【嫌な兆候】産経・FNN合同の世論調査、小池新党に「期待する」声が48%!民進支持者からも53%が「期待」、「投票する」も37%に!

Pocket

どんなにゅーす?

産経新聞とFNN(フジテレビ)が合同で行なった世論調査において、国政進出の準備を進める小池新党への期待値がかなり高い結果が出た。

・調査結果によると、小池新党に「期待する」と答えた意見が48.1%に上ったほか、民進党の支持者からは53.6%もの高い期待値が出たという。

・さらに、国政に進出した場合「投票する」と答えた声が、自民支持者から22.4%民進支持者からは37.7%に上り特に民進党の支持者が小池新党に強く期待している結果が出た。

スポンサーリンク

「小池新党」期待48・1% 既成政党の不満の受け皿に

産経新聞社・FNN合同世論調査では、自民党を離党した若狭勝衆院議員が東京都の小池百合子知事と連携して新党結成を目指していることに関し、新党に期待するとの回答は48・1%、国政選挙で新党に投票すると答えたのは35・6%に上った。小池知事の支持率も73・6%と高水準だった。新党が既存政党に対する不満の受け皿となる可能性が高い。

新党については、自民党支持層の37・3%、民進党の53・6%が新党への期待を示した。投票するとの回答は、自民党では22・4%と、4分の1近くが新党に流れる計算だ。民進党だと37・7%になり、実に4割近くが同党に投票しないと答えたのに等しい。

【産経新聞 2017.8.21.】

出典:Twitter(@product1954)
スポンサーリンク

産経&フジの世論調査、民進支持者からの小池新党への期待値が非常に高い結果に!前原氏にとってさらなる「追い風」か?

都議選直後の頃の調査では、小池新党の国政進出への期待値は決して高くなかった状況だったように記憶していますが、この民進代表選が行なわれているこのタイミングで、ついに小池新党に多くの国民が期待しているとの世論調査結果が出てきました

いやあ、ついに、ボクが都知事選当時から心配していた「兆候」がはっきり出てきたね。

今回の世論調査のポイントは、「民進党支持者の多くが(軍国主義の)小池勢力に期待し、4割近い民進支持者が小池新党に投票する」という結果が出た点であり、直前に紹介したこのFNNの調査結果と同じく、小池勢力との連携の可能性を表明している前原氏後押ししつつ、一方で枝野氏を不利な状況に向かわせるための「世論誘導」の目的で行なわれた可能性を疑う必要がありそうだ。

本来の民進党支持者は、どちらかというと中小企業・弱者優遇の社会福祉重視の政党を支持する傾向があったはずだけど、この調査結果は根底からそれを覆すものであり、民進党の支持者も今や安倍政権と同じように、大企業や巨大資本優遇、増税や表現規制、人権の軽視を支持する方向に向いていることを示している。
(あるいは、民進支持者が小池新党の実態を全く理解できていない、とも取れるか?)

どちらにしても前原氏は、この調査結果を元に「私の言っていることは支持者から多くの同意を得ている」と堂々と主張できるようになるし、消費増税反対や弱者目線の政党同士の野党共闘など、「国民密着型」の強い野党の再編を訴えている枝野氏にとっては、ますます難しい状況になりかねない世論調査結果だね。

こう考えると、やはり今回の世論調査も、かなり派手な誘導質問を用意しつつ、既得権や原子力ムラ、財界などと繋がる前原氏を支援するために行なわれた可能性がありそうですね。

こうした世論誘導に負けずに、枝野氏にはどうにか頑張ってほしいところだけど、果たしてどうなるか。
今後も、投票日が近づいてくるとともに様々なアプローチによる世論誘導や洗脳工作が行なわれる可能性があるので、気をつけて今後の動きを見ていこう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket