選挙妨害の左翼活動家」とバッシングするフェイスブック投稿に、またも「いいね!」と評価していたからだ。

安倍首相が「いいね!」したのは、自民党の永田壮一・千代田区議が7月3日にFacebookへ投稿した文章。千代田区といえば安倍首相が件の演説を行った秋葉原を擁する選挙区で永田区議も当日演説に駆けつけていたようだが、その永田区議の投稿では、こんなことが書かれている。

〈安倍総裁の
こんな人達に負ける訳にはいきません
という演説を受け
報道では
こんな人達=都民ファースト支持者
真実は
こんな人達=選挙妨害の左翼活動家〉

都議選で自民党が歴史的大敗したのは、さまざまな大臣たちの失言だけではなく、森友・加計学園問題において説明責任をまったく果たさない、人を食う安倍首相の傲慢さに下された審判であることは間違いない。いや、特定秘密保護法や安保法制、共謀罪など安倍首相の独裁的で憲法を軽視する政治に対して反対の声をあげてきた国民は数多い。だが、安倍首相はそうした“怒り”をもつ国民を、すべて〈選挙妨害の左翼活動家〉だと決め付けにかかっているのだ。

【リテラ 2017.7.6.】

↓先日の安倍総理への怒りの声の主を「左翼活動家」と断言した、千代田区議の永田壮一議員。

出典:永田壮一オフィシャルブログ

↓永田議員の「やめろコールは左翼活動家」の投稿に「いいね」を押した安倍総理。

出典:Twitter(@appuru_1)

な、なんだか、すでに安倍政権の自民党が、完全に「本性」をむき出しにしまくりの事態になってるじゃないのよぉ!!
こうした議員たちの行動や言動自体が、「共謀罪の本質」を完全に炙り出している状況だわ!

や、やっぱり、共謀罪は、私たち一般国民を徹底的に取り締まるためのものだったんですねぇ!
安倍政権はやっぱり正真正銘、本物の嘘つきですぅー!!

これらの”安倍親衛隊”の部下の議員安倍総理本人の言動や行動をまとめると、「安倍政権に逆らう国民は”一般人”とはみなさず、全て”左翼活動家のテロリスト”とみなして、徹底的に取り締まり、逮捕する」ってことになるね。

やはり、共謀罪は、人並みの想像力と危機意識がしっかりしている国民たちが強く危惧していたとおりの内容だったということを、まさしく彼ら自民党議員自身が身を持って示した形になってきている。
安倍総理のこんな姿を見ても、いかに総理自身が「共謀罪」というものが喉から手が出るほどに欲しがっていたのかが良く分かるし、ちょっと、冗談抜きでいよいよシャレにならない事態になってきているぞ。

とにかくも、この前代未聞のファシズム政権を本気で終わらせない限り、いよいよ大日本帝国の”地獄”が再来してしまうのは間違いないし、このままでは、理性と良識を完全に欠如した政権と、彼らと密着した警察によって、いよいよ共謀罪がスタートしてしまう。
どうにかして、この実態を国民間でより共有して、一刻も早く政権を強制終了させないと、大変なことになってしまいそうだね。

これというのも、私たちが真に危機感を共有できてなくって、安倍政権に支配されてきた既存のメディアを安易に鵜呑みにしてしまってきた代償…ということですね。
私たち国民がもっとしっかりして、権力への厳しい監視と暴走を止めないと、こんなに大変なことになってしまうということが、身を持って分かりましたですぅ。

と、とにかく、悲嘆にくれている場合じゃないのだけは確かだわ。
国民がもっとしっかりすることで何とか大きなメディアを動かして、安倍政権のこの大暴走を今のうちに止めることが何よりも大切よね!

そうだな。
ボクたちも何とか出来る限りの方法で情報発信を続けて、この事態を打開できるよう頑張っていこう

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket