【次々と…】小池都知事が(歴代知事も出してきた)関東大震災での朝鮮人虐殺への追悼文送付を断る!今後要請があっても出さない方針!

Pocket

どんなにゅーす?

・小池百合子都知事が、毎年都内で行なわれてきた関東大震災での朝鮮人虐殺を追悼する式典において、歴代知事も送付してきた追悼文を断ったことが判明した。

・追悼文は分かっているだけでも、2006年以降、石原氏、猪瀬氏、舛添氏の各知事が送付しており、この小池知事の異例の対応にネット上で波紋が起こっている。

スポンサーリンク

関東大震災の朝鮮人虐殺 小池都知事が追悼文断る

東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で九月一日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。 (辻渕智之、榊原智康)
追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の九月一日と東京大空襲の三月十日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。
追悼文は一九七〇年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは二〇〇六年以降、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池各知事が送付してきた。
追悼式が行われる横網町公園内には、七三年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」と刻まれている。
追悼碑を巡っては、今年三月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある六千余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「六千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた。
これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「六千人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。

【東京新聞 2017.8.24.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小池勢力が次々とその「本性」を現わし始める!その本質はまさしく「東京版維新」

出典:Twitter(@product1954)

森友・加計疑獄などによって安倍政権が弱体化しつつある中で、逆に勢いが増しつつある小池新党の「実態」がいよいよはっきりと見えてきました
やはり、私たちが都知事選以降ずっと警戒してきたように、その本質は「東京版維新」と見て間違いなさそうです。

おそらく、安倍政権が倒れそうになればなるほど、逆に小池新党は勢力をどんどん増していくことになるだろうし、現在こそ「茶番(プロレス)」を演出するために、安倍政権を応援しているネット支持者は小池氏を攻撃しているものの、この先これが徐々に変化していき、安倍政権が完全に終わり、なおかつ国民の自民党嫌いが頂点に達した時、その「工作員」たちは完全に小池新党賛辞にシフトすることになるのではないかな。

早速、今回の件でも安倍礼賛系のネット支持者からも小池氏を評価する声が出始めているみたいだし、日本国内で最も強固な組織力を持っている、神社本庁や日本会議をはじめとした「エセ右翼カルト宗教集団」の支持を得るべく、これからも小池勢力はこのような方向性を進み続けていくだろう。

しかも、トランプ大統領のぼんやりとした白人賛辞とも取れそうなコメントについては日本のメディアも徹底的に痛烈批判するものの、安倍政権や小池さんらのこうした動きについては、日本の大手マスコミはほとんど強く批判しないようになっているのも、大きく矛盾しているようで気になりますね。

まったくその通りだね。
大手マスコミは、トランプの右翼的言動については過剰すぎるくらいに大騒ぎするのに、自分の国の政治家の同じような(あるいはそれ以上に過激な)動きについては、奇妙なまでに批判の動きが鈍く、まさしくこれはダブルスタンダードとも言えるものだろう。

どうしてこのような矛盾がメディア内で生じているのか、ボクたちはよく考えてみることが大事だし、マスコミのトランプ叩きも小池賛辞も「同じ方向性である」という点に気がつけば、かなり世界や日本の動きが見えてくるのではと思うよ。

つまり、どちらの動きも、戦争ビジネス勢力や国際資本家などの「傀儡政治家」に権力を持たせるための「グローバリズムの推進」が根底にあるということですね。

安倍政権はやや賞味期限が近くなってきた感じだけど、それと反比例するように、別の「エセ右翼」の強固なグローバリズム勢力が本格的に誕生しそうになってきたのがなんとも嫌な感じだね。
民進党の代表選の結果次第でも小池勢力の今後が大きく変化することになる(こうした小池氏の動きによって、少なくとも自由・社民・共産は小池勢力との協力は完全に無くなったと見ていいだろう。)かと思うし、今後のマスメディアの動きやネット工作員たちの動きについても、今まで以上に注意深くウォッチしていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket