【×を記入】衆院選と同時開催の「最高裁判官国民審査」のメンバーに加計学園元監事の木澤克之氏!他にも安倍政権の「お友達疑惑」の判事が!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月22日の衆院選挙と同時に行なわれる「最高裁判所裁判官国民審査」において、審査を受けるメンバーに加計学園の監事だった木澤克之最高裁判事が入っていることが話題になっている。

・安倍政権は、従来の慣例を無視した上で、「職業裁判官枠」の後任に裁判官未経験者で加計学園関係者の木澤氏を任命。この他にも、政権の意向を司法に反映させるための恣意的な人事が行なわれた疑いが出ており、「安倍政権が露骨に司法にまで介入し、国家の徹底的な私物化を進めている」との批判が噴出している。

スポンサーリンク

「籠池氏は詐欺を働く人物」発言だけじゃない! 最高裁判事に加計学園元監事を異例の抜擢…安倍首相は司法も私物化!

だが、第二次安倍政権以降、司法の独立は脅かされつづけている。というのも、政権を忖度したような判決が次々に下されているからだ。

たとえば、今回の衆院選と同時におこなわれる最高裁判所の裁判官に対する国民審査では7名の裁判官が審査を受けるが、そのなかのひとりである小池裕氏は、NPO法人による森友学園問題で国側が持つ交渉記録等の証拠保全の申し立てについて、最高裁の裁判長として保全を認めなかった高裁判断を支持し、抗告を棄却した。また、菅野博之氏は、昨年、沖縄の辺野古新基地建設をめぐって翁長雄志知事が国を訴えた上告審で、全員一致で県側の上告を棄却した判事のひとりだ。

そして、なかでも忘れてはいけないのが、木澤克之氏だ。木澤氏は学校法人加計学園の元監事という経歴をもつ。本サイトでは今年3月に報じたが、岡山理科大学の獣医学部新設をめぐって問題になっている安倍首相と加計孝太郎理事長のオトモダチ関係が、木澤氏の最高裁判事任命にも何らかの影響を及ぼしたのではないかという疑惑が浮上したのだ。

~省略~

そもそも、法的には最高裁判事の任命権は内閣にあるが、もともと15名の最高裁判事の人事は長年の「慣例」として、前職が裁判官、検察官、学識者、弁護士などという「出身枠」が存在してきた。そのうち裁判官枠は最高裁判所が選び、弁護士枠は日本弁護士連合会が複数の候補者リストを推薦し、そこから内閣府が人選することになっている。

この「慣例」についてはもちろん批判もあるのだが、一方で時の政治権力による人事介入を防ぎ、司法の独立を担保するのに役立っているとも言われている。ところが、第二次安倍政権はその「出身枠」を強権的に無視することで、司法にプレッシャーを与えているのだ。

朝日新聞3月2日付によれば、第二次安倍政権の最高裁人事では、たとえば定年退官する職業裁判官1枠に対し、これまで行政の最高裁担当者が1人の候補を提示していたのを、2人の候補をもってくるように指示したという。任命する内閣に選択肢を設け、内閣による最高裁人事の恣意性を強めようとしたのは明らかだろう。

また、今年1月の人事発表では、任期終了で交代する判事2名のうち、ひとつは“弁護士枠”であったにもかかわらず、安倍内閣は日弁連推薦の候補者をはずし、その後任に刑法学者の山口厚氏をあてた。山口氏は一応弁護士資格を持ってはいるが、取得してわずか1年足らず。事実上の“学識者枠”の拡張であり、弁護士枠の削減だった。そんなところから、法曹界では「官邸による最高裁への人事介入ではないか」と恐れられ、安倍政権を忖度した判決が連発されるのではと危惧する声が上がったのだ。

木澤氏の任命は昨年のことであり、今年のごり押し人事の前の話だが、こうした安倍政権による司法への介入の実態を考えると、木澤判事が加計学園とつながる人物であることが、判事任命の決め手になった可能性は決して低くない。

【リテラ 2017.10.13.】

国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文(朝日新聞 2017.10.12.)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

着々と進む「アベ独裁帝国」樹立計画!加計学園役員出身の木澤克之氏だけでなく、安倍政権が任命した最高裁判官は怪しい「お友達」が複数存在!

出典:Wikipedia

出典:Twitter(@HON5437)

この前のコラムで、管理人さんから加計学園の監事が最高裁判官に任命されていることを教えてもらったけど、そのウワサの木澤克之さん、安倍総理の大親(悪)友の加計孝太郎理事長と同じ立教大学の同窓生で卒業年も同じなんて…どう考えてもタダの偶然とは思えないし、かんっぜんなオトモダチ同士じゃないのよ!

しかも、その他の情報を見ても、この木澤さん以外にもやっぱり「お友達疑惑」の最高裁判官が混ざっているみたいねっ!

ああ。まさしく安倍政権は、司法の独立性すら完全に破壊させつつある状況で、自らの政権に不利な判決をどうにか出さないように、司法の場にもあれこれテコ入れをし始めて来ているのは確かなようだ。

このままこの流れを放置してしまうと、いよいよ安倍政権が犯した不正や犯罪については全く裁かれないどころか、安倍政権に反対する国民側が訴えられた裁判については、逆にでっち上げや冤罪だろうと有罪判決が出されてしまうような、まさに北朝鮮さながらの「超・独裁国家」と化してしまう。
この件を見ても、すでにその兆候は出てきているようだ。)

全体を見ても、すでにこうした恐ろしい”計画”が着々と進んでいるようなので、少なくとも、ボクは下記の3名についてはしっかりと×をつけるつもりだよ。

木澤克之判事::加計学園監事(弁護士会の推薦を無視して安倍が任命)

小池裕判事::森友学園への国有地売却問題に関して電子データ保全要求申し立て却下を確定

菅野博之判事:辺野古新基地建設での国と県が争う裁判で県の上告を棄却

【Twitter(@mariyatomoko) 】

 

今回の選挙で自民党を大きく勝利させてしまうと、安倍政権による”完全無法地帯”(憲法無視・モリカケ疑獄隠蔽・三権分立崩壊etc.)による「アベ帝国樹立」を国民が認めてしまうことに…

こんな状況を見ても、日本がいよいよとんでもない方向に向かいつつあるのを改めて強く認識するわ。

こんな今まで名前すら聞いたこともなかったような一私立学園が、安倍政権になった途端に政治家・官僚・そして司法にまで深く食い込んできた実情というのも、まさに「異常事態」という他ないね。

そして、今回の衆院選で安倍政権を大きく勝利させてしまうと、こんな憲法無視・三権分立崩壊・虚偽隠蔽やり放題の無法三昧が日常「安倍&加計帝国」の樹立を国民が認めてしまったも同然になってしまう。
恐らく、実際に選挙で勝利をした暁には、「モリカケに関する私からの丁寧な説明に国民が納得した証だ!」などと安倍総理は胸を張り、「これが民意だ!」とばかりに、ますます自らのお友達をあらゆる権力界に送り込みいよいよ完全なる「アベ独裁帝国」樹立の”最終仕上げ”を行なっていくこととなるだろう。

結局、(安倍政権を操っているグローバリストによって)あの手この手で野党共闘を崩壊させ、自動的に自民党が議席を占有するような「工作」が施されたことで、多くの国民の意に反して「アベ勝利」のお膳立てが作られてしまったわけだけど…こうなってしまった以上、この工作を国民の手である程度ひっくり返していかない限り、いよいよ安倍政権(の上に立つグローバリスト)の狙い通りの日本崩壊(戦争勃発と国家の破綻)が実行に移されてしまう

とにかく、まずはこの現実を理解し、受け入れた上で、一人でも多くの国民が、ある程度勝つ見込みのある野党候補(選挙区にもよるけど、大まかには立憲民主を最優先に、次いで希望の民進系候補、そして比例では共産など)に投票しない限り、最悪の路線がいよいよ固まってしまうこととなるね。

そして、今回の国民審査でこれらの最高裁判官に×をつけるためにも、投票所にはとにかく絶対に足を運ばないとダメねっ!

事態はすでにかなり切羽詰まってきているので、何とかこの意識を国民の間で広めていって、すでに大手マスコミで伝えられているような「安倍政権の大勝利」だけは何としてでも食い止めなければいけないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket