小林麻央さん亡くなる、乳がん告知からおよそ2年8ヶ月 市川海老蔵「人生で一番泣いた日です」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月22日夜、歌舞伎俳優の市川海老蔵氏の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が都内の自宅で亡くなっていたことが分かった。

・2014年10月に乳がんの告知を受け、公に発表してからおよそ1年。海老蔵氏は「人生で一番泣いた日です」と綴り、自宅療養中の21日に麻央さんの容態が急変したことを明かした。

スポンサーリンク

小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。

海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」などとつづった。

麻央さんは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで海老蔵と出会い、10年3月に結婚。11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)を出産。幸せな生活を送っていると思われた中、16年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がん闘病中であることを発表していた。麻央さんは同9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづり、多くの人々の共感を呼んでいた。

【スポニチアネックス 2017.6.23.】

麻央さん、亡くなるまでブログ352回更新…20日の笑顔の写真が最後に

乳がんで闘病中だった歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなったことが23日、分かった。34歳だった。2016年9月から始めた闘病生活や私生活を赤裸々につづっているブログは、6月20日に「オレンジジュース」と題して更新したのが最後となった。病気を患いながら352回も更新しファンに声を届け続けた。

【スポーツ報知 2017.6.23.】

スポンサーリンク

出典:www.officiallyjd.com

ずっと厳しい闘病生活を送っていた小林麻央さんが亡くなったのね。
麻央さんの最後の言葉が、「愛しています」だなんて…。
あまりにも過酷過ぎる現実だし、海老蔵さんや子供たちのことを考えても、ちょっと言葉が出てこないわ…。

出来うる限りの医療の最先端を用いた懸命の治療を続けていたみたいだけど、麻央さんを襲ったがんは悪性度が高く、残念ながらついに限界に達してしまったみたいだ。

今や日本人の2人に1人ががんになるとも言われているけど、麻央さんの場合、日頃から乳がん検診もこまめに受けていたとの話もあるので、彼女の場合、非常に不運なケースだったように思える。

改めて、日頃からがんにならないために食生活や日用品などに気を使うなど、予防に努めることの大切さを感じるけど、それでも、場合によってはがんになってしまう場合もあるだろう。
彼女のケースを見ても、すべての人が、いつがんになったり、事故に遭うなどして、ある日に突然に死が目前に迫ってくるとも限らないことを感じるし、それだけに、今生きている現実をしっかりと噛み締めて、一日一日を精一杯生きていくことの大切さを彼女から教えてもらった気がする。

また、自分自身がいつ人生を絶たれてしまうのかも分からない中でも、多くの人々に向けて大切なメッセージを積極的に発し続けていた麻央さんはとても尊い信念を持っていた女性だと思う。

とにかく、ボクもとても多くのことを考えさせられたよ。

私も、麻央さんから多くのことを教えてもらったような気がするわ。
あまりに辛いニュースだけど、真央さんのご冥福を心からお祈りしたいと思うわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket