安倍総理や昭恵夫人らの告発の動きに菅野完氏が激怒!反安倍派の間で意見が対立!「告発することで真相が闇に葬られる」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理や昭恵夫人らの刑事告発を検討している市民団体「森友デモ実行委員会」に対して、菅野完氏が激怒している。

・菅野氏は「告発することでかえって真相が闇に葬られる」と、刑事告訴によって安倍政権の政治家たちが「係争中ですから」などと一切コメントを出さなくなる事態を警戒。さらには、谷総理夫人付らに全ての罪を擦り付けられ、真相究明がかえって出来なくなってしまうと警告団体の代表者に告訴を取り下げるように要請していく方針だという。

スポンサーリンク

↓ネットでも大きな賛同の声が広がっている安倍総理夫妻への告発の動き。

声 明

森友デモ実行委員会では、これまでにあらゆる角度から安倍政権の問題点を追及してきました。
このたび、私たちはこの森友問題の諸悪の根源である安倍晋三、昭恵夫妻に焦点を当て、忖度官僚を含め、市民の立場から刑事告発をすることを決意しましたことをここに表明致します。
これまで日本国内では、市民側から一国の行政府の長である総理大臣を名指しで刑事告発した前例はありません。このことは画期的であると同時にある意味、一線を飛び越えた行動でもあるわけです。
私たちの向かう敵はあまりにも巨大であり、尚かつ大きな権力に立ち向かうには多くの支持者が必要であるとの専門家のご意見から、
【森友デモ実行委員会・告発プロジェクト】
を立ち上げ、これまでに各界の方々から多くの賛同をいただくことができました。
本日までに弁護団を要請、司法関係者のご協力のもと、告発状の作成並びに各手続きを進めてまいりました。そしてようやく告発状提出の準備が整い、刑事告発する運びとなりました。
これまで、各界著名人、各団体、個人の賛同を得てここまできましたが、今後はさらに全国的に個人、団体での賛同者を呼びかけていきます。
安倍政権に異議を唱える皆様、是非とも賛同者として名を連ねてください。そして日本全国からの賛同者を募り、何が何でも安倍政権を退陣に追い込みましょう。
今後の詳細等については賛同者に実行委員会事務局より個別にご報告いたします。1人でも多くの皆様に賛同者となっていただきますよう、宜しくお願い致します。

【facebook 2017.4.16.】

↓これに菅野完氏が激怒。

スポンサーリンク

安倍総理や昭恵夫人らを告発する動きが出てきたことがネットでも大きな話題になっていますが、この動きに対して菅野完さんが強い反対の意思を主張しました。

今現在、菅野さんが告訴を取り下げるように代表者の田中正道さんに説得している状況みたいですが、代表者の方と真っ向から話がかみ合わず、結構荒れた状況になっているみたいです。

うーむ。
どうやら、菅野氏は検察を端から信用しておらず、安倍政権の思惑に沿った「間違った捜査」が行なわれてしまうことを警戒している感じで、その結果、ますます真相究明が遠のいて完全に闇に葬られてしまうことを恐れている感じなのかな。

ボクも菅野氏のツイキャスを見ていたけど、どうやらこの市民団体の代表者の人は、熱血漢でやや頭に血が上りやすい男性みたいで、菅野氏のこうした言葉に激怒している上に、あまり戦略的に物事を進めるのが上手でない人物っぽい感じだ。

菅野氏から見れば、恐らく自身で多くの資料を手にしている状況の中、自分の中である程度のプランを立てながら追及を続けていこうと思っていたところ、突然こうした動きが盛り上がってきたことを知ってまさに「青天の霹靂」のような感覚だったんだろうし、確かにこのような考えや意見も理解できる

ボクも、安倍総理らの清和会にことごとく甘い「東京地検」に告発することが少しばかり引っ掛かっていたのも確かだし、「変に受理」されることでますます悪い状況になってしまうという考えなのだろう。

韓国の場合などは、実際に検察が捜査をしたことでパククネさんの逮捕に繋がりましたし、恐らく、それが普通の民主主義国家の姿かと思うのですが…これが「日本では通用しない」という考え方ですね。
これだけで、日本が「異常すぎる国」であることがひしひしと感じられてしまいます…。

田中氏も、「それが普通」だと思っているからこそ告訴をしようとしているんだろうし、お互いに安倍政権を倒したい意思は同じであるだけに、なかなか困ったものだ…。

やはり、改めて、安倍政権に反対している人達があまりにも意識や考えがバラバラでまとまっていないのを強く感じさせるし、そもそも、自然発生的に数十万人規模くらいのデモに発展するような国だったら、こういった次元の話に囚われる必要もないと思うんだけどね…。

こういう実情を見ても、日本で安倍政権が絶対的な地位を築き上げてしまった背景が分かるような気がしてきてしまいますね…。

結局こうした状況を平たく言ってしまうと、「日本には元来より民主主義の文化や意識が全く根付いていない」…ということになってしまうのかな。

ボク自身は、もはや森友問題がいよいよフェードアウト寸前の中、安倍政権の政治家たちに国民からの意思を明確に伝え、彼らにプレッシャーをかけつつ今後の世論の関心や盛り上がりに繋げていく意味でも、この動きはアリかなと思っていたけど…早速色々な部分で詰めの甘さや脆さが浮き彫りになってきてしまっているのは残念だ。

どちらにしても、もう少し大局的な視点を持ちつつ意識を一定程度すり合わせていきながら、(運動家ではない)一般の人達が積極的に政治に参加していく動きが必要なんじゃないかな。
この先どうなっていくのか分からないけど、ひとまずは今後の展開について様子を見守っていこうと思うよ。

(菅野氏自身が決定的な証拠や物証を握っているのだとしたら、そろそろもう少し強力な爆弾を出して欲しいところ。)

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket