小池都知事、結局は豊洲市場への移転を表明!築地市場は改修しつつ、5年後をめどに「食のテーマパーク」を作る方針とのこと

Pocket

どんなにゅーす?

・東京都の小池百合子知事が、かねてから決断が先延ばしになっていた豊洲市場の移転を表明した上に、築地市場も5年をめどに改修工事を行ない、「食のテーマパーク」を作る構想があることを表明した。

スポンサーリンク

小池知事 市場移転方針表明「豊洲に移転し築地再開発」

築地市場の移転問題で、東京都の小池知事は、20日、臨時の記者会見を開き、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。
会見で小池知事は「築地は守る、そして豊洲を生かすことを基本方針の第1とする。築地市場は、長年培ったブランド力、そして地域との調和を生かして、改めて活用することが大切な宝を生かす方法ではないか」と述べました。

その一方で、「豊洲市場については地下空間の追加対策など、専門家会議から指摘のあったところで、安全対策を講じたうえで、生かすべきだ。冷凍、冷蔵、加工などの機能を一層強化し、ITを活用した総合物流拠点とする」と述べました。

さらに、小池知事は、「東京都として、事業者、都民の信頼回復に徹底的に取り組んでいく。これらの基本的な方針をもとに、早急に具体的な方策を詰めていくよう事務方に指示した」と述べました。

小池知事は豊洲市場について、「新たな中央卸売市場としての機能を優先する。そのうえで、さまざまな物流の変化が起きている中で、物流機能をさらに強めていく」と述べました。

一方、築地市場にあたっては「5年後をめどに再開発する。環状2号線はオリンピック前に開通させる。跡地は、当面、オリンピック用の輸送拠点として活用する。その後、食のテーマパーク部門を有する新たな市場として、東京をけん引する一大拠点とする」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2017.6.20.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

散々焦らした上で最もゼネコンが高笑いする案を打ち出した小池都知事!巨額の税金無駄遣いの恐れも!

出典:ウィキペディア

小池都知事が、最終決定を散々先延ばしにしてきた挙句結局、豊洲市場への移転を決めたようです。

しかしそれだけでなく、築地も5年をめどに改修工事を行ない、市場機能を残しつつ「食のテーマパーク」を作るという構想を披露したのですが…。

なんというか、「いままでのスッタモンダの騒ぎは一体何だったんだ?」と言いたくなるようなビミョ~な決断だね。
今まで豊洲市場の市場機能を維持するために、ずっと莫大な管理費がかかってきた部分も含めて、結局、最も多くの無駄なお金がかかってしまう案を打ち出してしまった上に、豊洲で有害物質が見つかったことについても「追加の対策を講じれば問題ない」と言っており、それなら、どうしてもっと早くに決断を出さなかったのかという感じもする。

さらに言うと、築地における「食のテーマパーク構想」5年をめどにと言っているけど、知事の任期は4年だし、5年後に小池氏が知事を続けている保証はどこにもない
よって、この構想も実現に結びつくのかかなり怪しいし、場合によっては、豊洲に加えて、(ゼネコンの主導の元に)新たにおかしなハコモノが出来上がってしまう危険性もありそうな感じもする。

散々時間をかけて、このような中途半端な決断を出すくらいなら、もっと早くにスパッと決断を出していた方が間違いなく無駄なお金はかからなかったし、前にも書いたけど、築地と豊洲で同じような条件下で素早く土壌調査を行ない、その結果を見比べながら総合的にどちらがベターかをもっと早くに決断すべきだったんじゃないかな。
(しかし、小池氏は自身の人気を上げるパフォーマンスをやりたかったがために、客観的見地を無視して当初豊洲のみの土壌調査を延々とやってしまっていたために、築地でも有害物質が見つかる検査結果が出るのが遅くなってしまった。)

とにかく、小池氏はパフォーマーとしては(小泉氏譲りの手法を用いて)なかなかのやり手なものの、政治家としてはかなり微妙な感じだし、金銭的な面でいえば、猪瀬氏や舛添氏のやり方の方が、ずっと無駄なお金がかからなかったね。

確かに、小池知事は、(石原氏や舛添氏など)今までの知事を徹底的に”悪者”に仕立て上げ、彼女自身の人気取りのために市場移転問題などを政治的パフォーマンスに利用していた感もありますよね。

ボクは中央卸売市場自体が、もはや今の東京において維持することそのものが、やや無理があるものではと考えているけど、小池都知事は、結局は、(自身の選挙対策や人気取りの目的で)歴代のどの知事よりも最も余計な税金がかかってしまう方法を考え出した感がある。

振り返ってみれば、マスコミによる露骨な誹謗中傷キャンペーンに国民(都民)が引っ掛かって舛添氏をクビにした結果、都知事選から今まで、凄まじい額の税金が無意味に消えてしまった感じだね。

舛添さんの公私混同は確かにいただけないものでしたが、石原さんの方がよほど凄まじい公私混同をしていましたし、今思い出しても、あのマスコミによる一大キャンペーンは不可解でしたよね

まあ、元々舛添氏は安倍政権に強い反感を持っていたみたいだし、憲法改正やカジノ構想にも強く反対していたみたいなので、こうした部分で(例の安倍官邸筋などから)謀略を仕掛けられたのかもしれないね。
(こう考えると、小池氏の「正体」や自民党とのバトルについて、ますます怪しい印象を持たざるを得ない。)

さて、この小池氏のビミョ~な決断が都議会選にどのような影響を及ぼすのか
日本を操る海の向こうのグローバリスト(ご主人様)としては、小池側が勝っても自民党側が勝っても、どちらでもOKな状況かと思われるので、さぞ高みの見物をしていることだろうね。

どちらにしても、小池新党でも自民党でもない、「真の野党」を強くしていくしか、今の日本の閉塞感やグローバリズムの既定路線を変えることはできないということですね。

この先、日本国内でも目を離せない状況が続きそうですので、引き続き、様々な動きに注目していこうと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket