【注意】河野太郎議員のブログを元に、”日報隠蔽了承”スクープが「デマだった」との情報が流布!河野氏「2月6日にすでに日報は公開されている」

Pocket

どんなにゅーす?

・自民党の河野太郎議員が、「稲田防衛相が自衛隊の日報の隠蔽を了承した」との一連のスクープ報道に対して、「間違いではないか」などと”異議”を唱えており、これがネットで話題になっている。

・河野氏は自身のブログで「(機密部分が黒塗りになっているものの)2月6日にすでに日報は公開されている」と主張しており、「だから2月15日に、防衛省で開かれた会議で、日報を隠蔽することはできないし、公開するかどうかを決めることはできない。」と、稲田大臣が会議で隠蔽を了承したという出来事は「有り得ない」と唱えており、これが元となって、「スクープ報道はデマだった」との言説が多く飛んでいる。

スポンサーリンク

↓河野太郎氏のブログより。

一昨日からの南スーダンの日報に関する報道を見ていると、ちょっとピント外れなものが多い。

自衛隊の南スーダンの派遣施設隊の日報は、二月六日にはその存在が明らかになっており、機密部分が黒塗りになっているもののすべて公開されている。

繰り返すと、「二月六日には日報はすべて公開されている。」

だから二月十五日に、防衛省で開かれた会議で、日報を隠蔽することはできないし、公開するかどうかを決めることはできない。

このニュースの中で、NHKにしろ、民放にしろ、二月六日に日報がすべて公表されているということに触れていないのは、視聴者に誤解を与える。

二月十五日の防衛省の会議で問題になることがあるとすれば、陸自で見つかった日報は、個人のものなのか、行政文書なのかという判断だ。

~省略~

防衛省は、見つかった日報が個人の文書だと考え、特に発表の必要がないと考えた。

しかし、日報に関してはそれまでいろいろとあったわけだから、自分たちで判断するだけではなく、内閣府の公文書課や国立公文書館に、きちんとした判断を仰ぐべきだった。それがこの騒動の本質ではないか。

こうした説明もなく、あたかも日報を隠蔽する決定が行われたかのような報道は、間違っていないか。

【衆議院議員 河野太郎公式サイト 2017.7.20.】

スポンサーリンク

自民党の河野太郎さんが、稲田さんや防衛省による「自衛隊日報隠蔽スクープ」に対して、上のようなブログ記事を更新したことが話題になっているわ。
これを受けて、ネット上の熱狂的な安倍支持者たちが、まるで水を得た魚のように一気に「河野さん(珍しく)GJ!」「これはフェイクニュースだ!」と大喜びしている状況ね。

確かに、自衛隊の日報は、問題の会議の8日前の2月7日にすでに表に公開されていたけど、でもこの件は、統合幕僚監部で見つかった方の件だったじゃなかったかしら??

その通りだ。
自衛隊の日報そのものは、当サイトでも当時に紹介していた通り、2月7日(河野氏は6日と書いている)に公開され、下記の朝日新聞でスクープ報道されているのは紛れも無い事実だ。

PKO停止の可能性を指摘 南スーダン戦闘で陸自文書

国連平和維持活動(PKO)が展開されている南スーダンの首都ジュバで、昨年7月に発生した政府軍と反政府勢力の大規模な戦闘について、防衛省は7日、陸上自衛隊の現地派遣部隊が情勢を記録した文書などを公表した。戦闘激化でPKOが停止したり、隊員が巻き込まれたりする可能性を指摘しており、戦闘の深刻化を認識していた様子が浮かび上がった。

公表された文書は、派遣部隊が作成する日報「南スーダン派遣施設隊 日々報告」のうち、現地で戦闘が続いていた昨年7月11日付と12日付の分と、現地部隊から報告を受けた陸自中央即応集団(CRF)が作成する「モーニングレポート」。

日報やレポートでは、ジュバでの衝突の激化により「UN(国連)活動の停止」に至る可能性があると指摘。また、「(昨年7月)10・11日も戦車や迫撃砲を使用した激しい戦闘がUNハウス・(陸自部隊が駐屯する)UNトンピン周辺で確認される等、緊張は継続」とした上で、「宿営地周辺での射撃事案に伴う流れ弾への巻き込まれ、ジュバ市内での突発的な戦闘への巻き込まれに注意が必要」などとしていた。

防衛省によると、派遣部隊の日報については昨年秋に情報公開請求があったが、同省は文書を探した結果、破棄していたとして、同12月に不開示とした。これに対し河野太郎衆院議員(自民)が再調査を求め、範囲を広げて再度調べたところ、同省統合幕僚監部で見つかったという。(福井悠介)

【Yahoo!ニュース(朝日新聞)2017.2.7.】

このように、確かに”問題の会議”の前にすでに日報は明らかにされているんだけど、その上で、河野太郎議員の主張は明らかにおかしい部分がある
それについて、以下で説明していこうと思うよ

スポンサーリンク

今回問題になっているのは、その後に新たに陸上自衛隊内で見つかった件についての話である

こうした事実を元に、「一連のスクープは完全なフェイクニュースだった!」と盛り上がっている人たちがいるけど、今回しきりに言われている「隠蔽を了承したかしないか」の話は、2016年9月30日のジャーナリストの男性からの情報公開請求に対して、「すでに破棄した」として公表されなかった日報が、後に統合幕僚監部に続いて陸上自衛隊内にも実際には存在していた件についてだ。

統幕で日報が見つかったのは2016年の12月下旬だったものの、その後にさらに陸自にもあったことが判明(この記事の中のNHKの記事によると、これが判明したのは1月中旬)
統幕で見つかった件については(しぶしぶ)黒塗りした上で公表したものの、「いまさら陸自にもあったとは言えない」という話になり、この件の隠蔽を稲田氏や防衛幹部で申し合わせたことが疑われているんだ。

以下、当サイトも逐一この件を紹介してきたので、関連記事を列挙しておこう。

【大問題】布施祐仁氏「南スーダンの7月の大規模戦闘時の自衛隊の業務日誌を見せてほしい」→防衛相「既に廃棄した」(2016.12.13.)

【重大問題】「破棄した」と言っていた南スーダンの自衛隊日報、実は存在していた!大規模戦闘時に超危険な状況だったことが判明!(2017.2.8.)

【隠蔽疑惑】南スーダンの自衛隊日報、12月下旬に存在を把握していたことが判明!防衛省「黒塗り部分を決めるのに時間がかかった」(2017.2.10.)

【重大】自衛隊の南スーダン日報、陸自が保存していた電子データを「消去するよう」指示が出ていたことを防衛省幹部が証言!(2016.3.16.)

【異常事態】自衛隊の日報、陸自最高幹部も存在を知っていたにもかかわらず、これが公表されず!組織的隠蔽の疑いも!(2017.3.17.)

さらに、毎日新聞さんもこの経緯をかいつまんで分かりやすく書いているので、下に紹介しておくわね。

稲田防衛相
PKO日報隠蔽了承 国会で虚偽説明

南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田朋美防衛相が2月に行われた防衛省最高幹部による緊急会議で、保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、了承していたことが分かった。複数の政府関係者が18日、明らかにした。防衛省・自衛隊の組織的隠蔽(いんぺい)を容認した形になる。

~省略~

日報を巡っては、情報公開請求を不開示とした後、昨年12月に統合幕僚監部で発見。その後、陸自でも見つかったが、1月27日に統幕の背広組の防衛官僚が、報告に来た陸自の担当者に「今更陸自にあったとは言えない」と伝達。2月にデータは消去された。防衛省は2月6日、統幕で見つかった事実を公表し翌7日、一部を黒塗りで公開。陸自での保管の経緯は防衛相直轄の防衛監察本部が特別防衛監察を実施中で、近く結果を公表する見通しだ。

【毎日新聞 2017.7.19.】

※(参考サイト)新証言 自衛隊“日報問題”

まあ、上のようなちょっとこみ入った経緯があった中で、2月15日に行なわれた会議では、「(統幕で見つかったものについて)すでに公開した日報の黒塗り部分をどうするか」「陸自でも見つかった件についてはデータを消去して”なかったこと”にする」などといった内容が話し合われたことが疑われているのであって、河野太郎氏が主張していることは、おかしな部分が多く含まれていることが分かったのではないだろうか。

河野さんはこの経緯をよく理解できてないのか、それとも勘違いをしているのか、どっちなのかはよく分からないけど、もし意図的に誘導をしているのだとしたら、結構悪質よね。

事実、彼のブログを元に「フェイクニュースだ!」と盛り上がっている支持者や工作員が大勢いるからね。
どうも、河野太郎氏は、自民党の中でも良識派を装いながらも、言っていることの所々におかしな部分が含まれているし、ボクは最近彼に対しては色々と疑いをかけて見ているよ

まあ、こんな少し調べれば簡単に分かってしまうようなフェイクニュースを大手メディアが流すなんて普通じゃ考えられないし、こうした一連の経緯を改めて見直していくと、いかに、この「日報隠蔽問題」が相当に重大で悪質な問題なのかが分かるのではないだろうか。

武器や兵器を持つ自衛隊(防衛省)の巨大な不正隠蔽事件だし、さらにいえば、文民統制(シビリアンコントロール)も脅かすくらいの、深くデリケートな面もはらんだ大きな問題ね。

そうだね。
一連の出来事が全て事実であれば、稲田大臣だけでなく、防衛省幹部や自衛隊幹部にも重い責任が発生する、戦後例を見ない重大事件となりそうな気配だ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket