香取、中居の次はキムタクの妻・工藤静香の戦犯説が浮上!ジャニー&メリーには同情的な報道が一貫される!

Pocket

木村以外のメンバーに続き、工藤静香の批判報道が登場!

出典:ORICON STYLE
スポンサーリンク

SMAP解散 元凶はキムタクを変節させた工藤静香の独立潰し

SMAP解散の裏で暗躍したのが木村拓哉(43)の妻でタレントの工藤静香(46)である。

今年1月に明るみになった独立騒動の直接の引き金はジャニーズ事務所の女帝・メリー喜多川副社長とSMAPの育ての親とも言われるヤリ手マネジャー飯島三智氏の確執だったが、“独立潰し”のため「メリーさんの腰巾着」のように動いたのが工藤だ。

「1月に騒動が露見する前、いったんはキムタクも5人全員での独立に同意していたのです。それをひっくり返したのが工藤でした。工藤はジャニーズでは絶対的タブーだった結婚を許してくれたメリーさんに非常に恩義を感じており、結婚後は家族ぐるみの交際を続けています。そして夫のキムタクに対してジャニーズに残るよう説得し、キムタクも残留を決断しました。これが他のメンバーから見れば“女の言葉になびいた裏切り”と映り、亀裂は深まってしまったのです」(芸能評論家の肥留間正明氏)

【日刊ゲンダイ2016.8.18.】

管理人相変わらずSMAPの解散に関する報道が渦巻いているけど、ご覧のように、今度は木村拓哉の妻の工藤静香が”戦犯”である報道が飛び出してきた

確かに、今年にSMAP解散の情報が出てきた当初から、工藤静香の存在はちらほら取り沙汰されていたけど、上の報道に関していささか引っかかる部分があるので、それを紹介しようと思う。

スポンサーリンク

メリー喜多川がキムタクの結婚を許してくれたとの報道に疑問符が…

管理人

上の日刊ゲンダイの記事では、「工藤静香は、木村拓哉との結婚を許してくれたメリー喜多川に非常に恩義を感じていて、それがきっかけで家族ぐるみの付き合いをしている」…と書かれている。

確かに、木村拓哉が結婚し、子供も出来た後もSMAPを続けられている時点で、メリーが2人の結婚を認めたことは事実だけど、そのプロセスはちょっとイレギュラーだったみたいだ。
下記にその一端をうかがえる記事があるので紹介しようと思う。

また、工藤静香が妊娠し、木村が結婚すると言い出したときは、「子供をおろせ!」と激怒するメリー喜多川副社長の盾になって、「木村の人気は結婚しても衰えることはありません」と説得。ゴールインにこぎつけさせた。一説には、この問題がきっかけで飯島氏とメリー氏の溝が深まったともいわれている。

【リテラ(飯島マネ今月退職決定!でも恩知らずはメリー副社長のほうだ!SMAPだけでなくジャニーズが今あるのも飯島のおかげより)2016.1.17.】

つまり、メリーは最初は「子供をおろせ!」と頑として聞かなかったものの、飯島マネージャーの説得により折れたという話で、これが本当であれば、工藤静香もキムタクも、メリーよりも飯島マネに恩義を感じるのが普通なのではないだろうか?

みはるちゃん困りssaむぅ…確かにそうですぅ。
それじゃあなんで、キムタク夫妻はあんなにメリーさんと仲良しで、家族ぐるみで付き合っているんでしょうかぁ?

管理人うーむ。あまりに真偽がはっきりしない報道が多すぎて、真相は余計に闇の中になってきている気もするなあ。

どちらにしても不自然なのは、メリーやジャニーに関する大手の報道は、(リテラなどの中堅メディアを除いて)一様に”被害者”かつ”いい人”のように横一列で報道している点だ。
(中居・香取・工藤など)扱う人物こそメディアによって違えど、SMAPのメンバーやその周りの人間だけにスポットが当てられて、彼らを批判したり、戦犯扱いする報道に終始しているってことだ。

まあ、芸能界やジャニーズに詳しいネットユーザーたちは薄々見当はついているみたいだけど、メリーのカルト宗教まがいの独裁ぶりが全ての原因であり、その中でブラック過ぎる環境の中で働かされてきたSMAPメンバーたちの精神的なストレスがこのような騒動を引き起こしたということだろう。

そういう意味でも、(何度も言うけど)ジャニーズ事務所の実態やジャニーやメリーの正体を突き詰めていかない限り、真相には一向に近づけないし、この調子じゃ大手はミスリードばかりで、最後は真実は闇に葬られそうな気もするね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket