【重要】小池都知事が自民・二階幹事長、小泉純一郎氏、山崎拓氏らと会食!そこに安倍総理も”別件”で訪れ、しばし言葉を交わす!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月18日夜、小池百合子都知事が、自民党の二階幹事長や小泉純一郎元総理、山崎拓副総裁、武部勤元幹事長らと日本料理店で会食を行なった。

・この日本料理店に、安倍総理も財界関係者らと訪れ、「偶然」に同席安倍総理と小池都知事、小泉氏らがしばし会話を交わすシーンがあったという。

スポンサーリンク

安倍首相と「同席」小池知事&小泉元首相が赤坂料亭

安倍晋三首相と東京都の小池百合子知事、小泉純一郎元首相が18日夜、東京・赤坂の日本料理店で「同席」するひと幕があった。

店は、小泉氏が国会議員時代から行きつけにしている老舗の日本料理店。

首相は、似鳥昭雄ニトリホールディングス会長ら政財界関係者との会食で訪れた。一方、小池氏と小泉氏は、自民党の二階俊博幹事長のほか、自民党の重鎮、山崎拓元副総裁、武部勤元幹事長との会合で滞在。それぞれの会合は別だったが、店内で会ったことから、首相と小池、小泉氏が数分間、話を交わすタイミングがあったという。

~省略~

首相と小池氏の間で、都議選や東京五輪・パラリンピックなどが話題になった可能性が取りざたされている。また、都議選では東京都連が小池氏と対決する自民党で、選挙を事実上取り仕切る二階氏が、小池氏との会合に同席したことも、臆測を呼びそうだ。

【日刊スポーツ 2017.4.19.】

スポンサーリンク

小池都知事が「宿敵」のはずの自民・二階幹事長と仲良く会談!そこに小泉元総理の姿&安倍総理までも!いよいよ壮大な「茶番劇」の準備が整いつつあるか

舛添さんへの「大バッシングキャンペーン」を発端にして、都知事選からにわかに始まった「小池旋風」の流れが続いているけど、ついに、こんなきな臭いメンバーたちが一堂に集結した「一幕」があったみたいね。
これは、今後の政局を示唆する重要な”ヒント”が隠された「会合」のように思えるわ。

このニュースのチェックポイントは複数あるけど、まず真っ先に注目すべきは、安倍政権の二階幹事長が、小泉氏が企画した会食に小池氏とともに参加したという”事実”だろう。

これこそが、都知事選以降、自民党と対決する”パフォーマンス”を演じてきた小池氏の「胡散臭さ」を凝縮しており、さらにいえば、ボクが以前より指摘してきたように、日本をコントロールしている海の向こうのジャパンハンドラー(グローバリスト)が掲げる「小池総理構想」がついに表面に浮かび上がってきたと見るべきではないだろうか。

ネオコン・グローバリストの忠実なエージェントである小泉氏が、かつての「女房役」だった小池氏を全面的に支援していた実態も明らかになった上に、この動きに安倍政権の二階氏が同調…これだけのファクターを見ても、今後の政局はかなり読めてくるんじゃないかな?

つまり、”自民党VS小池新党”→”小池新党の勝利”の展開が用意された、壮大な「茶番劇」の火蓋がいよいよ切って落とされる状況になってきた…ってことね。

さらには、公明党が小池新党に密着していく動きに加えて、民進内にいたネオコンエージェント議員の筆頭格である長島昭久氏も小池新党への合流を画策しており、今後、民進党から複数の(ネオコン系)議員が小池新党に流れ込んでいく可能性がある。

こうなると、いよいよその路線は確定的なものとなり、安倍政権(自民党)ももちろん裏で”合意”をしている上で、「小池総理実現」に向けてのプロジェクトが着々と進行していくことが考えられるだろう。

この構想(小池総理)こそが、日本国内でのネオコン軍産たちによる「グローバリズム」の本筋になっていくってことね。

どちらにしても、小池都知事の支持率が高い限りは、こうした流れがどんどん進んでしまうことが予想される。
このままでは、小泉・安倍の流れが強固に小池に引き継がれてしまうことになり、日本国家の破壊とグローバリズムがますます進行してしまうことになるだろう。

すでに、この「茶番劇」を示唆する断片が色々と出てきているので、そろそろ国民も気がついたほうがいいのではと思うよ。

安倍政権内に渦巻く森友疑獄の「迷宮化」の流れもひどいものだけど、これよりも大局的な政局においても、結構マズイ流れになってきている感じがするのが気になるわ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket