小林麻央さん、がんが骨や肺などに転移していたことを明かす。「暗闇に追いていかれるような感覚だった」


麻央さんが闘病状況と自身の心境をブログに綴る

出典:LAUGHY
スポンサーリンク

小林麻央 がんの進行状況明かす「肺や骨などに転移あり」
麻央は「告知日」のエントリーでブログを更新。「生検(生体検査)の結果を聞くまでの10日間は、ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う暗闇に追いていかれるような感覚だった」と当時を振り返った。

~省略~

そして「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった」と告知日時点での病気の進行状況を報告。補足として「(その後、現在肺や骨などに転移あり)」とその後の転移状況も明かした。

【livedoorNEWS(スポニチアネックス)2016.9.20.】

あおいちゃんかなり困りssaそ、そんな…。
小林麻央さんの病状がずっと気になっていたけど、その後、肺や骨などにがんが転移してしまっていたのね。

管理人どうやらそのようだね。
麻央さんは、先日開設した自身のブログを更新し、がんを告知された時の自分自身の心境を告白し、現在の病状を報告

その中で、検査結果を聞くまでの期間に体験した、自身の心的状況を冷静に分析した上で、当時は脇のリンパ節転移のみだったものの、その後、肺や骨などに転移していたことを告白

夫の海老蔵氏も良くない状況であることは話していたけど、やはり彼女のがんは、かなり悪性度が強いものであるようだ。

スポンサーリンク

毎年がん検診にも行っていたのに、なぜ?

みはるちゃんあせあせssaど、どうして、麻央さんがこんな目に遭わないといけないんでしょうかぁ…。
それに、毎年がん検診にも行っていたみたいなのに、どうしてこんなことになってしまったのでしょうかぁ?

管理人確かに、麻央さんは、海老蔵氏と一緒にがん検診を定期的に受けていたみたいだし、福島原発事故の際には、海老蔵氏が放射能の影響を気にして、当時妊娠していた麻央さんを連れて九州に避難をしている。

こういう情報を見る限り、この夫婦は普段から結構健康には気を遣っていた様子が見受けられる。
(結婚前の麻央さんはどうだったのかは不明。)

がん検診をおこなった医師がきちんと発見できなったのでは?という話も出てきているけど、こういう話を聞いても、がん検診は完璧ではないということ、検診で異常がない結果が出たからといって、完全に安心しきってはいけないことをこのケースは物語っているのかもしれないね。

なので、麻央さんがこのような状況になったのは、遺伝による可能性、ないしは日常的に何らかの発がん性物質を取り込んでしまっていた可能性が考えられるかもしれない。

なんにしても、彼女の言葉や体験談は非常に重いものがあるだろう。
ボクもこのような彼女の一つ一つの言葉を受け入れて、自分自身の健康や食生活などに、人一倍気を使っていくようにしようと思うよ。

あおいちゃんかなり困りssa本当にそうね。
本人にしか分からない色々なものがあると思うけど、私はここまで真摯にがんと向き合っている麻央さんを応援していこうと思うわ。

みはるちゃんかなり困りssa私も同じ気持ちですぅ。
私自身も、これからはあんまり身体に悪い食べ物を控えたり、健康にもっともっと気をつけていこうと思いますですぅ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA